ピクシブ百科事典

拳闘暗黒伝セスタス

けんとうあんこくでんせすたす

「拳闘暗黒伝セスタス」とは、技来静也による日本の漫画。
目次[非表示]

人類が手にした最初の武器 神話の時代から人間は拳で争って来た 最古の格闘技 それが拳闘だ

概要

ヤングアニマル』(白泉社)にて1997年23号から2009年6号にかけて連載された。単行本は全15巻。

その後「拳奴死闘伝セスタス」とタイトルを改めた上で引き続き『ヤングアニマル』2010年11号から2014年12号まで掲載された。さらに『ヤングアニマル嵐』→『マンガPark』(Webコミック誌)を経て、『ヤングアニマルZERO』にて2020年11月号から掲載されている。

基本的にはボクシング漫画なのだが、舞台が古代ローマ帝政期という類を見ないものとなっており、主人公も対戦相手も奴隷という事で、敗者はほぼ処刑されるという暗黒伝のタイトルに恥じない物となっている。他にも主人公達の思春期的な精神の不安定さや過酷な運命に襲われても生きようと成長する姿、詳しく描かれた当時のローマの生活も見どころである。

物語

紀元54年10月13日正午、豪雨の中で後世暴君と呼ばれる17歳の少年ネロがローマ皇帝に即位した。同時刻、ローマ郊外の奴隷拳闘士養成所では拳闘選手として戦う奴隷、拳奴となるための最終選考として少年二人が戦わせられた。明らかに筋量、体格が違う二人であったが体格に劣る少年の方が桁違いのスピードとテクニックで勝利する。だが敗北した少年は殺されてしまい彼は涙する。少年の名はセスタス。身分の底辺に身を置く15歳の奴隷拳闘士。
拳奴として皇帝主催の拳闘試合に参戦したセスタスは途中で同じく試合に参戦するルスカと出会い、大人の相手をやはり芸術的ともいえる戦い方で勝利する。その事でネロの目に止まり、謁見を許されるが、それを契機としてセスタスは運命の渦の中に巻き込まれていくこととなる。
身分を含めた全ての枷から解放された真の自由を求めるセスタス、父と自由との葛藤の中でもがく天才格闘家ルスカ、皇帝としての宿命で自由と不自由双方の苦悩を背負ったネロ。そしてセスタスの師ザファルとルスカの父デミトリアスとの過去の因縁。ネロの母アグリッピーナの息子へかける過剰で歪んだ愛憎。物語は帝政ローマ時代を生きた3人の少年たちの運命を軸に進んでゆく。

古代ボクシングについて

古代ボクシングに階級制、ラウンド制は存在しない。時間無制限で相手を完全KOするかまたは相手の降伏で試合が止められる。ダウン後の追撃は反則にならず、打つ場所も上半身前面のみに制限された現代ボクシングと違い、目潰し、近的以外は背面、延髄打ちなどもOK。打ち方も現代ボクシングのようにナックルパートだけではなく、裏拳、掌底、鉄槌、平手など手首から先ならどんな打撃でもルールに接触しないのなら許された。
古代拳闘士は初期の段階では現代のバンテージのように拳を保護するためヒマンテスという牛革製の紐を拳に巻いていた。
やがて厚手の皮バンドをナックルパートに巻き、打撃力を高めた硬質グローブ、ミュルグレスが開発され、試合でも使われるようになった。
ローマ時代になると固めた皮バンドに鉄鋲を打ちこんだ装甲グローブが発明された。殺傷力はさらに高まり試合で死者や障碍を残すものも少なくなくなった。セスタスとは、この武器の名称である。

主要人物

セスタス

CV:峯田大夢
ローマ帝国最下層の身分である15歳の少年拳奴。物語初期はヴァレンス奴隷闘士養成所に所属していたが、拳奴達の反乱により養成所が崩壊。その後一時ネロに買われたが真の自由を求め決別し、ローマを離れる為ドリスコ拳闘団へと所属させられる。まだ成長期とあってかなり小柄な体格だが、天性の動体視力と反射神経を生かしたスピードと師ザファルより伝授された現代ボクシング理論のようなオーパーツじみた拳闘術で、体格に優る強敵達と渡り合う。窮地の中でも他人の心を慮れる純真で繊細な優しさの持ち主。
まだ思春期だけあって精神的に脆く、弱い部分も多く見られるが、ザファルや対戦相手とのやり取りの中で徐々に成長していく。

ルスカ

ローマ帝国徒手格闘兵団衛帝隊(現実には存在しない、皇帝との個人契約の護衛隊)に所属する衛士。総合格闘技パンクラティオンの使い手で、わずか16歳で格闘者としてほぼ完成している天才。金髪と胸の傷が特徴の美男子で「黄金のルスカ」「ローマのルスカ」の異名を持つ。普段は知的で誠実な好青年だが、闘いでは躊躇なく腕や足を極めて折る容赦のなさを見せる。自分や母ルクレティアを蔑ろにし、子供の頃自身をネロの影武者にしたてた結果、刺客に襲われ重傷を負った事で母を狂気へ追いやった父デミトリアスを深く憎んでおり、自らの手で倒すことを生涯の目標としている。
幼くして戦いの世界に身を置かざるを得ないセスタスに身分の壁を超えた友情を育んでいたが、養成所の拳奴反乱の中で婚約者ヴァレリアを殺された事により決別してしまう。

ネロ

ローマ帝国の第5代皇帝。後世に暴君の悪名を残したが、その素顔は争いを嫌い、美術や音楽、詩作を愛し自ら作り演奏する繊細な少年だった。セスタスやルスカのある種の芸術的な闘いぶりに感動し、特にセスタスに対しては『皇帝』という地位しか他人に見られていない自分の孤独感を明かし、共にいるように求める。セスタスに去られた後は、さらに孤独を深め、母のアグリッピーナとも対立し、その過程でアグリッピーナがネロを廃嫡し自身の義弟ブリタニクスを擁立しようとした時にはブリタニクスを暗殺するなど徐々に心が歪み始めている。

アニメ化

「セスタス -The Roman Fighter-(ザ・ローマン・ファイター)」として、2021年4月よりフジテレビ+Ultra」ほかで放送される。HP内でティザービジュアル、Youtube内でプロモーションビデオが公開された。

制作はバンダイナムコピクチャーズ。同社にとっては初の青年漫画原作アニメとなる。

関連タグ

ヤングアニマル

関連記事

親記事

ヤングアニマル やんぐあにまる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「拳闘暗黒伝セスタス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11104

コメント