ピクシブ百科事典

ケイローン

けいろーん

ケイローンとは、「ギリシア神話」に登場する人物である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ギリシャ神話に登場するケンタウロスの賢者。この記事で解説。
  2. Fate/Apocryphaにおいて召喚されたサーヴァント。1をもとにしている。→ケイローン(Fate)

概要

ケイローンは、『ギリシャ神話』に登場する半人半馬の怪物であるケンタウロス族の賢者である。
ラテン語ではキロン、日本語ではケイロンとも表記されている。

ケイローンは、ゼウスの父であり一時期主神でもあったクロノスニュンペー(ニンフ)のピリュラーの子であり、クロノスがレアの目を逃れるためにに姿を変えてピリュラーと交わった事で半人半馬の姿となった。
よっての血を引いており、一般に野蛮で粗暴とされるケンタウロス族の中で例外と言える知性的な存在であり、また不死の肉体を持っていた。
アポロンから音楽医学予言を、アルテミスから狩猟を学んだといわれている。
ギリシアのテッサリアにあるペーリオン山の洞穴に住み、薬草を栽培しながら病人を助けて暮らしており、
また、請われてヘラクレスカストール英雄たちに武術や馬術を教え、後にアルゴナウタイを率いるイアソンを養育し、後にへびつかい座となるアスクレピオスに医術を授けた。
イアソン以外にもアキレウスの育て親でもあった。

ヘラクレスとケンタウロスたちとの争いに巻き込まれた際に、弟子であるヘラクレスの放った毒矢ヒュドラが塗られていた)を誤ってに受けてしまう。不死身のケイロンはその苦痛から逃れるため、ゼウスに頼んで不死身の能力をプロメテウスに譲る事で自ら死を選んだ。
(ちなみに、ヘラクレス自身も後にこの毒によって命を落としている。)
その死を惜しんだゼウスはケイロンの姿を星に型どって星座の「射手座」にしたといわれている。

関連イラスト

射手座
星になった獣人 幻想生物134



関連タグ

ギリシア神話 ケンタウロス 射手座 不死
クロノス 半人半馬 アポロン アルテミス
アキレウス アスクレピオス イアソン カストル ヘラクレス

表記揺れ:キロン ケイロン

pixivに投稿された作品 pixivで「ケイローン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 248131

コメント