ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

集英社の『ミラクルジャンプ』2014年5月号で連載を開始。2016年1月号をもって同誌を離れた後は、同じく集英社の『ウルトラジャンプ』に移り2016年2月号から掲載。レーベルは『ヤングジャンプ』コミックスとなっている。


あらすじ

歳を経た器物は、やがて神錆びて“心”を宿し、付喪神となる。

付喪神に大切なヒトを奪われ、憎む青年・岐兵馬。

六人の付喪神と共棲し、“家族”として愛する少女・長月ぼたん。

千年の都・京都で二人は出逢い、暮らすことになる、三者交わる共同生活、前途多難な屋根の下。

人と物。絆と恋の付喪ノ語り。

(公式作品紹介ページより)


主要人物

下記の主要人物は以外は「もののがたりの登場人物一覧」を参照。


無題

岐兵馬(くなと ひょうま)

CV:大塚剛央

唐傘の付喪神に兄・隼人(CV:高橋英則)と姉・鼓吹(CV:潘めぐみ)を殺されてから付喪神全般を憎悪するようになったが、付喪神との対話を重んじる祖父・造兵(CV:家中宏)の考えから、一年の間、長月家との共同生活をする事に。


牡丹

長月ぼたん(ながつき ぼたん)

CV:高田憂希

長月家の当代当主。婚礼調度と呼ばれる六人の付喪神と暮らしている。人間でありながら身の内に付喪神の魂たるマレビト(稀人)を宿している稀有な存在で、一部の人間や付喪神たちに狙われている。


もののがたり

婚礼調度(こんれいちょうど)

長月家に仕える付喪神たち。ぼたんとは単なる主従の関係ではなく家族愛のような感情を互いに向け合っている。


符術百段

門守大樹(かどもり たいじゅ)

CV:金光宣明

門守家当主。塞眼京都支部代表。松太(しょうた)〈CV:田渕将平〉、梅吉(うめきち)〈CV:高橋伸也〉、椿の三人の子がいる。


椿

門守椿(かどもり つばき)

CV:大西沙織

門守大樹の娘。兵馬と同じく唐傘の付喪神を追っている。


大具足 挂

  • (かい)

CV:楠大典

大具足の付喪神。一揃いの武具がまとめて一つの付喪神となった存在で、付喪神の中でも群を抜いて戦闘力が高い。普段は(いつき)〈CV:田所あずさ〉という玉垣の付喪神の作る神域の中に封印されている。


用語

  • 常世(とこよ)

人の住む現世(うつしよ)とは別次元に存在する霊的な世界のことであり、俗に言うあの世である。常世には現世のものは存在することができず、入ろうとしただけで消滅してしまう。


  • マレビト

霊的世界である常世に存在する霊魂の総称で、漢字では「稀人」と書く。時に現世へと迷い込んでくることがある。


  • 付喪神(つくもがみ)

意思と命を持つようになった器物。本作では「マレビトが現世の古い器物に憑き、受肉し人に近い姿となった状態」という設定。いずれも自分の憑いた器物にちなむ能力を持つ。


  • 塞眼(さえのめ)

現世に迷い込み付喪神となったマレビトを常世に送りかえすことを役目とする人間の呪術師たち。ただし必ずしも全てを送りかえすわけではなく、かえすにしても相手の同意の上で穏やかにという場合もあれば、暴力で無理矢理の場合もある。


  • 御三家(ごさんけ)

その昔、現世と常世の境界を守護する塞神(さえのかみ)から、最初に付喪神を封印する力を授かった塞眼たちの直系の子孫。それぞれ『岐家』『辻家』『八衢家』の三つの家系があり、彼らが塞眼たちを取り仕切っている。


  • 引手(ひきて)

御三家で代々引き継がれている塞眼の神器で、名称通りに付いている引手の形をしている。これを襖を開ける様に振るうことで現世と常世を繋いだ空間を作ることができ、この空間に触れたものは消滅する(ようするにこういうことができる)。付喪神の体や結界も斬り裂くことができ、御三家の塞眼はこれを戦輪(チャクラム)の様に使用した近接戦を行う。


  • 特例付喪神(とくれいつくもがみ)

塞眼による厳重な審査を受け、それに合格し管理下に置かれた上で、現世で生きることを許された付喪神たち。


  • 京都三大付喪神(きょうとさんだいつくもがみ)

京都を拠点とし、塞眼と契約を交わして協力関係を築いている、一式を器としている強大な力を持つ特例付喪神。『婚礼調度』『大具足』『雅楽寮』の三つの付喪神集がおり、それぞれ御三家の管轄下に置かれている。


公式解説動画



関連イラスト

岐 兵馬センシティブな作品


アニメ

2021年にテレビアニメ化が発表された。2023年1月9日よりTOKYO MXBS11AT-Xにて放送。

2023年7月3日から第二章(第2クール)が放送され、放送局にとちぎテレビが追加される。


ファンからの評価はあまり良いとは言えず、原作と比べるとコミカルな場面や描写が著しくカットされ、伝奇ものらしい不気味さやおどろおどろしさもかなり控えめにされている。

更に原作の最大の見所の一つである、躍動感に溢れたアクションシーンの再現がいま一つできていなかったなど、原作ファンからは不満点が多く物足りなさを感じるという声が多かった。

また、原作は等身大とデフォルメ、真顔とギャグ顔の切り替えがかなり盛んな作風であるが、これもアニメでは著しく削られている。


もし第3期が製作されるなら、是非ともこうした原作ファンの不満点が改善されることを期待したい。


主題歌

第1期

OP:ARCANA PROJECT『恋衣』

作詞:安藤紗々

作曲・編曲:神田ジョン


ED:TRUE『rebind』

作詞:唐沢美帆

作曲:XELIK

編曲:h-wonder


第2期

OP:メガテラ・ゼロ『誰が為』

作詞:メガテラ・ゼロ

作曲・編曲:神田ジョン


ED:田所あずさ『プライベートルーム』

作詞:大木貢祐

作曲・編曲:神田ジョン


制作スタッフ

監督木村隆一
助監督大川貴大
メインキャラクターデザイン藤澤志織
サブキャラクターデザイン志賀祐香
色彩設計木村聡子
撮影監督大神洋一
編集新居和弘
音響監督菊田浩巳
音楽神田ジョン、XELIK
制作バンダイナムコピクチャーズ
企画プロデュース小学館集英社プロダクション

関連動画

最新14巻発売記念PV(ARCANA PROJECTとのコラボ。下記の通りアニメ本編でもOPを担当)


第1期メインPV

アニメ本編のOPもARCANA PROJECTが担当。


第2期メインPV


外部リンク

関連記事

親記事

オニグンソウ おにぐんそう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100956

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました