ピクシブ百科事典

制限がかかっています。処理を続行することが出来ません。

せいげんがかかっていますしょりをぞっこうすることができません

『制限がかかっています。処理を続行することが出来ません。』とはアカウント停止された者が再度アカウントを作るようとすると表示されるエラーメッセージである。
目次[非表示]

概要

pixiv(運営)では問題となったユーザーによるアカウントの作成を防ぐ為に問題騒動の迷惑をかける事を目的としたユーザーからのアクセスをする事を阻止をするため、アカウントの作成が完了する処理そのものを止めた事を指すエラーメッセージである。

規約違反的な編集行為の再発を防止する目的に存在するセキュリティシステムの一種でもあり、アカウントの新規作成時にユーザーの悪質ユーザーを特定する為にIPアドレスをチェックしている事で実現している。

ちなみに問題のないユーザーが退会した場合はアカウントの復帰や新規作成ができる。

問題点

荒らしなどの問題を解決をしたいユーザーが悪質ユーザーに対する問題の内容についてをpixiv運営へ通報し、運営側が利用できない様に処理すれば、悪質ユーザーが二度と出てこなくなると言うイメージが強いが、実はPIXIVではアカウント停止を喰らっても、一般的ではない特殊な方法ですぐに新たなアカウントを作ることが可能となっている。

通常はアカウント停止(規約違反の場合)された者が再度新たなアカウントを作成しようとするとこのメッセージが作成ページの下部に表示され、その状態では一般的にはアカウントは再作成できないのだが、例えばIPアドレスが異なる端末(スマホやパソコン)を使えばそこからまた新しいアカウントの作成が出来てしまう。そのため、運営が特定のユーザーに対してアカ停処置を取ったとしても、しばらくすると同じユーザーがまたそうやって新しいアカウントを取得して問題編集を繰り返してくるケースが後を絶たないのが実情である。

また、悪質なユーザーの中にはこうなることを見越して事前に他のアカウントを複数用意している場合もあり、こちらも先に使っていたアカウントが停止されてもすぐに別のアカウントに乗り換えるというケースも少なくはない。

特にWikipediaなど他のサイトの場合だと編集内容の基準もアカウントの管理も厳格だったりする事が多く、この手はユーザーはそこでの活動が思い通りに行かなったりすると「それならば、pixivで巻き返しを計ってやる」と、この百科事典に流れてくる傾向が強いのもあると思われる。

※1:親記事のアカウント停止も参照。
※2:専門家に聞く事を厳しく推奨する。
※3:そもそも上記の対処方法は悪用厳禁である。

関連タグ

pixiv アカウント停止 阻止 防止 抑制 処理 システム 悪質ユーザー アクセス制限 アクセス禁止 エラーメッセージ 荒らし(ネットスラング) 規約違反 悪用禁止

関連記事

親記事

アカウント停止 あかうんとていし

兄弟記事

コメント