ピクシブ百科事典

グローバルトレードステーション

ぐろーばるとれーどすてーしょん

ポケモン第四世代から追加されたインターネットを介したポケモン交換施設のこと。
目次[非表示]

きみには ともだちは いるかね?
ともだちと つうしんこうかんをすると 
しんかするポケモンが いるそうだ。

グローバルトレードステーションとは…

自身のDSをインターネット接続し、専用サーバーと接続することで世界中のプレイヤーとポケモン交換を行える施設のこと。初出はポケットモンスターダイヤモンド・パール
一般的には略称のGTS(Global Trade Station)で呼ばれる事が多い。

交換は自分が欲しいポケモンを設定し、ポケモンを預け、その条件に応じてくれるプレイヤーが現れれば、交換は成立するという仕組み。施設とは書いたが、第五世代からは全てのポケモンセンターから行くことができ、第六世代ではPSSの機能と一体化したことでついにどんな場所からでもアクセスが可能となった。

GTSで重宝されるポケモン


以上のポケモンを預けて、ルールを守って楽しくポケモン!

注意!

消滅!?

グローバルトレードステーション


長期間、引き取り手のいないポケモンはサーバーから消滅してしまうので、なるべく早めに引き取ってあげてね!

あずけられないポケモン

どんなポケモンでもトレードに出せるというわけではない。ミュウやアルセウスなどの幻のポケモンや「クラシックリボン」や「ウィッシュリボン」などの「ポケモンがだいすきである証」を身につけた特別なポケモンを預けることはできない。リボン以外にも、イベント配布の一部のポケモンは「プレシャスボール」に入っているので、すぐに見分けがつく。

…というか、ポケモンがほんとうにだいすきであるならそんなことはぜったいにしないはずである。

ポケモンXYからはメガストーンを持ったポケモンを預けることはできなくなった。どうしてもメガストーンがほしいトレーナーはローカル通信による通常の通信交換をするしかない。

都市伝説

第四世代では成立しそうにない条件をあえて要求した状態で通信進化させたいポケモンを預け、別のGTS交換を行ってから引き取ることでそのポケモンがバグにより進化するという一人通信進化にも用いられたり、BW2ではジョインアベニュー発展のためにコイルを延々と交換し続けるコイループなるものも流行った。

問題点

しかし、このシステム、実はかなりの問題を抱えており、利用したがらない人も結構いたりする。

  • 伝説希望厨
GTSで最も多いのがこれ。希望ポケモンにラティオスアルセウスなど希少度の高い伝説ポケモンを要求し、あちらは御三家、ひどい場合はそこいらの雑魚ポケモンを預けるというもの。前述の通りアルセウスは幻のポケモンで交換に出せないので、こんな条件が成立するはずがない
GTSでも欲しいポケモンを検索すると出てくるのは大半がこいつらであり、チゴラスアマルスウデッポウクズモーのようなイーブンな交換を望むプレイヤーの検索妨害と化してしまっている。GTSを利用したがらないプレイヤーが多い元凶はだいたいこれのせい。
また、基本正規での入手は不可能とされるLv10以下を希望する者も多い。これは第4世代でしか通用しない一人通信進化を引きずっている若年層が未だにいるからともいわれている。XY以降はこれらの特別なポケモンを要求するプレイヤーを検索から除外することが出来るようになったので、多少はマシになったが・・・

  • 改造
フェアな交換を望むプレイヤーに改造ポケモンを送りつける輩もGTSには多い。本来なら入手が不可能な種族の色違い(ディアンシーなど)や夢特性(サンダーなど)を送りつけてくる。上述したLv10以下伝説を希望するプレイヤーは実は最初から改造ポケモンの取引に希望している可能性も考えられている。ポケモンはどういうわけだか 対策が甘い。最近は「PokeGen」など第6世代向けの改造ツールもある為、その対策にも追われ、いたちごっこが続いている。

  • NNを使った誹謗中傷
第4世代の頃、ポケモンだいすきクラブであったGTSを用いたキャンペーンが開催されていた時期によく見られた問題。GTSで特定の外国人ユーザーが預けたポケモン(過去に出されたのはヘラクロスラルトスなど)が送られればプレゼントがもらえるという企画だったが、これに応じて「ハズレ」など相手を不快にさせるNNを意図的に使用しユーザーに送りつけるという妨害行為をする悪質ユーザーが大量発生した事で、この企画は短期ですぐに中止となった。
ポケモンBW以降、NNに規制がかかったのはこれが原因とも言われている。

  • 6V詐欺・夢特性詐欺
ポケモンを交換する側は預けられたポケモンのステータスを見ることができない事を利用した悪質な詐欺。NNに「6V」「ゆめ」などと付けてプレイヤーを釣るが、実際見てみたら個体値がゴミだったり通常特性だったりするというもの。特に悪質なのは6Vメタモンで、これは乱数調整を用いない限りはほぼ入手不可能な代物。ごくありふれた個体を努力値無振り6Vの数値に合わせて努力値で調整するなんて手の込んだ詐欺をする者さえもいる。当然一見正規に見えても改造産である可能性も捨てきれないので非常に厄介な問題である。

怒りをゲマに代弁してもらいました



廃止へ

以上、問題点こそ多かったが、ぼっちには重宝されていた機能でもある。

しかし、第八世代ではミラクル交換と統合された「マジカル交換」にとって代わられ、廃止された
これにより任意のポケモンを探す事はできなくなった為、別バージョン限定ポケモンの入手はマジカル交換で運良く流れてくるのに期待するか、別ROMを購入するか、インターネット上で開かれている有志の交換会に行くか、リアルのポケモンセンターなどに出向かなければならなくなった。

関連タグ

ポケモン

関連記事

親記事

ポケモン ぽけもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グローバルトレードステーション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6106

コメント