ピクシブ百科事典

SRC

しみゅれーしょんあーるぴーじーこんすとらくしょん

Simulation RPG Constructionの略。
目次[非表示]

概要

SRCとは、Simulation RPG Constructionの略で、シミュレーションRPG自作ツールである。
基本システムはスーパーロボット大戦のシステムに似ており、投稿サイトや個人サイト等で配布されているアイコン素材を使う事で、誰にでもゲームを作る事が可能。

Pixivでは、主にSRC用に製作したアイコンや、SRCシナリオに登場するオリジナルキャラクターやそのファンアート等にタグがつけられる事が多い。

シナリオに関しては個人サイト等でダウンロードし、それを読みこませる事でプレイする事が出来る。SRC本体だけではゲームをプレイできないので要注意。

スマホ(パソコンでも利用可能)でプレイする場合PLiCyというクラウドゲームサービスを利用し投稿された作品をプレイする事はできる。基本的にはiPhoneではブラウザのSafariでしかプレイできない。シュミュラマボックスではAndroidしかプレイできないアプリとなる。

近年では有志によりシュミュラマボックスというスマホ版(Android)のSRCの製作ツールが開発された。無料版と有料版があり、同名のパソコン版もある。ただし、基本的にはシナリオを作るには有料版をGooglePlayでダウンロード購入をしないと出来ないので注意。pixiv上で配布されているSRCのゲーム用の画像素材が使えるかは不明。また、パソコンで作成したのが主流だった方のシナリオデータ(互換性があるのはパソコン版とスマホ版のシュミュラマボックス側で作成したシナリオデータのみ)との互換性はないためこのツールから作る必要がある。使い方はパソコン版で作る場合とはかなり異なっている。現時点ではアプリ自体は開発中であり、パソコン側で作るのがお馴染みである通常のSRCと比べると不完全な部分が目立つ。こちらは主にパソコン側で作るのが主流だったため、現時点では認知度が低くあまり普及していない模様。SRCのゲームプレーヤーアプリであるが完全に遊べる訳ではない。(本ツールにおけるイメージキャラはない)

関連イラスト

いぬこ弐式~表情対応版~


マスコットキャラクターのイヌコ。

関連リンク

SRC公式ホームページ
http://www.src-srpg.jpn.org/
GSC総合支援センター
http://www.gsc.ne.jp
シュミュラマボックス公式wiki
https://w.atwiki.jp/neosrchelp/

関連タグ

BMS:本体だけではプレイ不可等の共通点あり。こちらは実際に本家に収録された楽曲(BMSオリジナル楽曲に限定されているが……)も存在する点では、SRCと事情が異なる。東方アレンジや半公式のDJMAX楽曲アレンジなどの事例はあるが、二次創作は目撃事例が少ない。

CardWirth:こちらも本体だけではプレイ不可等の共通点あり。シナリオが一次創作系のオリジナルメインの違いも存在する。

シュミュラマPになろう:シュミュラマボックスのサンプルゲーム。スマホ(Android)でもSRCゲームを作るために解説をする講座ゲームの様なもの。あくまで基礎を覚える為のマニュアル形式のゲーム。ちなみに、作者はシュミュラマボックスの開発者である。

公式がSRCに近い参戦作品を実現させた例

※この事例ではスパロボ系以外の作品を例として挙げていく






  • グランブルーファンタジー:上述のソシャゲコラボは大抵が一部キャラがガチャ排出だったりするのだが、こちらはコラボシナリオという形で収録されるため、コラボキャラのみを目当てにする場合には課金の必要性はない。ただし、サイドストーリー入りをしない限りは再登場しないのが唯一のネック。

  • ビビッドアーミー:こちらもソシャゲカテゴリーだが、コラボ作品のラインナップがSRCシナリオに近いような状態になっている。

関連記事

親記事

フリーゲーム ふりーげーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「SRC」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「SRC」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1492153

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました