ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

アニメ『TIGER&BUNNY』の主役ヒーロー。アポロンメディア所属。スポンサーはsoftbankS.H.Figuarts。(劇場版第一弾T&B_TheBeginningではファミリーマート、第二弾T&B_TheRisingではLOTTEがそれぞれ追加されている。)


プロフィール

得意技はパンチ。決め台詞は「ワイルドに咆えるぜ!!」

NEXT能力を武器に猪突猛進、豪快に戦う傍ら、犯罪者確保や人命救助の為なら器物破損もお構い無し。

そんな性格から『正義の壊し屋』という2つ名を与えられている。

しかし寄る年波には勝てずヒーローランキングでは下位常連。

関連グッズが露骨に売れ残るなど、ヒーローとしての人気は低迷している。


所属していた企業がヒーロー事業から撤退し、アポロンメディアバーナビー・ブルックスJr.を引き立てる為のサポート役として雇われ、コンビを組まされた。

その際、スーツも従来の全身タイツ状のもの(メカニックの斎藤さん曰く「クソスーツ」)から、ハイテクパワードスーツ状のものに無理矢理変更させられた。スーツのカラーは緑。

スーツの変更を命じられた当初は旧スーツへの思い入れから色々と文句を付けていたが、今では結構気に入っているようだ。


たった5分間のNEXT能力を抜きにしても、高い身体能力とパワードスーツによって、ある程度の人並みはずれた行動も可能。

ワイヤーなどの特殊装備も活用し、その勇壮な容姿とは裏腹に身軽である。


カメラに映っていないところで色々活躍していたにもかかわらず、4話時点で今期のヒーローポイントが0ポイントである事が発覚。

ロクに活躍していない折紙サイクロン以下である。

とはいえ、強敵ジェイク・マルチネスを打倒し、互いに反発していたバーナビーとも強い信頼関係を築いた中盤以降は頼れる相棒となった彼と共に相応の活躍をしており、同時にヒーローポイントも相応に獲得を重ねたようで、14話時点では年間ランキングで8人中4位となかなかの健闘を見せており(ちなみに、相棒のバーナビーは堂々の1位)、事件解決以外の仕事も増えるなど、人気もある程度回復している。


正体は鏑木・T・虎徹。一児の父。→鏑木楓

スーツを着用せずヒーローとして露出する時はたいてい私服にアイマスクをしているが、一般市民にはお約束通り正体がバレない。


NEXT能力は5分間だけすべての身体能力が100倍になる「ハンドレッドパワー

発動中は鋼鉄も砕くパワー、ビル屋上に一跳びするジャンプ力、銃弾をひらりと躱し暴走する車にも追いつくスピードを得るが、能力が解除されると約1時間能力が使えなくなる。

幼少時代は能力を制御できず周囲を傷つけてしまっていたが、Mr.レジェンドとの出会いをきっかけにその能力を人を助ける為に使うようになった。


クソじゃない方のスーツについて

ワイルドタイガー

バーナビー・ブルックス・Jrと同様、ハンドレッドパワーを生かしたヒーロースーツがデザインされている。

旧来のクソスーツにも搭載されていたアンカーガンが両手首に装填され、高所から落下しそうなものを縛り上げたり、スパイダーマン式に移動したりするのにも使用できる。

防御性能は高く、鋼鉄を溶かすファイヤーエンブレム火炎放射にも耐えうるほどの耐熱性や、ガトリング砲にも耐えうる防弾性能を有し、更に風船並の柔軟性を持っている。

最終回では背中に「1minute」と刻印されたデザインになっている。


関連イラスト

WILD TIGERワイルドタイガー


関連タグ

TIGER&BUNNY 鏑木・T・虎徹 バーナビー・ブルックスJr. Mr.レジェンド

アポロンメディア タイガー&バーナビー ダブルチェイサー

クソスーツ 正義の壊し屋 ダークネスタイガー

関連記事

親記事

鏑木・T・虎徹 かぶらぎてぃーこてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3984529

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました