ピクシブ百科事典

シザークロス

しざーくろす

『ポケットモンスター』シリーズに登場する技の一種。
目次[非表示]

データ

初出第4世代
タイプむし 
分類物理
威力80
命中率100
PP15
直接攻撃
範囲単体
効果追加効果なし


概要

第4世代から存在する技の一種。
カマやツメをハサミのように交差させ敵を切り裂く技。
初登場時から技マシン80の常連となっている。
英語名は「X-Scissor」。ちょっと中二っぽくてかっこいい。

第3世代までまともなむしタイプの技が準専用技のメガホーンしかなかった時に漸く現れた汎用性の高い物理攻撃技。
威力・命中率共に安定した技ではあるが、カマやツメがないと使えないからなのかむしタイプの習得者はそこまで多いわけではない。一方で刃物になる部位さえあれば大体のポケモンが使うことが出来るため習得者自体は多い。
名前からきりさくのむしタイプ版という連想をされやすいが急所に当たりやすくはない。敵を切り裂いているんだから当たりやすくてもいいとは思うが。
身もふたもない事を言えばむしタイプバージョンのかいりき

第4世代当初はこの安定性と汎用性でメインウェポンに採用する事も少なくなかったが、第7世代現在この技を主力に据えているポケモンは余りいないヌケニンアーマルドハハコモリ等が採用する程度である。

……と言うのも、


…と言うように、「習得者の大半が他の技を採用した方が強い」という状況なのである。
何か追加効果や特殊効果でもあれば採用の余地が生まれるのだが……
サブウェポンに据えるにも、むし技は決して通りのいい技とは言えないため辛いところ。一応5世代ではサザンドラ対策として搭載するポケモンも少なくなかったが、フェアリータイプが追加されてサザンドラの数も減り、技の通りもより悪くなった6世代以降はサブとしての役割もほぼなくなった。

第7世代ではきゅうけつ」に威力が追い付かれる+わざマシン化と言う異常事態が発生。
むしタイプの強力な技が大量追加される中、「シザークロス」は相変わらず。
新登場のむしポケモンも悉く「シザークロス」より強力な技を覚えてしまう。「シザークロス」の冬の時代はまだしばらくは続きそうである。
例外としてヌケニンはどちらも習得可能ではあるものの体力回復効果に意味がないどころか、特性「ヘドロえき」を持つポケモンに使ってしまうと即死してしまう関係で上述した通り「シザークロス」が採用される。

第8世代でもコレと言った強化は貰えず、それどころかアイアントには新しくであいがしらが与えられたことによりむしポケモン自体は増えたのに更に使用者が減ってしまう自体に。

アニメではサトシルチャブルなどが使用。
マーシュ戦ではシュシュプの展開したトリックルームをシザークロスで破壊するという離れ業を見せつけた。
むしタイプエスパータイプに効果抜群」だかららしいのだが、いいのかそれで。

サン&ムーンではアーゴヨンが使用したが、黄緑のオーラを纏った針で突撃するというもので、どう見ても「シザー」でも「クロス」でもないのは突っ込んではいけない。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 むしタイプ
わざマシン一覧

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シザークロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20444

コメント