ピクシブ百科事典

ネス

ねす

『MOTHER2 ギーグの逆襲』の主人公「ぼく」のデフォルトネーム。
目次[非表示]

曖昧さ回避

ARPG『聖剣伝説2』のキャラクター。ボブの手下。

概要

スーパーファミコンRPGMOTHER2 ギーグの逆襲』の主人公。赤い野球帽がトレードマークの12歳の少年。イーグルランドの田舎町オネットに住んでいる。
ある日の夜、家の近くの山に落ちた隕石から出現した未来人ブンブーンと出会い、「銀河系最大の破壊者ギーグを倒して地球の未来を救ってほしい」という願いを託される。ポーラジェフプーら3人の仲間たちと共に、地球上のパワースポットに存在する8つのメロディーを集める冒険の旅に出る。

マザー2




ぼくはネスだ。 ぼくはここまできた。
ぼくはもうすぐ ぼくはもうすぐ・・・・ ぼくはもうすぐ? どうなるのだろうか。

人物

一人称は「ぼく」。本編中ではRPGでよくある「無口系主人公」で基本的には『はい』『いいえ』しか喋らないが、「人の心を文字にして映し出す場所」や「自分の心の中の世界」という変わった形でネス自身のセリフを見ることができる。ストーリーで「無口をなおす本」というアイテムが手に入るが、ここぞとばかりにネスに読ませようとしたプレイヤーは多いだろう。残念ながらネスには使用できない。
正面から見ると無表情だが実は横を向くと微笑んでいる。自転車に乗ると笑顔を見せる。要所要所で行われる記念撮影の時も元気な笑顔でピースサインをばっちり決める。
友達も多く、彼らと一緒にオネットの雑木林に隠れ家を作っている。隠れ家の中にいる友達からはネスが以前から欲しがっていたという、野球選手の帽子を貰えたり、ますますカッコよくなったと評されるなどモテモテである。そういう意味じゃなくて。ちなみに隠れ家の友人たちは小説版MOTHER2で名前が付いており、名作洋画「スタンド・バイ・ミー」の4人の少年たちと同名となっている。MOTHERはこの映画の影響を受けているので、知っている人にとってはニヤリとくる小ネタである。この映画の少年たちも12歳で木の上に隠れ家を作っている。
子供だということを差っ引いてもやけに「おチビちゃん」「チビスケ」呼ばわりされるので同年代の子供と比べて背が低めと思われる。自転車もサドルをだいぶ低くして乗っている。街の人たちからは他にも「ベビーフェイス」「丸顔」「にこにこしてる」と表現されている。序盤は頼りないなど心配されることもあるが最終的には逞しくなったと評価される。幼い顔立ちが女性受けするのか美人のお姉さんからキスを送られることもしばしば。プー王子に惚れこんでる女性によると「ネス様も爽やかでステキ」とのこと。

一見するとごく普通の野球少年だが、実はPSI(サイ)という「ココロのチカラ(超能力)」を扱える、いわゆるエスパー少年でもある。愛犬や動物と会話が出来たり、赤ん坊の頃からサイコキネシスを発揮したりしていたが、家族や友人にはネスがエスパーだという事は知られていないようだ。
冒険を通して、高い攻撃力を持つ「PKひっさつ」(プレイヤーが思うカッコイイものが技名に反映される)、「PKフラッシュ」「さいみんじゅつ」「ヒーリング」「テレポート」といった多彩なPSIを覚えていく。
最終的にはエスパーの枠にとどまらず、地球の力そのものという壮大且つ強大な力が目覚めることになる。小説版ではネスが何の迷いもなく破壊の為に力を駆使すると、世にも恐ろしい光景が繰り広げられることになる。ぶっちゃけチートです。



ニンテンとの関連性

前作『MOTHER』の主人公ニンテンと容姿がかなり似ているが、全くの別人。ニンテンはアメリカ人だが、ネスはイーグルランド人なので国籍も違う。MOTHER2のサブタイトルは「ギーグの逆襲」だが、ギーグは赤の他人のところに逆襲してしまったことになる。仕方ないね。
よく見ると、帽子の向きが逆・ニンテンはリュックを背負っていない・ネスは眉毛がない・靴やソックスの色が違う等、衣装や顔つきが微妙に異なっている。

MOTHER



性能

主人公らしく早い段階から攻撃・回復・補助の全てをこなせる万能型のキャラクター。
4人中最高の耐久力と物理攻撃力を併せ持つ高いステータスの持ち主、唯一素早さだけは4人中最も低いため行動順は最後の方になりがちだが、システム上HPの回復は後出ししたほうが有効な場面が多くこれすら長所になりうる。
PSIも攻撃・回復・補助の全てが高い水準で揃っているが、サイマグネットが使えないためPPが貴重で、尚且つ攻撃PSIはPPを大量に使ってしまうため、回復を中心にしつつ有効な相手には補助を使っていく形になる。
物理攻撃の主力とパーティの回復役という重要な役割を一人で兼ねているので彼が戦闘不能となってしまうと戦況は一気に厳しいものになる。

戦闘で使用する武器は主にバットヨーヨースリングショットなどのスポーツ用品や玩具。バット以外の武器は命中率が悪く、攻撃を外しやすいので要注意。
ネス専用の攻撃PSIとして覚える「PKひっさつ」(PKひっさつは便宜上の名前で、名前登録時に入力した「カッコイイと思うもの」が技名になる。デフォルトネームは「PKキアイ(気合い)」)は、無属性で全体攻撃ができる優れものだが、消費PPが高いのと極稀に外すのが難点。

名前の由来

RPGの主人公であるため、プレイヤーが自由に名前を付けられるが、公式ではデフォルトネームの一つである「ネス」が彼の便宜上の名称となっている。
名前の由来は、海外版ファミリーコンピュータNintendo Entertainment System』の略称『NES』から取ったとされている。ネスの綴りはSがひとつ多い『NESS』なので、『SNES(海外版スーファミの略称)』のアナグラムという説もある。
ちなみに名前のおまかせ候補の一つに「たくや」があるが、これは当時絶大な人気を誇っていたアイドルグループSMAP木村拓哉がMOTHER2のCMに出演したことが由来となっている。まーざつ~♪
他のキャラクターの名前や好物・カッコイイと思うものにもSMAP由来のネーミングが出てくるのでネタとして一見の価値あり。一通り『おまかせ』を選んでみよう。
「ちんちん」なんて名前も出てくるがこれは犬の芸の名前なので勘違いしないでよね!

家族

家に帰る度にネスの好物(プレイヤーの好きな食べ物を設定できる。デフォルト設定はハンバーグ)を作ってくれる明るくて元気なママ、所持しきれないアイテムを預かってくれるしっかり者の妹・トレーシー、単身赴任中で電話口にしか出てこないが冒険を援助してくれる優しいパパ、ネスが生まれる前から家で飼われている愛犬・チビが家族である。
家族愛に溢れる家庭であり、そのせいかRPGの少年主人公には珍しく「ホームシック」にかかることがある。これはネス固有のステータス異常であり、戦闘時に行動不能になることが多発してしまい戦力としては使い物にならなくなるため、早めに自宅に電話をして治してしまいたい。

ははのひ



ポーキーとの関係

家の隣には大金持ちで傲慢なミンチ一家が住んでいる。その家の長男・ポーキーとは長い付き合いだが、我儘で自分勝手なポーキーに絡まれては強引に振り回されるのが常であるため、仲が良いとは言い難い。
ポーキーの父親のアンブラミが「ネス家に多額の金を貸している」という趣旨の発言をするが、ゲーム内でのパパはかなり大量にお金を振り込んでくれることや、そもそも隣に住んでおり生活環境に目に見えるほどの大差はないことから実際に借金があるかは不明。

ネスの精神世界であるマジカントにいるポーキーはいつもとは様子が違うセリフを言うが、ネスがポーキーの本音を感じ取ったものなのか、ネスの中の個人的な願望なのか、過去のポーキーの実際の発言なのかは不明である。

小説版

ポーキーの方がネスより2歳年上(14歳)という設定になっており、幼い頃は兄弟のように仲の良い二人だったが、とある出来事によって確執が生まれることとなり、両者の心に深い傷を残した。
この過去設定もあってか小説版はメロディー集めはおまけ程度で、『悪行に走るポーキーを止める』ということがネスの重要な目的となっている。

ぼくと、ともだち



SMILES and TEARS

MOTHER2の冒険を通してネスが集めた「エイトメロディーズ」のエンディングバージョン。
歌詞の一人称が「ぼく」でリュック、野球帽、スニーカーとネスの身に着けているものが挙げられているため、ネスの心情を表現しているとも言える曲。
ネス視点で語られる、誰かとの思い出と別れの歌なのだが、「ネスとポーラもしくは仲間たち」「ネスとポーキー」「ネスとプレイヤー」など、聞く人によって相手の解釈が異なる。

『スマブラ』シリーズでは初代と『DX』でこの曲のアレンジがネスの勝利ファンファーレとして使われていたが、『X』以降ではリュカの参戦に伴いMOTHER組でファンファーレを統一させることになったため、初代『MOTHER』のBGMのアレンジに変更された(『X』と『for』では「MOTHER EARTH」、『SP』では初代版「EIGHT MELODIES」)。
人気の高いファンファーレだったので未だに復活を望む声が挙がっている。まさに「I miss you」である。

ただいま



EarthBound

海外版MOTHER2であるEarthBoundではネスは13歳という設定になっている。12歳以下の子供が遠くまで出歩くことをアメリカでは問題視されるという事情に配慮した結果とされている。
日本版より年齢設定が引き上げられている関係で、EarthBound専用のネスのビジュアル(立体フィギュア)が存在している。
頭身がやや高くなっておりズボンは短パンではなくハーフパンツ。重ね着をしているらしく首元から赤い服が見える。野球帽を後ろ向きに被っていて前髪が少し長く、眉毛もある。まさに中学生くらいの年齢に成長したネスと言える容姿である。ちなみに好きな献立はハンバーグではなくステーキ。
本編中のドット絵は日本版と変わりないが、マジカントではこれまたアメリカの事情を考慮してパジャマ姿のグラフィックが使われている。

ツイッターマザー絵ログまとめ2



MOTHER3

ネス本人は登場しないが、キングPが作り上げた街ニューポークシティの映画館では、キングPがセレクトしたステキな冒険映画として、MOTHER2でのネスの冒険の様子が上映されている。また、その映画館の売店ではネスの帽子と酷似しているあかいぼうしが販売されている。これは店で購入できる防具の中では最上級の性能である。
ラストダンジョンでは、MOTHER2に登場した乗り物や機械などが展示されている大部屋をボートで進んでいくフロアがあるが、このボートの後方にはネスの家を再現したオブジェが付いている。
キングPが宝物として大事に保管しているともだちのヨーヨーとは一体・・・?

スマッシュブラザーズシリーズ

大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ全作に登場している。
こちらのシリーズでは、自前のPSIはPKフラッシュ(DXで追加)のみで、初代はPKファイアー・PKサンダー・サイマグネットと全てポーラの技、Xで追加された切り札はプーのPKスターストームであるなど、原作中では自身が覚えないPSIが大半である(フィギュアでの説明によると「仲間から教わった」らしい)。技の見た目や性能も原作要素が薄めだったが、最新作のSPで原作を模した幾何学的なエフェクトが追加され技の再現度が大幅に向上した。
野球少年らしい運動神経の高さを活かした肉弾戦とエスパー能力の両方を駆使して戦う。シリーズ全作でアピール時に「OK!」と言うが、これはMOTHER2で名前設定を確定する際に出てくる「OKっすか?」というSEが元ネタである。登場時にテレポート失敗で黒コゲになるのはご愛敬。戦いに敗れても笑顔で勝者に拍手を送る姿が微笑ましい。
技の数々が見た目以上にパワフルで決め手に困らない半面、操作性のクセが強い。超能力で跳躍しているため2段ジャンプの軌道が独特で空中での挙動がフワフワしていたり、溜め時間が大きく射程が短いが威力が高いPKフラッシュや、操作型のPKサンダーを自らに当てて突進する等、慣れるまでは扱いづらい上級者向けのキャラというポジションで全作通っている。
特に先述のPKサンダー体当たりで場外からの復帰が安定してできるようになるまでは練習が必要。PKフラッシュ発動時の拳を握りしめながら屈んで力を溜め、光を放つモーションはMOTHER1の実写CMでニンテンとアナが行っていたPK攻撃と似ている。
小さい体とフワフワした動きで軽量級と思われがちだが、見かけによらず体重設定は重めで中量級に位置するキャラである。シールドを超能力で補強しているので他のキャラよりシールドが少し大きいという地味な特性もある。
空中技やダッシュ攻撃が優秀。横スマッシュのバットスイングや、ふっとばし力が強い後ろ投げで決めると非常に爽快である。特に後ろ投げバーストは初代から最新作まで続いている大きな持ち味であり、ネスの代名詞ともなっている。「DX」~「for」ではバットスイングは右打ち、勝利ポーズの素振りは左打ちという器用さを見せる。ちなみに「初代」は全て右打ちで統一、「SP」は画面の右側を向いている時は右打ち・左側を向いている時と勝利ポーズでは左打ちで使い分けている。スイッチヒッターなのだろう。
「DX」と「for WiiU」以外では隠しキャラだが、ちゃっかりOPに登場していたり真っ先に隠し条件が解放されるなど、扱いは表キャラに近いものがある。「DX」のイベント戦「オールスター戦3」ではカービィピカチュウアイスクライマーと並んでファンシーげなキャラとして扱われている。「X」の亜空の使者のムービーでは原作や従来のシリーズでは見せなかった歯が見えて可愛いとファンの間で評判。

スマブラシリーズでのCVはカービィと同じく大本眞基子
そのおかげかキャラボイスの使いまわしが多いスマブラでも、ネスは新作が出るごとにボイスが新録されていたが、最新作『SP』で初めて全てのボイスが流用となった。
声繋がり・HAL研究所繋がり・スマブラ古参キャラ・顔がどことなく似ていることもあってかカービィとコンビで描かれるイラストも多い。
余談だが星のカービィロボボプラネットで初登場したエスパーカービィはネスの赤い帽子とよく似た青い帽子を被っている。エスパーですから。
説明文には「エスパー少年の姿のような能力」とあるが、野球帽が特徴のエスパー少年といえばネスかニンテンくらいなので元ネタはほぼ明確である。

エスパーですから~



メディアミックス

久美沙織著の小説版MOTHER2や、ネスの日記風に旅の様子が綴られている攻略本「ひみつのたからばこ」では当然のことながら普通に喋っており、元気でやや天然なところがある優しい少年となっている。
小説版では1のケンとは逆で、初心で真面目だけど頼れるという良い子寄りの性格である。
「ぼく」という一人称がゲーム内で解ることやたまにホームシックになるメンタルの弱さと、頭一つ抜けた攻守を誇る重戦車タイプの性能のギャップから「よい子寄りの性格だけどとっても頼れる」というイメージにあまりブレはないようだ。

関連イラスト

エンディングまで泣くんじゃない
Destruction


ネス
グッバイ。そしてハロー!!


こどもの日
あいつは散歩するみたいに世界を救っちまうんだ


限りなく透明に近くないブルーブルー
きらめくジャンクフード




関連タグ

MOTHERシリーズ・・・MOTHER2 MOTHER MOTHER3 MOTHERシリーズのPK一覧 マジカント
ぼく(MOTHER) ニンテン ギーグ リュカ(MOTHER) ポーキー
スマブラ・・・ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ 大乱闘スマッシュブラザーズDX 大乱闘スマッシュブラザーズX 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / for Wii U 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL 任天堂 HAL研究所
CP、グループタグ・・・ネスポラ スマブラショタトリオ スマブラショタカルテット

ネスがモデルになっていると思われる他作品キャラ
レッド(ポケモン)・・・初代ポケモンはMOTHER2をオマージュした作品である。その為か主人公もキャップ帽、リュック、自転車に乗る、隣の家の子が旅先でちょっかいを出してくるなど共通点がある。
Sans(Undertale)・・・こちらもMOTHER2をオマージュした作品。作者がMOTHER2の二次創作として作った改造ソフト「EarthBound Halloween Hack」におけるネスの成れの果てがSansだという説がある。

他の記事言語

Ness

関連記事

親記事

MOTHER2 まざーつー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8875954

コメント