ピクシブ百科事典

むぎわらしんたろう

むぎわらしんたろう

「藤子・F・不二雄最後の弟子」と称される日本の漫画家。
目次[非表示]

概要

 1968年、東京都生まれ。本名、萩原伸一
 幼少期から藤子不二雄に憧れ、専門学校在学中の1987年に発表した『秋風の贈り物』が「第14回小学館新人コミック大賞児童部門 藤子不二雄賞」の佳作に入賞(同期入賞者は同じく佳作のひかわ博一と入選の谷沢直)する。
その後『コロコロコミック』の当時の編集長に従い、FとAの分業に伴い新設された藤子プロに入社して、藤子・F・不二雄アシスタントを務めた。
 外見がのび太に似ており、Fがベトナムで「ドラえもん基金」設立に際し調印に向かった際には、ドラえもんファンの子供たちから「ノビタ!」「ノビタ!」サインを迫られた事がある。
 自画像もどことなくのび太を思わせる外見である。

 1993年にFのチーフアシスタントに着任し、『のび太のねじ巻き都市冒険記』執筆中のFの急逝の後、残り部分の代筆を任された。以降、『のび太の太陽王伝説』まで大長編ドラえもんの代筆を行っていた。現在、岡田康則に代わり『のび太と奇跡の島』以降のコミカライズを手掛けている。
 現在マジでF先生に生き写しな絵が描ける数少ない漫画家であり、乙武洋匡氏の詩集「とってもだいすきドラえもん」の挿絵や朝日新聞の「教えて!ドラえもん」などを手掛けるなど、F先生の意志を継いだ活動を行っている。
 趣味野球ゴルフ釣りなど。

代表作

代筆


ドラえもん関連作品


その他


関連項目

漫画家 藤子不二雄 コロコロコミック

pixivに投稿された作品 pixivで「むぎわらしんたろう」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1134

コメント