ピクシブ百科事典

ケイローン

けいろーん

ケイローンとは、「ギリシア神話」に登場する人物である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ギリシャ神話に登場するケンタウロスの賢者。この記事で解説。
  2. Fate/Apocryphaにて召喚されたサーヴァント。1をもとにしている。→ケイローン(Fate)


概要

ケイローンは、『ギリシャ神話』に登場する怪物・ケンタウロス族の賢者である。ラテン語ではキロン、日本語ではケイロンとも表記されている。

ゼウスの父であり、一時期は主神でもあったクロノスと、ニュンペー(ニンフ)のピリュラーの子である。よっての血を引いており、一般に野蛮で粗暴とされるケンタウロス族の中で例外と言える知性的な存在であり、また不死の肉体を持っていた。

ただし、クロノスが正妻であるレアの目を逃れるためにに姿を変えてピリュラーと交わったので半人半馬の姿となったとされ、我が子の人ではない姿を悲観して母親は菩提樹へと転身してしまった。そのため、養育したのは名立たる神々であり、その弟子として様々な知識と技術を得た。

アポロンから音楽医学予言を、アルテミスから狩猟を学んだといわれている。ギリシャテッサリアにあるペーリオン山の洞穴に住み、薬草を栽培しながら病人を助けて暮らし、また請われてヘラクレスカストルなどの英雄たちに武術馬術を教え、後にアルゴナウタイを率いるイアソントロイア戦争の中心人物であるアキレウスなどを養育した育て親でもあった。後にへびつかい座となるアスクレピオスには医術を授けた。

上述の経歴から、ギリシャ神話の中では狩り・医術・武術の師としては名が知られており、よく挙げられる。「変身物語」に登場するアクタイオンは、狩りの師がケイローンであることが語られている。

いつの時代かは不明だが、ニュンペーのカリクローという女性を妻に迎え、オーキュロエーまたはテアーヒッペー)、エンデーイスカリュストスという子供がいることがわかっている。その中でもオーキュロエーという娘は、予言の力を持っていることがわかっており、アスクレピオスの運命や自分の父の死の運命も見通しており、他にも多くの予言をしようとしたが、ゼウスに雌馬に変えられ、ヒッペーと名乗るようになったとされる。ヒッペーは後にこうま座になったとされる。

射手座伝説

ヘラクレスとケンタウロスたちとの争いに巻き込まれた際に、弟子であるヘラクレスの放ったヒュドラが塗られていたを誤ってに受けてしまう。
不死身であるケイローンはその苦痛から逃れるため、ゼウスに頼んで不死身の能力をプロメテウスに譲る事で自ら死を選んだ。その死を惜しんだゼウスはケイローンの姿を星に象って星座の「射手座」にしたといわれている。

関連タグ

ギリシア神話
ケンタウロス 射手座 不死

ケイローン以外で個人の名前のあるケンタウロス
ポロスアルカディアポロエーの洞窟に住居を構えていたケンタウロス。シレノストネリコの木のニュンペーの息子とされ、ケイローンと並んで野蛮ではなかったと記述がある。
ネッソス(ネッスス):ヘラクレスの妻、デイアネイラを誘惑したところを、ヘラクレスに弓で射られて殺された。しかし、弓に塗ってあったヒュドラの毒が溶けていた自分の血を、「媚薬の効果がある」としてデイアネイラに話してあり、間接的にヘラクレスを殺している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ケイローン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 586667

コメント