ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

製薬会社アンブレラが開発したB.O.W.(生物兵器)の一種。

戦闘訓練を施した軍用のドーベルマンに、「T-ウイルス」を投与して遺伝子を変質させたもの。

謂わば「ゾンビ化した犬」である。

開発ナンバーはMA-39で、ギリシャ神話の地獄の番犬の名がコードネームの由来である。


能力

ウイルスに感染した人間のゾンビと同じく肉体は腐敗しているが、運動能力は健常時と変わっておらず、ゾンビ化による生命力の著しい向上が加わって戦闘力は生前を大きく凌いでいる。

さらに、他の個体と群れを成し、連携して獲物に食らいつく。

犬への投与実験によって判明したこれらの特徴に価値を見出したアンブレラにより、B.O.W.としてケルベロスの開発に至った経緯がある。


しかし、その他の問題点は人間のゾンビと同様。

知性は低下しており、T-ウイルスによる代謝の促進にともなって食欲が増大している。

そのため、非常に狂暴で制御が難しく、銃声や威嚇も全く恐れず、相手か自分が死ぬまで獲物を襲い続ける。


種類

ゾンビ犬

兵器運用のためにウイルスを直接投与したものとは異なり、漏出したT-ウイルスに二次感染したもの。発生経緯こそケルベロスとは異なるが性質に差はない。

詳細はリンク先を参照。


A-ウイルス追加投与型

バイオハザードヴェンデッタに登場した強化型ケルベロス。

グレン・アリアス一味によって開発され、レオンやクリスの追撃に2頭投入された。

兵器としての性能は通常のケルベロスとは比較にならぬほど高く、全速力のバイクを追跡できる速力と、自動車を破壊するほどのパワーを持ち、人間の首など容易く噛み千切ってしまう。

さらに無差別な攻撃はせず標的のみを追い続け、障害の排除も手早く的確に行うなど制御も完璧。

しかし製造には手間が掛かるのか、これ以降の登場はなかった。


余談

リメイク版の開発スタッフによると、「このゲームにおいては“主従の従”であり、アクセントとしての意味が強い」とのこと。

これはホラー映画等の“恐怖”のひとつである「日常の人物や物が全く別の得体の知れないモノに変わってしまう」ことで、“ただ、そこを歩くだけで恐怖と化す”……その象徴であるゾンビ(人間)に最も身近な生物のひとつである犬が選ばれたことを指している。


関連タグ

バイオハザード ゾンビ(バイオハザード) B.O.W. ゾンビ犬


コルミロス:ケルベロスと同じくバイオハザードシリーズで出て来る犬。こちらはウイルスを投与された訳ではなく、プラーガに寄生されている。

ただし、ハリウッド実写映画版ではケルベロスに寄生している。


ボチ:死に関する犬繋がり。


アニマルゾンビ:死んだ犬繋がり。ただしこちらは魔王の力で復活してる。


ウナギイヌ:いわゆるゾンビウナギイヌのモデルに採用された少年バカボンの派生作品「バカハザ」に登場する。

関連記事

親記事

B.O.W. ばいおおーがにっくうぇぽん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 454129

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました