ピクシブ百科事典

目次[非表示]
  1. い色をしたの事。
  2. アニメ『宇宙戦艦ヤマト』に登場する艦載機。下記参照。
  3. 黒い虎の覆面を被ったプロレスラー。漫画『タイガーマスク』に登場するほか、実在レスラーも居る。
  4. 黒い海老の一種。下記参照。
  5. アニメ『TIGER&BUNNY』の、主役ヒーローワイルドタイガーの偽者の、ファンの間での通称ダークネスタイガーの表記揺れ
  6. アニメ『ニセコイ』に登場する鶫誠士郎の通称。
  7. 魔術士オーフェンに登場するキャラクターのひとり。その正体は…
  8. ゲーム『ぷよぷよ!!クエスト』の登場キャラクター。→ブラックタイガー(ぷよクエ)
  9. ゲーム作品「バイオハザード」に登場するクリーチャー。下記参照。


2の概要

ブラックタイガー
ブラックタイガー


ヤマトの初代艦載機で、黒と黄色のカラーリングが特徴的な宇宙戦闘攻撃機。従来の地球製戦闘機ではガミラスの偵察機を追跡する事すら出来なかったが、本機はガミラス軍にも十分対抗出来るほどの性能を持つ。武装はパルスレーザー砲6門。

本来は松本零士デザインの戦闘機「コスモゼロ」がヤマトの主力機として設定されていたが、作画負担が大きすぎたのでデザインの簡易なブラックタイガーが用意された。結果的にコスモゼロは古代進専用機、ブラックタイガーは量産機という扱いになった。また、機体下部にシャークマウスが描かれる予定もあったが、こちらも省略された。

帰還



後継機はコスモタイガーリメイク版ではブラックタイガーに相当する機体がコスモファルコンに変更されたが、これは現代では「ブラックタイガーといえば海老」というイメージが強くなったからとの事。

関連項目

宇宙戦艦ヤマト 戦闘機

4の概要

タイガー。
たいが~、たいが~、おめでたいが~


太平洋西部の熱帯・亜熱帯に分布するウシエビの別名。別名通り体色が黒いのが特徴。
浅い海の砂泥底に棲み、類や類、ゴカイなどを食べている。

食用種として有名で、日本の食卓でも流通量・値段共に最も手ごろな海老と言える。
東南アジアで日本向けに大量に養殖されているが、養殖場を作る際のマングローブ林の大量伐採や排水が環境問題を引き起こしている。近年では放棄された養殖池を使って植林し、苗の小さいうちに養殖を同時並行する手法もあるがあまり普及していない。

日本は分布域の北限にあたるが、浜名湖などでは国産ブラックタイガーが漁獲されている。

関連項目

甲殻類 海老

8の概要

一般的ブラックタイガー


(画像中央下)

知能の低さ故に廃棄された土蜘蛛B.O.W.「ウェブスピナー」の一匹が施設から脱走した後に突然変異で巨大化し、更にの影響で体色がどす黒く(関節は赤く)変異した個体。

ウェブスピナーよりも高い体力を持つほか、毒液を吐く量が増して射程や攻撃範囲が増したうえ、見た目に似合わぬ素早い動きで突進攻撃を仕掛けてくる。ウェブスピナーと同様、死亡時に腹から子蜘蛛「ベビースパイダー」が湧き出してくるので撃破後も気は抜けない。
弱点はグレネードランチャージル編のみ入手可能)の火炎弾、あるいは火炎放射器クリス編のみ入手可能)。ただし、後者は射程が短く使いづらいので、威力の高いコルトパイソンでゴリ押した方が楽に戦える。

作中では中庭地下の中ボスとして登場。ブラックタイガーの巣と化した地下倉庫でクリスやジルと対決する。しかし、実はブラックタイガーを倒す必要はなく、倉庫奥の糸で縛られた扉を解放すれば先へ進んでスルー可能。糸は火炎放射器やナイフで攻撃すれば除去できるほか、ブラックタイガー自身の毒液を当てて溶かす事も出来る。また、倉庫内には詰み防止の為か予備のナイフまで設置されている。

リメイク版では天井から手下のウェブスピナーが乱入してくるため若干手ごわくなった。

関連項目

バイオハザード B.O.W.
ヨーン プラント42 タイラント(バイオハザード)

関連記事

親記事

とら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブラックタイガー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ブラックタイガー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6441015

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました