ピクシブ百科事典

のび太のBIOHAZARD

のびたのばいおはざーど

aaa氏によるドラえもん及びバイオハザードの二次創作ゲーム、およびその派生作品の総称。
目次[非表示]

『のび太のBIOHAZARD』とは、RPGツクールを使用して制作された二次創作フリーゲーム、及びその派生作品を含むシリーズである。
正式名称は『ドラえもん のび太のBIOHAZARD』、略称は『のびハザ』。

注意事項

この作品は当然ながら各権利者の許諾を得ていない二次創作ゲームである。
非営利の二次創作であはるが、ドラえもんのキャラクターを使用したグロテスク表現などに加えて、アニメやゲームの音声・SEの抽出使用など、著作権的な問題のある作品であることは留意しよう。

また、過去に小学館からの著作権侵害の申し立てにより本作のプレイ動画が一斉削除されたことがある(詳細は後述)。そのため無闇にゲームのダウンロード方法を尋ねたり、他の人にプレイを促したり、小学館等の関係者や芸能人に本作についてを問い合わせるなどの行為は控えよう。

概要

RPGツクール2000を使用してaaa氏が制作したフリーゲーム。2005年12月に初公開された。
藤子・F・不二雄氏原作の『ドラえもん』と、カプコン制作のサバイバルホラー・ガンシューティングゲーム『BIOHAZARD』のクロスオーバー作品。
のび太を始めとした『ドラえもん』の登場人物などをプレイヤーキャラとして、『BIOHAZARD』のようなゾンビウィルスに侵された世界を冒険するゲームである。

映画ドラえもんのタイトルで使われる『ドラえもん のび太の~』に『BIOHAZARD』を掛け合わせたタイトルであるため、タイトルだけ見ればおふざけゲームかと思われてしまうかもしれないが、ゲーム内容は非常に作りこまれており、(キャラ設定に目を瞑れば)かなり真面目なストーリーが展開されるというギャップが存在する。

登場人物は『ドラえもん』から、敵は『BIOHAZARD』からそれぞれ拝借し、更にオリジナルのキャラクターや敵クリーチャーも追加されている。
どちらかと言えば『BIOHAZARD』のストーリーや世界観に沿っているので、ドラえもんの登場人物の性格や立ち位置は原作と比べるとほぼ別物。具体的に言うと、悪役にされた上に死亡するキャラが居たり、のび太がやたらとかっこいい
(なお本家続編である『のびハザ2』や『新訳』では原作ドラえもんのキャラクター像に寄せて作られている。)

有志によるクオリティーの高い派生作品も数多く制作され、それらも含めてニコニコ動画YouTubeでは実況プレイの対象として盛り上がりを見せた。
緑川聖奈を始めとしたオリジナルキャラクターも人気を博している。

改造版(=派生作品)について

本家作者とは別の有志による派生作品が数多く制作されており、それらは本家と区別して『改造版』と呼ばれている。それぞれシステムや操作、シナリオにかなり違いがあったり、独自のキャラクターが追加されているものもある。

(改造版の広がりについて、本家作者のaaa氏は当初やや否定的であったが、のちに公認および改造版制作者への謝意を述べている。)

ストーリー

2004年7月24日の夏休み初日、しずかちゃんジャイアンスネ夫といういつもの仲間たちと共に、ドラえもん無人島に連れて行ってもらったのび太。うるさい親から離れた生活を満喫した彼らは、三日間のバカンスを終えて家族の元に帰ってくる。しかし、そこで待ち受けていたのは愛する家族ではなく、ゾンビであふれた地獄のような世界だった‥‥。
のび太たちの生き残りをかけた戦いが、今始まる!

※上記はあくまでオリジナル版及びそれをベースにした一部改造版のものである。他の改造版では舞台、物語上の日時、作品中の時代設定なども全く異なることも多い。

オリジナルキャラクター

本家

緑川聖奈
翁蛾健治
山田太郎
金田正宗

本家2

大門満
ピエール・森繁
不知火郁
イリーナ・N・ヘラ
タオ・ウーロン
スー・シャオロン

改造版追加キャラクター

桜井咲夜
白峰
榛名
大鷹
狼浪
鳥柴
リシングスキー
リシーツァ
ヤノフ
セイカー
サーシャ
マリア
セルゲイ(※バイオハザードのセルゲイ・ウラジミールではない。)
富藤雪香(のびハザID)
ゲイリー・ウェスカー.....etc.

登場クリーチャー

アンデッド系統

アンデッド(ゾンビ)
クリムゾンヘッド
ゾンビ犬/ケルベロス

B.O.W.

ハンター
バイオゲラス
フローズヴィニルト
ブラックタイガー
キメラ
タイラント
ミスクリエーション

改造版追加モンスター

ハンターβ
ハンターγ
追跡者
ポスタル
T-103タイラント
アリゲーター
サスペンデッド
リサ・トレヴァー
ウーズ
アルマデューラ
ノビスタドール
ヴェルデューゴ
リヘナラドール

※追加キャラクター、モンスターは本家には登場せず、基本的に追加された作品とその続編のみの出演である。

本家および改造版タイトル一覧

以下で紹介している改造版は目立った特徴のある完成作品。
この他に制作途中のものや微改造版もある。

本家

  • ドラえもんのび太のBIOHAZARD(通称「本家のびハザ」。2005年に公開されたすべての原点。ゲームシステムは同じだが、ゲームの難易度が向上したMVリメイク版もある。)
  • ドラえもんのび太のBIOHAZARD2(通称「本家のびハザ2」。本家作者aaa氏による10年ぶりの正統続編にして完結編。映画ドラえもんのび太の南海大冒険の設定を取り入れている。)


改造版

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD EasyType(最初の改造版。名前に反して全然Easyじゃない。ただしチートアイテムを使えば話は別。)


  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD DeathMode(EasyTypeをベースにしているが内容は非常にカオスで、初見殺しも多い。)

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD 無駄に改造版(通称「無理のないバイオ」。キャラの性格や台詞を極力『ドラえもん』に寄せる事を意識しており、悪役も本家と異なる。Ⅱ以降の続編に関してはオリジナル色が強くなる。登場するオリジナルキャラ達にも定評がある。なお完結編の予定だったVは作者の事情により制作中止になった。)
Ⅳのサブタイトルでは『無理ありまくり』と表記あり、今作で完成となった作品では最後になる。
  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD 無駄に改造版Ⅱ
  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD 無駄に改造版Ⅲ-アウトブレイク-BIOHAZARD OUTBREAKをベースにしたifのシナリオ。)
  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD 無駄に改造版Ⅳ

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD β版(『β版』とあるが試験版ではなくちゃんと完成している。舞台がのび太達の住む町ではなく、無人島に変更されている。)
  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD EscapeIsland版(β版の作者による続編だが、しずかちゃん緑川聖奈など一部のキャラが登場せず、ストーリー的な繋がりが無い独立した作品。所々にβ版を思わせる演出が有る。アイテムについてはやたら焼き芋にこだわっている。)

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD AnotherEdition(初めてレベルアップシステム、キャラクターチェンジシステムが採用された。)

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD ハイレベル版(名前の通り高難易度。のびハザのアイワナ。自由度が高く、別に仲間を助けなくてもクリアできる。)

  • ドラえもん のび太のbiohazard VXリメイク版RPGツクールVXで本家をリメイクしたもの。キャラグラフィックを新ドラえもん風に作り変え、ボイスも新ドラえもんのものに変更された。アイテムアイコンも作りこまれている。リメイク版「biohazard」のようなゾンビのクリムゾンヘッド化復活のシステムを取り入れている。)

  • 新訳のび太のBIOHAZARD(旧称『Double Edge』。本家に大胆な補完を行い完結させた。キャラクター像においては一部を除いて本家ドラえもんの設定に少し近い。Easy版をベースにした改造版。初めて銃とナイフの同時使用を可能とした改造版でもある。ロックマンシリーズのキャラや設定を取り入れている。また、ガンダムで有名なあのお方が登場したり、デビルメイクライのコスチューム(装備)が登場したりとネタが散りばめられている。)作者はミサ菓子折氏。

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD ソード低難易度版(開始時の時間軸が他と異なる。『低難易度版』とあるが以下の『高難易度版』より難しく、ストーリーも別物。)
  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD ソード高難易度版

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD G版(通称のびハザG」。シナリオ・マップともにオリジナル。NPCシステムやキャラクターチェンジシステム等、システム面でも本家から大幅に改修されている。オリジナルの追加キャラである桜井咲夜が人気を博した。その他、ジャイアンが活躍する病院を舞台にしたおまけシナリオもある。)
  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD GⅡ(のびハザGの続編にして完結編。アンブレラの影の大幹部「背徳卿」との戦いを描く。また、GおよびGⅡの意外な真実も明らかに!)

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD Arrange mode(大筋は本家と同じだが、オリジナルの緑川聖奈編が追加されている。のび太編では全員生還ENDが可能となっており、それを達成することでシナリオが完結する。)

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD 最終闘版(のびハザでファイナルファイトという異端の改造作品。プレイヤーキャラクターの多さと武器の多彩さは驚異的。)

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD InsanityDestiny版(通称「ID版」。RPGツクールVXAceでの改造版。 新たな戦闘システムが作られており、移動撃ちが可能でリロードの概念は存在せず戦闘がスピーディーになる。操作キャラは11名でBIOHAZARDシリーズのキャラも何名か登場しており、レオン・S・ケネディも登場するが、もう一人の主人公の扱いである。「泣けるぜ」。また「Gシリーズ」「VXリメイク版」「最終闘版」を参考にしており、GⅡの2種類のボスとも戦える。正直に言うとカオスなボスもいる。別の意味で「泣けるぜ」。勝つには腕や賢さを磨く必要がある。後に別の作者によってRPGツクールMVで制作されたリメイク版が登場した。)

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD いんぽっしぶる版RPGツクールVXAceでの改造版。ストーリーの無いミニゲーム作品で、 バイオハザード2のエクストリームバトルと、3のマーセナリーズをのびハザで再現。戦闘システムが大幅に変更され、足音も導入されるなど、より原作バイオに近くなった。アイテムと敵の配置がランダムで、いきなりタイラントに遭遇したりもするので運に左右される要素がある。マーセナリーズでは生存者がどこかに居て、周囲の敵を殲滅してから話しかけるとお礼に武器やアイテムをその場に落とす。なお、最高難易度のナイトメアはimpossible(不可能)の名前に恥じない凶悪さを誇るので甘く見ないように。)

  • ドラえもん のび太のBIOHAZARD OUTBREAKBIOHAZARD OUTBREAKをモデルにしたオリジナルストーリー。ドラえもんを除いた原作でのレギュラー5名からプレイするキャラを選択し、のび太の町をはじめとする各ステージを攻略する。キャラごとの能力差や固有アクション、時間と共にT-ウイルスが進行するといったOUTBREAKのシステムも搭載。キャラの性格は原作の『ドラえもん』に沿っており、シナリオもBIOHAZARDと大長編ドラえもんのそれぞれの雰囲気が程良くブレンドされている。本家及び過去に公開された他の改造版のオリジナルキャラも一部がカメオ出演している。ちなみに無理のないバイオⅢのシステムとは若干異なる。)

(タイトルは『のび太のDeadSpace』。本作品はカプコンの『BIOHAZARD』とエレクトロニック・アーツの『デッドスペース』との異色のクロスオーバーをした作品。本家(以下DS)にあるマーカー(デッドスペース)といった敵も登場している。ゲームシステムもデッドスペースそのものである。また、初見殺しもあったり、他の改造版に比べて色々とエグい場面が結構ある。主人公の精神状態などといった設定も本家DSに合わせている。作者はNobina氏。

  • ドダイ版
(言うまでもなく上記の様な改造版を作れるようになる言われる改造版作成志望者であるツクラー向けのRPGツクール2000作品。作者は新訳と同じ。名作と呼ばれるG版のゲームシステムみたいな作品を作りたいと思ったユーザーを対象にした改造しやすくしたいわゆる開発者向けの改造作品の土台となる作品で、ゲームプレーが前提の作品なんかではないので勘違いはしないように。)

関連する外部リンク

現在で確認されているものでは海外にも複数の改造版制作者がいる模様。本家の英語訳版・中国語訳版・ベトナム語訳版も幾つか制作されている。それらの作品については以下リンクを参照。
ドラえもん のび太のBIOHAZARD@まとめサイト跡地
新 のび太のバイオハザードまとめWiki
Nobihaza All Links

BGM

本作は様々な作品からBGMを引用している。
ほとんどはMIDI(楽譜データ)形式の音源だが、原曲音源もいくつか含まれる。主に版権作品のサントラをカバーしたBGMやフリーBGM配布のある素材サイトのものが使われる。
以下は出典の分かるもの。
※「ファイル名」欄は、のびハザのゲームデータ内のファイル名。

本家

曲名出典ファイル名主な使用箇所
夢をかなえてドラえもんドラえもんどらえもんオープニング
Hurry!テイルズオブエターニア緊急事態急襲シーン全般
バトル2ファイナルファンタジーⅨff9のび太の家周辺
The Front Hallバイオハザード2Tha Flont Holl学校の一階
Secure Placeバイオハザード2Secure Place保健室・セーブ部屋
Sadnessテイルズオブデスティニー2悲しみの音楽太郎死亡シーン
The Libraryバイオハザード2library図書室
闇路TAM Music Factory(フリーBGM)闇の通路職員室など
track1コープスパーティーZERO地下牢⇔学校の二階
ハンターチャンスファイナルファンタジーⅨハンターチャンスバイオゲラス
プロローグ-七英雄の伝説-ロマンシングサ・ガ2危険負傷した安雄の血清イベント(学校・図工準備室)
On The Hill The NightテイルズオブシンフォニアOn The Hill The Night安雄特攻シーン
(フリーBGM)気配旅館1F
Vacant Flatバイオハザードguardhouse旅館2F
古の戦争記デジファミ音楽堂(フリーBGM)Tドラえもん旅館&研究所 ドラえもんとの会話シーン
Vacant Flatバイオハザードlot地下洞窟
The Shinra CorporationファイナルファンタジーVIIDカンパニー地下洞窟 出来杉との会話シーン
The Second Malformation of "G"バイオハザード2The Secand Malformation Of Gタイラント戦
Escape from Laboratoryバイオハザード2RE2_Escape研究所(脱出イベント)
”T”- Bバイオハザード2T-Bタイラント2戦目
Staffs & Creditsバイオハザード3Bio3_gsクレジット

その他改造版
「新訳のび太のBIOHAZARD」→ロックマン(主にロックマンX)シリーズのBGM
「のびハザID版」→バイオハザード4や、The 3rd Birthday(パラサイト・イヴシリーズ)のBGM

プレイ動画の一斉削除について

2018年9月末頃、動画サイトに投稿されていたのびハザシリーズの実況プレイ動画の一部が、小学館からの著作権侵害の申し立てにより多数削除された。これを契機として、残存していたプレイ動画も各投稿者が自主的に削除、まとめサイトでのゲーム配布も終了する流れとなった。日本人以外にも外国人作者による作品はあるが、プレイ動画をシェアする点についても当然ながら削除されないと言う保証は無しである。その件以降の現在ではドラえもんキャラクターが存在しない改造版、完全新作の作品が作られている模様。こちらは単なるバイオハザードの二次創作品になる。

のびハザまとめサイトの管理運営によれば、小学館カプコンからまとめサイトへのアクセス記録は10年以上前からあったので昔から認知はしていたはずだが、個別に対応するためのコストなどを鑑みて黙認(放置)していたのであろうとのこと。しかし2018年になって削除対応に乗り出した要因として考えられるのは、

  • YouTubeで「エルサゲート」系動画が大きな問題となっていた
  • のびハザのプレイ動画を収益化に利用する投稿者が出てきた
  • niconico内のサービスである「RPGアツマール」に改造版の一つを投稿した人物がいた(※その後すぐに取り下げはした)
といった問題で、アングラコンテンツの範疇を超えて拡がり過ぎたことで小学館がこれ以上看過できないと判断したのではないかと推測される。

※現在では一部キャラクターの顔や名前をモザイクで隠すなどして加工したプレイ動画を再び上げる投稿者も見受けられるが、部分的に隠せば必ずしもOKといった保証は無い。
niconicoやYouTubeでは著作権侵害による動画削除が複数回あると収益化停止やアカウント停止(←本件について詳しくはこちらの記事へ)処分となるおそれもあるので注意。

pixivユーザーによる漫画作品

プロローグを漫画にしてみた。
お気に入りのシーンを漫画にしてみた 4発目


モクデン氏の作品(ベースは「G2」)


R-18指定
diodio&ベズメゴン氏の作品(ベースは「無駄に改造版Ⅰ」)


R-18指定
diodio&ベズメゴン氏の作品の続編(ベースは「無駄に改造版Ⅱ」)

関連タグ

のびハザ
syamu_game:のびハザの実況プレイで注目を浴びた元YouTuber
最期の夢に終止符を : 三次創作の小説
のび太戦記ACE : のびハザ作者のaaa氏による別の二次創作パロディ作品

その他

バカハザ : 少年バカボン×バイオハザードの公式コラボ作品(配信元はゲームドゥKADOKAWA)

関連記事

親記事

二次創作ゲーム にじそうさくげーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「のび太のBIOHAZARD」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「のび太のBIOHAZARD」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2408437

コメント