ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

無修正

むしゅうせい

その名のとおり修正加工していないことを指すのだが、ここではR-18関連として使われる。
目次 [非表示]

概要

R-18イラストを描くとき、日本では局部モザイクぼかしなどをいれて修正を施すが、まれに作者の嗜好などであえて入れない事もある。後述の原因で、日本人よりも外国人の方が多い。


無修正作品の(有償・無償問わず)“頒布”は法に引っかかりる為(正確に言えば沙織事件を受けての自主規制が発端。その影響のためか、時にはすじ乳首に対してすら修正を施す例も見かける)、国産で無修正のエロゲやエロアニメ等のアダルトコンテンツは皆無に等しい。

詳しいことは刑法175条を見てほしいが、日本では無修正が違法とされており、表現の自由を背いてまで違法にする動機づけが曖昧すぎたり創作活動に強い制限が来たりと、あまりよろしくない刑法となっているのが現状となっている。


ちなみに

海外に関して特に規制はない。少なくとも実写AVにおいて絶対的優位は海外作品にある。また、日本のエロマンガを無修正で閲覧できるアメリカのサイト「FAKKU!」を日本からアクセスが出来ない事例のように、刑法175条のせいで日本のみが辛酸を舐めざるを得ない状況になっている事も数多い。

とは言うものの、少数派ではあるが場合によっては日本以上に規制が敷かれ、画像及び同人誌を所持していたら逮捕という例もある。国連などでの2次元規制、非実在青少年を巡っての騒動は収束の気配がない。


ピクシブを含めた日本のイラストコミュニケーションサービスを使う外国人は、上記の関係で無修正が駄目である影響で、「Patreon」のように無修正が合法である国のサイトを用いて別途無修正のイラストを投稿する人も多く、日本人の中にもちゃんとした無修正のイラストを挙げるべく海外のサイトを用いて投稿する人もいる模様。


朗報

……と、このように海外モノに水を開けられた要因、ひいては暴力団組織の蔓延る原因ともなっていた問題だが、山田太郎議員が2次元または本人同意の場合に限ってはモザイクは必要ではないという見解を示した。

もしコレが通れば前述の課題、何より反社会的勢力の資金源をも断つことができると推測され、二次創作においても盛り上がりが期待されるなどメリットが多いとされている。


関連イラスト

センシティブな作品

局部の描写が無いデフォルメ的なキャラクターに、そうでないキャラクターのコスプレと際どい構図をさせる。


関連タグ

R-18 修正 モザイク ぼかし 無修正 アダルトゲーム アダルトビデオ アダルトアニメ エロゲ

刑法175条 表現規制反対 表現の自由

合法全裸 健全裸:修正が不要な状態は、むしろこちら。

女性器 陰茎:よく修正されるもの。絵師によっては、すじですらモザイクや黒線などを上乗せすることも。


他の言語

Uncensored

関連記事

親記事

R-18 あーるじゅうはち

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130914324

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました