2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

全国図鑑No.945
パルデア図鑑071
分類カップルポケモン
タイプノーマル
高さ0.3m
体重1.8kg
特性にげあし/ものひろい/マイペース(隠れ特性)
タマゴグループ陸上/妖精


進化

ワッカネズミ→ イッカネズミ(Lv.25以上。1/25の確率で3びきかぞくに、24/25の確率で4ひきかぞくに進化する。出していないとキャンセルできない。)

概要

男女二匹一組のねずみポケモン。性別不明扱いだが、設定上性別が存在する珍しいポケモンでもある。

体のデザインもサンリオキャラクターかのようなデフォルメ体型の二足歩行。歩く時は軽快に跳ねる。
二匹の姿はそれぞれ微妙に違っており、一方はシャツを着たような、もう一方はパンツをはいているような体毛のパターンになっている。

モデルはハツカネズミと思われ、顔つきはハローキティミッフィーを足して2で割ったような感じだが、威嚇や食事の際に大きく口を開く。
ポーカーフェイスのきらいがあり、目や口で表情を表さない代わり、怒った時は眉間に皺を寄せ、喜んでいるときはほっぺがピンク色になり両手をパチパチ叩く。

どんな時も二匹一組で行動するポケモンで、エサをぴったり半分こにして仲良く分け合うのはもちろん、技を出す際や手ごろな素材を巣の材料に切り出す時も、息の合ったコンビネーションを見せつける。
ちなみにテラスタルの際、冠は向かって左側の個体が被る模様。

ピカチュウ等と同様のファンシーポケモンとして可愛いと人気がある反面、一部からはポーカーフェイスである点や進化における特異的な特徴から、「少し恐い」という評価もあったりする。

ゲーム上の特徴

カルボウノノクラゲ同様、パルデア地方の各地に低確率で出現する。
よっぽど運が良かったトレーナーでなければ自然に遭遇する事は難しく、料理を用いて出現率を上げても、生息域が被る他のノーマルが湧いてしまうのが悩みどころ。しかもシンボルが白の単色かつ非常に小さい。

ただし一箇所だけワッカネズミが頻出するポイントがある。
ポケモンリーグにつづく道のりである。
通常では「チャンピオンロード」の終盤で寄るポイントとなるが実は宝探し開始と同時に訪れることができ、1人の初見殺しトレーナーを除いてレベルも手頃なので、ワッカネズミが欲しいと思うのであれば立ち寄るのがオススメ。

そしていざ捕まえて導入しても、非常に奇怪な進化条件を有している(詳細は進化後の記事参照)。
また、性別不明ながら遺伝技が存在する。どうやって遺伝するかと言うと、これを使うのである。

余談

ワッカとはアイヌ語で「飲み水」という意味だが漢字に直すと「稚」と書きこちらは「幼い」という意味になる。
つまり名前の由来は連想ゲームを続けての「幼いネズミ」という事になる。なお、アイヌ語由来の名前なのだがシンオウ地方にはいないと思われる…。

また、熱心なジョジョファンであれば、二匹で一組のネズミということで、どくばりやアシッドボムなど、どく技を覚えないのはさぞかし残念に思ったことだろう。
1996年発売の4コマ漫画アンソロジーである火の玉ゲームコミックシリーズ『ポケットモンスター4コマギャグバトル』の中に収録された4コマ漫画の1つに、
コラッタ2匹に向けてモンスターボールを投げたら、2匹とも1個のボールで捕獲できた。それから3ヶ月後に初めてボールを開くと、その中身は…………」というネタがある。

関連タグ

ポケモンSV ポケモン一覧

944ミミズズ945ワッカネズミ→946イッカネズミ

ワッカ:「ファイナルファンタジー10」の登場キャラクター。名前からこのキャラを連想した人も多い模様。

関連記事

親記事

ノーマルタイプ のーまるたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61911

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました