ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

初出第5世代
効果自身以外の味方が受けるダメージを25%軽減する

概要

ポケモンBW』(第5世代)で初登場した特性

長らく隠れ特性としてのみ存在していたが、『ポケモンSV』(第9世代)でワッカネズミ系統が通常特性として所有するようになった。


名前通り、味方が受けるダメージを3/4に軽減する。所有者自身の耐久は一切上がらない。また、発動するのは所有者と味方が共に場に出ている時のみであるため、シングルバトルでは全く意味をなさない。

所有者をいかに倒されないように場に出し続けるかを考えなくてはならないため、運用難度の高い特性と言える。しかも困ったことに、所有者の多くが進化途上のポケモンである。

一応、進化途上限定のアイテムとしてしんかのきせきも登場しているものの、攻撃面には全く期待できず、必然的に絡め手が中心となってくるが「ちょうはつ」一つで瓦解しかねないと、考えるべきことは多い。


この特性を絡めた有名な戦法としては、プリンによるほろびのうたピッピによるこのゆびとまれピンプクによるちきゅうなげなどが挙げられる。

特にプリンの活躍ぶりは(第5世代当時は有用な特性を持たなかった)プクリンの存在意義をほぼ奪い取ってしまったと言わしめたほど。

第7世代以降はピッピが大活躍を見せており、2020年に行われたポケモン日本一決定戦ではマスターカテゴリ準優勝者の「フレンドガード」ピッピが「うたう」や「このゆびとまれ」で徹底的にサポートし、絶大な存在感を放った。


所有ポケモン

太字は隠れ特性。


関連タグ

ポケモン 特性 隠れ特性

関連記事

親記事

特性 とくせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15459

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました