ピクシブ百科事典

最低国

さいていこく

『MOTHER2 ギーグの逆襲』に登場するエリアである。
目次[非表示]

※この先は、本編に関する重大なネタバレが含まれております。閲覧の際には充分ご注意下さい。








































概要

MOTHER2 ギーグの逆襲』に登場するエリアで、本作のラストダンジョン。あまりにも遠過ぎる未知場所である為なのか、地図には載っていない。
地底大陸』から繋がる洞窟の先にあるが、飛び地だけしかない上に都市建物存在していない。その為、厳密にはとは到底呼べる物ではない所となっている。

本編では、主に現代過去の2つの定義に分けられている。

作中での展開

現代の最低国

地底大陸』から入る事も出来るが、そこは孤立した飛び地のみでその先のエリアに進む事は出来ない。実際に入るには、『スペーストンネル2』の開発起動に必要な『いんせきのかけら』をネス達が『オネット』の山頂から回収しなければならない。
ただし、その乗り物で『最低国』を訪れた時点で後戻り出来なくなるので注意

紆余曲折を経て完成した『スペーストンネル2』でやって来たネス達が見たのは、オブジェポーキーに奪われた『スペーストンネル』の残骸、そして彼に攫われていたと思われるどせいさんだった。暫くして『スペーストンネル3』で到着したアンドーナッツ博士『過去の最低国』にギーグが居る推測し、そこに行く為にはタイムトラベルをする必要がある事を告げた。
しかし、タイムトラベルでは生命体をそのままワープさせる事が出来ない事やその解決法はネス達の頭脳プログラムロボット移植しなければならない事、そして仮にギーグを倒しても4人の魂が必ず現代に帰って来る保証は無い事も同時に明らかになる。

それでも、これまでの冒険を経て地球を救うという決意を固めたネス達の意思を受け入れたアンドーナッツ博士は彼らの移植手術を行い、『スペーストンネル3』で旅立つ4人を見送った。

過去の最低国

MOTHER2


いつの時代なのか分からない世界で、何処か無機質異様空間が広がっている。飛び地なのは相変わらずだが、『最低国』と明らかに違うのは飛び地が更に奥まで続いている事やそれら同士を繋ぐ謎のワープ球体があるという点である。
また、『スペーストンネル3』でここに来ると現代に戻る事すら出来ず、この乗り物だけがセーブ回復が出来る最後拠点となる。

道中のを倒した末にネス達が辿り着いた洞窟の入口の先には、無機質的な物から生物じみた何かが蔓延る場所に繋がっていた。そして、最深部に待ち構えているギーグとポーキーと対峙した時、地球の運命を賭けた最後の戦いが繰り広げられる事になる。

余談

  • MOTHER3』にも地形が非常によく似た『ノーウェア島の地下』というラストダンジョンがある。
    • こちらも地底の奥深くに存在しているが、厳密な違いとしては暗黒の世界で至る所に稲妻が走っている事や高低差のある地形となっている事である。


関連動画

原曲

作曲は2曲とも田中宏和が担当している。

  • 時空を越えろ
最低国』のBGM。


  • ザ・プレイス(その場所)
過去の最低国』のBGM。


参考楽曲

  • All You Need Is Love』(1967年)

Baby, You're a Rich Man』と共に収録されたビートルズの15枚目のシングル楽曲で、同アーティスト代表する有名な1曲。日本では『愛こそはすべて』として発売された。
本作の『最低国』で時折聞こえる独特は、本楽曲の冒頭からサンプリングした物が採用されている。


  • Deirdre』(1970年)
Sunflower』に収録されたザ・ビーチ・ボーイズの楽曲。日本では『デアドラ』として発売された。
本作の『過去の最低国』で時折聞こえる独特は、本楽曲の冒頭からサンプリングした物が採用されている。


関連タグ

MOTHER2 ラストダンジョン
ギーグ ポーキー
ネス ポーラ(MOTHER)
ジェフ(MOTHER) プー(MOTHER)

関連記事

親記事

MOTHER2 まざーつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「最低国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2293

コメント