ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

少年漫画『ONE PIECE』の登場人物に関してはドーベルマン(ONEPIECE)へ。

タワーディフェンスゲーム『アークナイツ」』のキャラクターに関してはドーベルマン(アークナイツ)へ。


概要

 19世紀末、ドイツのテューリンゲン州に住んでいたカール・フリードリヒ・ルイス・ドーベルマン氏により、初期タイプのロットワイラーとテューリンゲン産の短毛牧羊犬の交配種を基に、ジャーマン・ピンシャーマンチェスター・テリアワイマラナーなどを加え、護衛犬および家庭犬として作出された比較的新しい犬種。

 体毛は極短くつやつやしている。毛色は黒または茶色で赤褐色の斑がある。

体高:63〜72cm

体重:32〜45kg


 体は全体的に筋肉質で尖った耳と短い尾が相俟って、見る者に攻撃的でシャープな印象を与えている。ただしそれは子犬時に耳や尻尾を切断、切除するといった処置により得られるもの。本来は大きく垂れた耳と長い尻尾を持つなど、手術をされていない個体は大きくイメージが変わる。近年では動物愛護の観点から手術を認めない国も増えている。

 飼い主への忠誠心や知能が高くかつ勇敢で、しなやかな体躯から生み出される運動能力も並外れており、軍用犬や警察犬として養成されることも多く、「丸腰でドーベルマンに対峙すれば人間は勝てない」と言われる(そもそも丸腰の人間は大概の犬に勝てないのだが)。

 外見や下記の創作上のイメージから狂暴なイメージを持たれることがあるが、実際は非常に優しく、穏やかで甘え上手な犬種である。ただし飼い主や家族への愛情や忠誠心が強く、未知の侵入者には防衛本能から攻撃的になることもあるので注意が必要。


 このおかげでドーベルマン=警察犬や細身ながら高い戦闘力を持った犬として創作作品で登場することが多く、『特捜戦隊デカレンジャー』では各ロゴにドーベルマンが描かれている。


関連タグ

動物 ペット

ドーベルマン刑事 ドーベルマン(ONEPIECE)

ドーベルモン ジーク・ドーベル ケルベロス(バイオハザード)

デルビル/ヘルガー:サブモチーフは有袋類のタスマニアデビルタスマニアタイガー


ミニチュアピンシャー…見た目がドーベルマンに似ている犬。

関連記事

親記事

いぬ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2898534

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました