ピクシブ百科事典

最低国

さいていこく

注意!MOTHER2終盤のネタバレです。
目次[非表示]

以降、ネタバレが記述がされています
ゲーム本編未プレイの方は、ゲームの面白さを損なう可能性があるので閲覧のお勧めはできません。
↓記事をスクロールするとネタバレが記載されています。閲覧は自己責任でおねがいします。↓











こうかいしませんね?


概要

MOTHER2



MOTHER2の魔境→グミの村→地底大陸を経て行く事のできる、地図には無い場所。
広大で恐竜の生き残りが闊歩する地底大陸の最奥にある洞窟の先にあるエリア。名前こそ「最低国」だが、都市も建物もないため国とは到底呼べるものではなく、飛び地だけしかない謎の場所。

ゲーム中での最低国は、現代と過去の2つの定義に分けられる。

最低国(現代)

地底大陸から入ることもできるが、そこは孤立した飛び地のみであり、その先のエリアに進むことはできない。その先のエリアに入る方法は、ネス達が旅の果てにスペーストンネル2を起動させることである。互いのエリアは孤立しており、スペーストンネル2を起動させて辿り着いたエリア側からは後戻りが出来なくなる。

ネスたちが見た光景は、謎のオブジェとポーキーに奪われたスペーストンネルの残骸とポーキーにさらわれていたと思われるどせいさんのみだった。瞬く間に完成したスペーストンネル3によってネスたちの後を追ってきたアンドーナッツ博士は、この最低国の過去にギーグがいると推測し、一行は過去の最低国に行く為にはタイムトラベルをする必要があると告げられる。
ただ、タイムトラベルには物質しか転移できず機械の体に魂を移す必要があった。念入りな準備をした一行はそれぞれ機械の体(ロボット)に魂を移しかえる。

機械の体になったネス達はスペーストンネルの時空転移のスイッチを押して過去へと旅立った。

もう戻ってこれないかもしれない可能性と共に・・・

過去の最低国

いつの時代なのかわからない過去の世界の最低国。飛び地なのは相変わらずだがどこか無機質で異様な空間が広がっており、今作のラストダンジョンとなる。
現代の最低国と明らかに違うのは、飛び地がさらに奥まで続いていること・飛び地同士を繋ぐ謎のワープ球体があること・ギーグの手先がそこかしこにいること。

スペーストンネル2で現代の最低国を訪れた時点で後戻りできないが、スペーストンネル3で過去に渡ると現代に戻ることすら出来ず、スペーストンネル3だけが生命線となる最後の拠点(セーブと回復)である。敵からアイテムを盗まれないよう、300ドル以下の食べ物はなるべく持ち込まないようにするとよい。

ギーグの城

辿り着いたのはこれまた城とは名ばかりの洞窟の入口。中に入るとそれまでの無機質的なものから生物じみた脈打つ何かがそこら中に蔓延る場所だった。
最奥に居た諸悪の根源のギーグの姿とは・・・?

よく似た場所

続編のMOTHER3にも地形が非常によく似たラストダンジョン「ノーウェア島の地下」がある。最低国同様に地底の奥深くであるらしく、最低国との違いといえば暗黒の世界でそこかしこに稲妻が走っているところがあったり、高低差のある地形となっている。

関連タグ

MOTHER2 ギーグ

pixivに投稿された作品 pixivで「最低国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 581

コメント