ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2015年4月にサンライズの一部のスタジオと一部作品のIPを分離する形で誕生。
アイカツ!シリーズ』や『バトルスピリッツシリーズ』、『トライブクルクル』など近年のファミリー層・子供向けの作品を中心にサンライズより移行したが…何故か『銀魂』や『TIGER&BUNNY』などハイターゲット向けとされる作品も移行されている。分割後の新作についても「ファミリー層・子供向け」とは言い難い作品(『ドリフェス!』『セスタス』等)をいくつか制作している。

この移管に合わせてサンライズのスタジオも若干数減っている。

サンライズ制作から移管した作品はサンライズの項目を参照。

バンダイナムコピクチャーズに移行してからの制作作品

バトルスピリッツ烈火魂(2015年)※制作発表時点ではサンライズ名義
ブレイブビーツ(2015年)
アイカツスターズ!(2016年)
クラシカロイド(2016年-2017年)※アニメーション制作はサンライズが担当。
ドリフェス!(2016年-2017年)
バトルスピリッツダブルドライブ(2016年)
ヘボット!(2016年)
アイカツフレンズ!(2018年)
ファイトリーグ ギア・ガジェット・ジェネレーターズ(2018年)
B-PROJECT第2期(2019年)(第1期はA-1Pictures)
魔入りました!入間くん(2019年)
バトルスピリッツサーガブレイヴ(2019年)
もっと!まじめにふまじめかいけつゾロリ(2020年)(※共同制作:亜細亜堂)
最響カミズモード!(2020年)
アイカツプラネット!(2021年)※実写パートの制作は東北新社
セスタス -The Roman Fighter-(2021年)

余談

  • 銀魂』では同時期開始の新シリーズの第1話にて今回のスタジオ変更に関して、早速ネタにしている。ある意味で公式が病気は健在と判断出来る瞬間でもあった。その後も何回かに渡ってネタにしており、銀魂としての平常運転を見て安心した人も少なくない…と思われる。
  • バトルスピリッツ』では『烈火魂』からサンライズ制作ではなくなっているのだが、オープニングでのクレジットには矢立肇が入っているのが確認されている。
  • 公式の関連グッズ等に付けられている印紙に関しては、サンライズからの移行組及びバンダイナムコピクチャーズになってからの作品も共通してサンライズの作品共通の物が使われている。


pixivでは

アニメ版でネタにされている銀魂よりも、アイカツ!ブレイブビーツや2016年9月から放送が始まったヘボット!がメインとなっている。

関連タグ

アニメ制作会社 株式会社サンライズ バンダイナムコ

CloverWorks:ジャンルの特徴分けという観点から別制作会社になったつながり。元々の会社はA-1Pictures

SUNRISE_BEYOND

関連記事

親記事

株式会社サンライズ かぶしきがいしゃさんらいず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バンダイナムコピクチャーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 364353

コメント