ピクシブ百科事典

ネス

ねす

『MOTHER2 ギーグの逆襲』の主人公「ぼく」のデフォルトネーム。
目次[非表示]

概要

スーパーファミコンRPGMOTHER2 ギーグの逆襲』の主人公。赤い野球帽がトレードマークの12歳の少年。イーグルランドの田舎町オネットに住んでいる。
ある日の夜、家の裏の山に墜落した隕石と共に現れた未来人ブンブーンから、「銀河系最大の破壊者ギーグを倒して地球の未来を救ってほしい」という願いを託され、ポーラジェフプーら3人の仲間たちと共に、地球上に散らばるパワースポットに存在する8つのメロディーを集める冒険の旅に出る。

マザー2




ぼくはネスだ。 ぼくはここまできた。
ぼくはもうすぐ ぼくはもうすぐ・・・・ ぼくはもうすぐ? どうなるのだろうか。

人物

本編中ではRPGでよくある「無口系主人公」で基本的には『はい』『いいえ』しか喋らないが、「人の心を文字にして映し出す場所」や「自分の心の中の世界」という変わった形でネス自身のセリフを見ることができる。
一人称は「ぼく」。自転車に乗ると笑顔を見せる。要所要所で行われる記念撮影の時も笑顔でピースサインをばっちり決める。
友達も多く、彼らと一緒にオネットの雑木林に隠れ家を作っている。隠れ家の中にいる友達からはネスが以前から欲しがっていたという野球選手の帽子を貰えたり、ますますカッコよくなったと評されるなどモテモテである。そういう意味じゃなくて。

普段はごく普通の野球少年だが、実はPSI(サイ)という「ココロのチカラ(超能力)」を扱える、いわゆるエスパー少年でもある。愛犬や動物と会話が出来たり、赤ん坊の頃からサイコキネシスを発揮したりしていたが、家族や友人にはネスがエスパーだという事は知られていないようだ。
冒険を通して、高い攻撃力を持つ「PKひっさつ」(プレイヤーが思うカッコイイものが技名に反映される)、「PKフラッシュ」「さいみんじゅつ」「ヒーリング」「テレポート」といった多彩なPSIを覚えていく。
最終的にはエスパーの枠にとどまらず、地球の力そのものという壮大且つ強大な力が目覚めることになる。小説版ではネスが何の迷いもなく破壊の為に力を解放すると、世にも恐ろしい光景が繰り広げられることになる。ぶっちゃけチートです。

PSIマグネット



ニンテンとの関連性

前作『MOTHER』の主人公ニンテンと容姿がかなり似ているが、全くの別人。MOTHER2のサブタイトルは「ギーグの逆襲」だが、ギーグは赤の他人のところに逆襲してしまったことになる。仕方ないね。
よく見ると、帽子の向きが逆・ニンテンはリュックを背負っていない・ネスは眉毛がない・靴やソックスの色が違う等、衣装や顔つきが微妙に異なっている。

MOTHER



性能

主人公らしく早い段階から攻撃・回復・補助の全てをこなせる万能型のキャラクター。素早さが低いため行動順は最後の方になりがちなのが欠点だが逆に戦法として活かすこともできる。
物理攻撃の主力とパーティの回復役という重要な役割を一人で兼ねているので彼が戦闘不能となってしまうと戦況は一気に厳しいものになる。
戦闘で使用する武器は主にバットヨーヨースリングショットなどのスポーツ用品や玩具である。バット以外の武器は命中率が悪く、攻撃を外しやすいので注意。
ネス専用の攻撃PSIとして「PK○○」を覚える(○○には名前登録時に入れた「カッコイイと思うもの」が入る。デフォルトネームは「PKキアイ(気合い)」である)。無属性で全体攻撃ができる優れものだが、消費PPが高いのと極稀に外すのが難点。

名前の由来

RPGの主人公であるため、プレイヤーが自由に名前を付けられるが、公式ではデフォルトネームの一つである「ネス」が彼の便宜上の名称とされている。
名前の由来は、ファミリーコンピュータの海外での名称『Nintendo Entertainment System』の略称『NES』から取ったとされているが、ネスの綴りはSがひとつ多い『NESS』である。『SNES(海外版のスーファミの略称)』のアナグラムという説もある。
ちなみに名前のおまかせ候補の一つに「たくや」があるが、これは当時絶大な人気を誇っていたアイドルグループSMAP木村拓哉がMOTHER2のCMに出演したことが由来となっている。まーざつ~♪
他のキャラクターの名前や好物・カッコイイと思うものにもSMAP由来のネーミングが出てくるのでネタとして一見の価値あり。一通り『おまかせ』を選んでみよう。

家族

家に帰る度にネスの好物(プレイヤーの好きな食べ物を設定できる。デフォルト設定はハンバーグ)を作ってくれる明るくて元気なママ、所持しきれないアイテムを預かってくれるしっかり者の妹・トレーシー、単身赴任中で電話口にしか出てこないが冒険を援助してくれる優しいパパ、ネスが生まれる前から家で飼われている愛犬・チビが家族である。
家族愛に溢れる家庭であり、そのせいかRPGの少年主人公には珍しく「ホームシック」にかかることがある。これはネス固有のステータス異常であり、戦闘時に行動不能になることが多発してしまい戦力としては使い物にならなくなるため、早めに自宅に電話をして治してしまいたい。

ははのひ



ポーキーとの関係

家の隣には大金持ちで傲慢なミンチ一家が住んでいる。その家の長男・ポーキーとは長い付き合いだが、我儘で自分勝手なポーキーに絡まれては強引に振り回されるのが常であるため、仲が良いとは言い難い。
ネスの精神世界であるマジカントにいるポーキーはいつもとは様子が違うセリフを言うが、ネスがポーキーの本音を感じ取ったものなのか、ネスの中の願望なのか、過去のポーキーの実際の発言なのかは不明である。

小説版

ポーキーの方がネスより2歳年上(14歳)という設定になっており、幼い頃は兄弟のように仲の良い二人だったが、とある出来事によって確執が生まれることとなり、両者の心に深い傷を残した。
この過去設定もあってか小説版はメロディー集めはおまけ程度で、『悪行に走るポーキーを止める』ということが重要な旅の目的となっている。

ぼくと、ともだち



MOTHER3

ネス本人は登場しないが、キングPが作り上げた街ニューポークシティの映画館では、キングPがセレクトしたステキな冒険映画として、MOTHER2でのネスの冒険の様子が上映されている。また、その映画館の売店ではネスの帽子と酷似しているあかいぼうしが販売されている。これは店で購入できる防具の中では最上級の性能である。
ラストダンジョンでは、MOTHER2に登場した乗り物や機械などが展示されている大部屋をボートで進んでいくフロアがあるが、このボートの後方にはネスの家を再現したオブジェが付いている。
キングPが宝物として大事に保管しているともだちのヨーヨーとは・・・?


スマッシュブラザーズシリーズ

関連作品として同社から発売されている『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ全作に登場。
こちらのシリーズでは、PKファイアー・PKサンダー・サイマグネットなど、原作中では覚えなかったPSIを使える(フィギュアでの説明によると「仲間から教わった」らしい)。
野球少年らしい運動神経の高さを活かした肉弾戦とエスパー能力の両方を駆使して戦う。シリーズ全作でアピール時に「OK?」と言うが、これはMOTHER2で名前設定を確定する際に出てくる「OKっすか?」というSEが元ネタである。登場時にテレポート失敗で黒コゲになるのはご愛敬。
技の数々が見た目以上にパワフルで決め手に困らない半面、操作性や技のクセが強い。超能力で跳躍しているためか2段ジャンプの軌道が独特で空中での挙動がフワフワしていたり、溜め時間が大きく射程が短いが威力が高いPKフラッシュや、操作型のPKサンダーを自らに当てて突進する等、慣れるまでは扱いづらい上級者向けのキャラというポジションで全作通っている。
特に先述のPKサンダー体当たりで場外からの復帰が安定してできるようになるまでは練習が必要。シールドを超能力で補強しているので他のキャラよりシールドが少し大きいという地味な特性もある。
空中技・ダッシュ攻撃が優秀。横スマッシュのバットスイングや、ふっとばし力の強い後ろ投げで決めると非常に爽快である。戦いに敗れても笑顔で勝者に拍手を送る姿が微笑ましい。
「DX」以外は隠しキャラとしての参加だが、ちゃっかりOPに登場していたりと、扱いは表キャラに近いものがある。「X」の亜空の使者のムービーでは原作や従来のシリーズでは見せなかった歯が見えて可愛いとファンの間で評判である。

スマブラシリーズでのCVはカービィと同じく大本眞基子
そのおかげかキャラボイスの使いまわしが多いスマブラでも、ネスは新作が出るごとにボイスが新録されていたが、最新作『SP』で初めて全てのボイスが流用となった。
声繋がり・HAL研究所繋がり・スマブラ古参キャラ・顔がどことなく似ていることもあってかカービィとコンビで描かれるイラストも多い。
余談だが星のカービィロボボプラネットで初登場したエスパーカービィはネスの赤い帽子とよく似た青い帽子を被っている。エスパーですから。
説明文には「エスパー少年の姿のような能力」とあるが、野球帽が特徴のエスパー少年といえばネスかニンテンくらいなので元ネタはほぼ明確である。

エスパーですから~



メディアミックスでは

久美沙織著の小説版MOTHER2や、ネスの日記風に旅の様子が綴られている攻略本「ひみつのたからばこ」では当然のことながら普通に喋っており、元気でやや天然なところがある優しい少年となっている。
小説版では1のケンとは逆で、初心で真面目だけど頼れるという良い子寄りの性格になっている。
「ぼく」という一人称がゲーム内で解ることやたまにホームシックになるメンタルの弱さと、頭一つ抜けた攻守を誇る重戦車タイプの性能のギャップから「よい子寄りの性格だけどとっても頼れる」というイメージにあまりブレはないようである。

関連イラスト

エンディングまで泣くんじゃない
Destruction



関連タグ

MOTHERシリーズMOTHER2 MOTHER MOTHER3 MOTHERシリーズのPK一覧 マジカント
ぼく(MOTHER)ニンテン ギーグ リュカ(MOTHER) ポーキー
スマブラニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ 大乱闘スマッシュブラザーズDX 大乱闘スマッシュブラザーズX 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / for Wii U 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL 任天堂 HAL研究所
CP、グループタグ…ネスポラ むらネス スマブラショタトリオ ネスリュカ 

ネスがモデルになっていると思われる他作品キャラ
レッド(ポケモン)・・・初代ポケモンはMOTHER2をオマージュした作品である。その為か主人公もキャップ帽、リュック、自転車に乗るなど共通点がある。
Sans(Undertale)・・・こちらもMOTHER2をオマージュした作品である。作者がMOTHER2の二次創作として作った改造ソフト「EarthBound Halloween Hack」におけるネスの慣れの果てがSansだという説がある。

他の記事言語

Ness

pixivに投稿された作品 pixivで「ネス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7734434

コメント