ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ここでいう二次創作ゲームとは、原作となる一次創作側が関与していない、ファンによる非公式ゲーム作品を指す。

(同人ゲームの二次創作特化と言えば、話が早いのかもしれない)


フリーゲームが多いが、コミックマーケット等で有料配布されている作品も存在している。


当然だが、無許可で作られた二次創作品は著作権侵害にあたる。規約を守っていれば音楽、本と言う形での二次創作は認めていてもゲーム化に関してはNGとしている企業が大半なので、ガイドラインなどをチェックした上で制作した方がよい。これはデータを抜き出し加工し流用する行為が可能である事などが関係している(マンガで言えば大半をトレスで制作するようなもの)。


ただし、東方Projectなどの一部のジャンルにおいてはゲームの二次創作が認められており、そういったジャンルにおいてはガイドライン(作中素材は公式のものを流用せずに自作する等)を遵守していればsteamなどのプラットフォームでの販売すら可能である。

また、非公式のファン創作だったゲーム作品が公式に認可されて正式に商品化した例も稀にある。


なお、グラフィックやシステムを全て自作した二次創作物既存ゲームの改造品は、創作界隈においては明確に別物として区別される。

(どちらも原作側が許可していない場合は著作権違反であるが、後者はより違反性が高く同人であっても販売できるような代物ではない)


二次創作ゲーム一覧


関連タグ

二次創作 同人 フリーゲーム フリーホラーゲーム 同人ゲーム ハックロム


MUGEN:市販ゲームのスプライトの無断使用で作られているキャラクターが多いため、どちらかと言えばハックロムに近いと考える人も居る。


SRC:若干だが二次創作ゲームに片足を入れている傾向がある。一次創作シナリオもあるのだが、こちらは少なめ。


BMS:ベースになったゲームを踏まえれば二次創作に当たるのだが、プレイできる楽曲の半数以上は一次創作(本家作品でプレイ可能なものもある)なので、こちらには当たらない。(版権楽曲の場合はJASRACが絡むケースもあるので、不可能という個所もある。中には東方アレンジのBMSもあるが、二次創作になるとすればそちらかもしれない)

関連記事

親記事

版権 はんけん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276620

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました