ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ガンテツボール

がんてつぼーる

メディアミックス作品『ポケットモンスター』シリーズに登場する、特別なモンスターボールの総称。
目次 [非表示]
  • 1 概要
  • 2 作品別の変化
  • 2.1 ポケットモンスター 金・銀・クリスタルバージョン
  • 2.2 ポケットモンスター ルビー・サファイア
  • 2.3 ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー
  • 2.4 ポケットモンスター ブラック・ホワイト
  • 2.5 ポケットモンスター X・Y
  • 2.6 ポケットモンスター サン・ムーン
  • 2.7 ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン
  • 2.8 ポケットモンスター ソード・シールド
  • 2.9 ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール
  • 2.9.1 該当するポケモン
  • 2.10 Pokémon LEGENDS アルセウス
  • 2.11 ポケットモンスター スカーレット・バイオレット
  • 3 ガンテツボール一覧
  • 3.1 ルアーボール
  • 3.2 ムーンボール
  • 3.3 ヘビーボール
  • 3.3.1 『Pokémon LEGENDS アルセウス』版:ヒスイのヘビーボール
  • 3.4 レベルボール
  • 3.5 スピードボール
  • 3.6 ラブラブボール
  • 3.7 フレンドボール
  • 4 ガンテツボールで入手出来るポケモン一覧
  • 4.1 タマゴでの遺伝が可能
  • 4.1.1 カントー地方のポケモン
  • 4.1.2 ジョウト地方のポケモン
  • 4.1.3 ホウエン地方のポケモン
  • 4.1.4 シンオウ地方のポケモン
  • 4.1.5 イッシュ地方のポケモン
  • 4.1.6 カロス地方のポケモン
  • 4.1.7 アローラ地方のポケモン
  • 4.1.8 ガラル地方のポケモン
  • 4.1.9 パルデア地方のポケモン
  • 4.2 タマゴでの遺伝が不可能
  • 5 関連タグ
  • 6 外部リンク
  • 概要編集

    主に『ポケットモンスター 金・銀・クリスタルバージョン』及び『ハートゴールド・ソウルシルバー』に登場するガンテツぼんぐりを用いて作る特殊なモンスターボールの俗称。


    ぼんぐりの色によって作られるモンスターボールは異なり、計7種類が存在する。いずれも個性的なデザインをしており、そのためオシャレボールとして非常に人気が高い。


    ガンテツボールを使用できるのは初登場の『金・銀・クリスタルバージョン』、『ハートゴールド・ソウルシルバー』、『ウルトラサン・ウルトラムーン』、『ソード・シールド』、『スカーレット・バイオレット』のみとなっており、非常に貴重なボールであるといえる。


    ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』のゲーム内では「ぼんぐりで作ったボール」という公式名称が使われている。


    作品別の変化編集

    ポケットモンスター 金・銀・クリスタルバージョン編集

    ガンテツボールが初登場した作品。

    各所から集めて来たぼんぐりヒワダタウンのガンテツに預けることで入手可能。ただし、1日に預けられるのは1色のぼんぐりのみで、さらに全て職人の手作業で行っているため完成には丸1日掛かる。

    『金・銀』では1日1個しか預けることが出来なかったが、『クリスタルバージョン』では同じ色のぼんぐりに限り99個まで預けることが可能となった。


    しかし、一部ボールは本来の性能が発揮されないバグがある

    当時は容量の都合上、ステータス画面にボールの模様は反映されない。各種バーチャルコンソールから『ポケムーバー』を使い『ポケモンバンク』へ転送した場合も、捕獲したボールはモンスターボール固定になる。

    ちなみに、ガンテツボールの売値は¥75であるが加工前のぼんぐりは¥100。

    どういうことなの?


    ポケットモンスター ルビー・サファイア編集

    ガンテツボールは入手不可。前作までとの互換性が切れているため、通信交換での送信も不可。

    なおハード性能向上により、この作品からステータス画面でどのボールで捕まえたか確認出来るようになった。


    ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー編集

    『金・銀』のリメイクである本作でも再度入手可能となった。『クリスタルバージョン』同様、同じボールを99個までまとめて作ってもらえる。効果が変更されたスピードボール以外は原作にあったバグも解消された。

    ガンテツボールをポケモンに持たせられないため『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』へは送れない。また、ガンテツボールで捕獲したポケモンを『ダイヤモンド・パール』に送るとボールのグラフィックがモンスターボールに変わるが、内部データとしては保持されている。


    ポケットモンスター ブラック・ホワイト編集

    ボール入手こそ出来ないものの、グラフィックデータは残っており、『ハートゴールド・ソウルシルバー』より転送すればステータス画面にしっかりとガンテツボールが反映される。


    ポケットモンスター X・Y編集

    相変わらず入手自体は出来ないが、子のポケモンに親(当時は♀のみ)のボールが遺伝するようになり、孵化厳選が当たり前のポケモン廃人からの人気が高まった。

    ただし当時の仕様の都合上、対戦で使うと隠れ特性でないことがバレるという弊害も存在した。


    ポケットモンスター サン・ムーン編集

    同種での交配(※)のみ♂のボールも遺伝するようになった他、通常プレイでは各種1個ずつではあるが入手可能になった。さらにこれまでモンスターボールと同様だったエフェクトも種類ごとに個性的なものに変更された。


    ※忘れてしまいそうであるが、ニドランは名前こそ同じであってもニドラン♂ニドラン♀異なる種類のポケモンである。


    これによって「『ブラック・ホワイト』以降のポケモンかつ隠れ特性でガンテツボール入り」といった組合わせも可能となり、これまでオシャボとしてガンテツボールを使用することの問題点(エフェクトはオシャレではない、『ハートゴールド・ソウルシルバー』までのポケモンのみ対応、隠れ特性ではないとバレる)が粗方改善された。とはいえ、その場合は過去作限定技を持っていないことがバレるが。


    またエフェクト追加も手伝って、サファリボールと並んでオシャボとしての人気が爆発的に上昇した。


    ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン編集

    ストーリー進行中での入手に加えて、バーチャルコンソールの『金・銀・クリスタルバージョン』から連れて来たポケモンを手持ちに入れてゲームフリークのスタッフに見せることで更にもう1個ずつ入手できる。


    ポケットモンスター ソード・シールド編集

    各地のスタジアムにいるボールガイからストーリー進行中に1個ずつ貰える。またクリア後のトーナメントで優勝した際にもボールガイから貰えることがあるが、こちらは超低確率でしか手に入らない。

    後に発表されたDLC「鎧の孤島」にて、新エリア「ヨロイじま」でぼんぐりが追加アイテムとして手に入り、合成マシン・ウッウロボにより『ハートゴールド・ソウルシルバー』以来の作成が可能となった。ちなみに、ガンテツボールを始めとするレアなボールが生成された際には、吐き出す際に虹色の独特のエフェクトを伴って排出されて来る。


    しかしウッウロボの作成者ハイドも言及しているが、科学の力をもってしても職人の技を完璧に再現することは不可能であったらしく、こちらも排出率は1%と恐ろしく低い。このため、運が悪いとぼんぐりを1000個つぎ込んでも1つも出ないこともザラである。その一方で、何の気なしに適当に放り込んでみると1発でレアボールになった…なんてことも起こる。例のセンサーがここでも大活躍である。


    『ウルトラサン・ウルトラムーン』と異なり入手個数制限がなくなったとはいえ、量産難易度は依然として高い。

    このため現在もガンテツボールは高いレアリティを保ち続けており、交換等でもガンテツボール入りポケモンや、ガンテツボール自体が取引交渉材料に使われることも珍しくない。


    当然この点に関しては批判の声も多い。

    一応公式もガンテツボールを欲するプレイヤー要望にまったく応えていないという訳ではなく、ボールガイチャレンジや幻のポケモンゲットチャレンジ等の企画で何度か配布を行っている。しかし、それでもまだまだ不十分であるという意見は多いようだ。


    なお、ボールガイが持っているガンテツボールを製作しているのが誰なのか、何故そんな貴重なボールをボールガイが持っていたのかについては不明である(彼のリーグカードにもわざわざ「不明」と書かれている)。


    ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール編集

    ゲーム中での入手手段はなく、セブンイレブンでの早期購入特典でのみ入手可能。『ダイヤモンド・パール』では不可能であった一般ポケモン・幻のポケモンのガンテツボールが解禁されている。

    該当するポケモン編集


    Pokémon LEGENDS アルセウス編集

    ヘビーボールのみが登場。とはいえ名前とビジュアル以外はほぼ別物のボールであるが(後述)。

    本作ではプレイヤー自身がぼんぐりよりボールを製作する

    フィールドのあちこちで採取可能な茶色のぼんぐり(ちゃぼんぐり)と各種鉱石系アイテムを組合わせることで様々なボールを現地調達出来るようになった。

    非職人の主人公が作るとはいえ、ウッウロボのように失敗したりすることもないので安心である。


    ポケットモンスター スカーレット・バイオレット編集

    パルデア図鑑を一定数埋めるとラブラブボール以外は1個ずつ手に入る。

    当初はDLCが存在しなかったためこの点についての不満もあったようであるが、DLCが来るとキタカミ図鑑・ブルーベリー図鑑でラブラブボールが1個ずつ、合計2個入手出来ることが分かり、救済措置として機能することがわかった。


    DLC無しで揃えたいという方はマリナードタウンの競りの商品やクリア後の「学校最強大会」の優勝賞品としても低確率で手に入るのでそちらを狙うと良い。ラブラブボールも問題なく入手可能である。

    日付変更バグでマリナードタウンの競りを厳選すれば、運が良ければ1時間に2 - 3個のペースで入手できる(ただし、バグを利用したプレイイングは限りなく黒に近いグレーといえるものであるため、やるなら自己責任で。また、運が悪いと1時間延々とリセマラしても店に出て来ない時もある)。金策も並行しながら行うのであれば、学校最強大会を周回しつつ夜が明けたらマリナードタウンへ赴き、競りのラインナップにガンテツボールが入っているか否かを確認するという行程を繰返すのが良いであろう。


    また、DLC『ゼロの秘宝 後編:藍の円盤』にて、科学部にBPを寄付することによって得られる「どうぐプリンター」(ランク3以上)にポケモンの落とし物とBPを入れることでウッウロボ同様に極低確率で生成されるようになった。今回は一気に3つや4つなど生成されることがあるが、ショップボールも含めてのものであることに注意していただきたい。

    なお、マスターボールやサファリボール、コンペボールなども生成される。

    ちなみにガンテツボールやサファリボール、コンペボール、マスターボールなどの貴重なボールが排出される際は虹色の特殊な演出を伴って排出される


    ガンテツボール一覧編集

    ルアーボール編集

    ルアーボール

    あおぼんぐりから作られる。水色のメインカラーに赤いアクセント、黄色で描かれた漢字の「川」のような意匠が特徴。

    性能的には釣竿で釣れたポケモンが捕まえやすい。捕獲率はモンスターボールの3倍。『スカーレット・バイオレット』では釣りが廃止となったため、ダイブボールと同じ効果となり、捕獲率も5倍へ変更された。が、この性能は現在バグによって機能していないことが判明している。


    みずポケモン用オシャボといえば、他にダイブボール(と一応ネットボール)もあるので、このボールの人気はそれなり。


    『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではメインカラーが緑色となっていたが、これは公式絵だと青の色が青緑に近いため、それを緑方面に解釈してしまった結果であると思われる。『ブラック・ホワイト』で青色に修正された。


    『サン・ムーン』ではつりびとが使用する。


    サトシワニノコはこのボールに収められているが、ゲームでは長らく再現出来なかった。

    しかし、『サン・ムーン』のしまスキャンや、『藍の円盤』のテラリウムドームでワニノコが野生で出現するようになり、遂にサトシのワニノコの再現が可能となった。



    ムーンボール編集

    ムーンボールアイコン

    きぼんぐりより作られる。左半分は日没後を思わせる青緑、右半分は闇夜を思わせる黒、そしてその2色をギザギザの区切りで分け、頂点には大きな三日月が描かれているデザイン。

    ほとんど黄色い部分が見当たらないが理由は不明。

    ピッピなどの「つきのいし」で進化するポケモンが捕まえやすい。


    条件が合えば捕獲率はモンスターボールの4倍であるが、金銀では設定ミスによりこの倍増効果が正しく働いていなかった。

    ミスによりやけどなおしで進化するポケモンに有効というおかしな事態’『金・銀・クリスタルバージョン』の“やけどなおし”と『赤・緑』の“つきのいし”は内部番号が一致しているためのミスとされる)。『ハートゴールド・ソウルシルバー』以降は修正されている。

    働いていたところで、『金・銀』当時は4匹しかいないつきのいしで進化するポケモンと遭遇するのはかなり後になってからなのであるが。


    ヘビーボールやラブラブボールと並んでデザインの人気が高く、効果を敢えて度外視しイメージ重視でミミロップリングマ(&ガチグマ)、ゲンガールナアーラなどが収められる傾向にある。というよりかはつきのいしで進化するポケモンは軒並み月要素がない奴ばかりなので本来の機能で使われることの方が少ない。『ポケットモンスター X・Y』で登場したムーンフォースという新技に因んで、ラルトスフラベベなどに使われることも。



    ヘビーボール編集

    ヘビーボールアイコン

    くろぼんぐりから作られる。紺色の突起物に加え、鉛のような鈍色が如何にもその重量を感じさせるボール。

    名前の通り、体重が重いポケモンが捕まえやすい。重ければ重い程補正が掛かるため、カビゴングラードン捕獲にうってつけ。


    なおこのボールは、ボール固有の捕まえられる確率ではなくポケモンの捕まえやすさそのものに補正をかける上に、体重の軽いポケモンに使うと捕獲率が下がってしまうという固有の特徴を持つ。

    サン・ムーンでは、デザイン相性こそぴったりであるが、体重が軽い進化前の状態でしか捕まえられず、捕捉率も非常に低いダンバルのヘビーボール入り個体がGTSなどで出回り、果たしてこれは改造か否かという論争が巻き起こった。

    現在の結論としては「『ウルトラサン・ウルトラムーン』でのロトポンを使った状態で漸く超低確率でゲット出来るが、それがない『サン・ムーン』では絶対にゲット出来ない」ということとなっている。

    『ソード・シールド』や『スカーレット・バイオレット』では確定で捕獲出来るマックスレイドバトルテラレイドバトルにダンバル系が出現するため、ヘビーボール入りダンバル入手難易度は劇的に下がった。


    無骨なデザインから、体色に寒色系が多くボールの効果も乗りやすいいわじめんはがねタイプとは非常に相性がよい。実際ゲーム中でもブルベリーグ四天王のはがね使いネリネは手持ち6匹全てをこのボールに収めている。

    XYのポケモンバンク解禁直後はデザイン重視でこのボールと相性最悪のエアームドをボールに収めるのが流行った。こちらも『ソード・シールド』のマックスレイドバトルやダイマックスアドベンチャーを利用することで楽にヘビーボールに収めることが可能となった。

    またごく稀にネタ要素の再現としてピッピを入れる人もいる。

    ちなみに、『金・銀』当時、最大限の威力を発揮したのはカビゴンとルギアの2匹だけ。


    『Pokémon LEGENDS アルセウス』版:ヒスイのヘビーボール編集

    ゴールデンアルセウス

    本編とは異なり、材料に使用されているのはくろぼんぐりではなくちゃぼんぐりであり、「重いポケモンを捕まえやすいから」ではなく「ボール自体が重いから」ヘビーボールと名がついている似て非なるアイテムである(一応形状や色合いは従来のヘビーボールを意識している)。


    ポケモンカードゲームでは「ヒスイのヘビーボール」と区別されている。


    先述した通り材料だけでなく効果までもが本編とは全く異なっており、こちらに気付いていないポケモンが捕まえやすくなる効果になっている。ただし、重くて遠くまで飛びにくい(=かなり接近して投げないと当たらない)ため、基本的には各種きのみやめかくしだま等のポケモンの目を攪乱するアイテムと併用することとなる。昼寝中のポケモンは静かに歩けば起きないので、急ぐ必要がなければ忍び足で近付いてヘビーボールを投げるというのでも可。

    気付かれずに接近することさえ出来れば、捕獲率が低いポケモンもそれなりの確率で捕まえられるので、使い方のコツさえ掴んでしまえばかなり役に立つボールである。オヤブンを捕まえたい時にも重宝することだろう。

    本家とは違いピッピ捕獲の際にも活躍してくれる。


    強化版として、「メガトンボール」「ギガトンボール」も存在。こちらはより飛距離が落ちる代わりにポケモンの捕まえやすさがさらに上がっている。


    レベルボール編集

    ブースター

    あかぼんぐりから作られる。黒と鮮やかな辛子色(『ソード・シールド』以降は山吹色に近い色合いになっている)のツートンカラー(ドット絵だと黒と薄い茶色)に、赤色の「L」とも「V」とも「レ」とも取れるマークが入っているのが特徴。

    自分のポケモンと比較して、相手のポケモンのレベルが低い程捕まえやすくなる。そのため、ネストボールよりも使いやすい。捕獲率は最大8倍。


    ただカラー傾向がハッキリしていないためか、他ボールと比べると、特別このボールに収めたいという拘りを見せるトレーナーは少ない傾向にある。

    アイテムアイコンで少し赤色に見えるからなのか、『サン・ムーン』以降はほのおタイプを中心に収める人が増えているようである。

    また、薄い茶色と「V」のマークから、イーブイに使う人もいる。



    スピードボール編集

    センシティブな作品

    しろぼんぐりから作られる。通常のモンスターボールをベースに、左右に丸い黄色のアクセントを配置、中心部に「S」のようなマークが入ったようなデザインをしている。赤と黄色のボールなのであるが、ドット絵だとベースになったモンスターボールの赤が薄い色のため、橙と黄色のボールに見える。


    『金・銀』では「逃げるポケモンが捕まえやすい」という触れ込みであったが、プログラムミスによりコイルモンジャラベトベターの3匹のみにしか補正がかからなかった。

    そのため、フィールドを徘徊し逃げ回るスイクンエンテイライコウには各種攻略本で使用を推奨されていたにもかかわらず効果がなく、期待していた子供達をガッカリさせた。

    『ハートゴールド・ソウルシルバー』以降は「素早さ種族値が100以上のポケモンが捕まえやすい」という仕様へ変更された。三犬のうち、ライコウ、エンテイがこの条件を満たすため、安心して使える。スイクンは対象外なものの固定シンボルなので安心。


    通常のモンスターボールと余りデザインに違いがないためなのか、人気はそれなりといったところ。

    一応、黄色×赤(橙)という暖色構成のため、デザイン的には素早さが高めのでんきタイプほのおタイプとの相性が良い。特にロトム色違いのすがたエレザードなどにはピッタリ。



    ラブラブボール編集

    ラブラブボールアイコン

    ももぼんぐりから作られる。濃いピンク色をベースに、白く縁取られた大きな淡桃色のハートマークが特徴。

    同種の性別の違うポケモンが捕まえやすい…はずが、こちらもプログラムミスで『金・銀』では同種同性に効果を発揮するというアレ過ぎる効果だった。こちらも『ハートゴールド・ソウルシルバー』以降は修正されている。

    同種のポケモンでなければ効果がないことは攻略本でもあまり触れられていない。第二世代以外では、相手と異なる性別のドーブルに変身を使わせることでラブラブボールの効果を発動させることが可能。



    ピンク系統の色合いからプクリンのようなファンシー系ポケモンに使用され、ヒールボールと比べ、より色の濃いポケモンと相性が良い。

    『サン・ムーン』以降はハート型のエフェクトが出るようになり、視覚的にもより楽しめるボールとなった。推しポケを入れてみるのも良いだろう。



    フレンドボール編集

    リーフィアとフレンドボール

    みどぼんぐりから作られる。緑色のベースカラーに、絵の具のような赤の挿し色が4箇所、そして中心部に黄色の差し色が入っている。

    捕獲率こそモンスターボールと同じであるが、捕まえた時点でかなり懐いている状態となる。

    ラッキーミミロルゴルバットなどと相性が良い。ただし、ヒールボールやゴージャスボール同様、遺伝させた場合は効果が発揮されないので注意されたい。


    オシャレボールとしては緑色のポケモンに使われることが多いが、ネストボールと色が被るのが難点。葉っぱのようなエフェクトが出ることから、主にくさタイプに使用されることが多い。

    しかし、『金・銀』では、ハイパーボールと同じオレンジと黄色だった。

    漫画『ポケットモンスターSPECIAL』ではヒメグマ捕獲に使用されている。


    『サン・ムーン』ではポケモンブリーダーが使用する。


    最近ではゴージャスボールの存在もあるため、希少性やおしゃれが重視され、仲良くなりたいポケモンに投げるという本来の用途で使われることはあまり多くない。

    本来の用途を重視した使い道としては、友情ゲットのような側面も無くはない『サン・ムーン』におけるソルガレオルナアーラの強制捕獲時や、『ウルトラサン・ウルトラムーン』で暴れ回ったネクロズマに投げて仲良くなろうとしたプレイヤー等がいるようだ。

    また、『スカーレット・バイオレット』では、カラーリングの相性がこの上なくピッタリなテツノイサハが登場。期間限定で開催されたテラレイドバトルにおいては、どのボールでも確定で捕獲ができるということで、このフレンドボールで捕獲したユーザーが数多く見られた(同じく、最強レイドで登場したジュナイパーヒスイのすがたも)、ブリガロンゴリランダーに対しても良く使用されていた)。また、同作DLC「ゼロの秘宝」に登場するオーガポンは、カラーリングや友情ゲットのような側面、さらには公式のキャンペーンで事前配布が行われていたこともあり、フレンドボールで捕獲したプレイヤーが多かったという。

    【SV】もうひとりじゃないよ


    ガンテツボールで入手出来るポケモン一覧編集

    固定シンボルは1度限り、バージョン限定や日替わり限定出現ポケモンもいるので注意。各種リージョンフォームは初登場のポケモンがいる地方に記述。

    HG…ハートゴールド SS…ソウルシルバー US…ウルトラサン UM…ウルトラムーン 剣…ソード(DLC含) 盾…シールド(DLC含) スカ…スカーレット バイ…バイオレット

    △…期間限定


    タマゴでの遺伝が可能編集

    進化形まで書くと記事の量が膨大になるので、未進化ポケモンのみ表記(そのバージョンでは進化での入手不可能なリージョンフォームポケモンは例外として記述する)。

    タマゴを作るのにおこうが必要なポケモンは、おこうが不要なポケモンの項に表記。


    カントー地方のポケモン編集

    種族HGSSサンムーンUSUMBDSPスカバイ
    フシギダネ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ヒトカゲ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ゼニガメ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    キャタピー
    ビードル○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ポッポ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    コラッタ
    アローラコラッタ
    オニスズメ
    アーボ
    アローラライチュウ
    サンド
    アローラサンド
    ニドラン♀※1
    ニドラン♂
    ロコン
    アローラロコン
    ズバット
    ナゾノクサ
    パラス
    コンパン
    ディグダ
    アローラディグダ
    ニャース
    アローラニャース
    ガラルニャース
    コダック
    マンキー
    ガーディ
    ヒスイガーディ
    ニョロモ
    ケーシィ
    ワンリキー
    マダツボミ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    メノクラゲ
    イシツブテ
    アローライシツブテ
    ポニータ
    ガラルポニータ
    ヤドン
    ガラルヤドン
    コイル
    カモネギ
    ガラルカモネギ
    ドードー
    パウワウ
    ベトベター
    アローラベトベター
    シェルダー
    ゴース
    イワーク○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    スリープ
    クラブ
    ビリリダマ
    ヒスイビリリダマ
    タマタマ
    アローラナッシー
    カラカラ
    アローラガラガラ
    ベロリンガ
    ドガース
    サイホーン○(しまスキャン)○(しまスキャン)○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ラッキー(ピンプク)
    モンジャラ
    ガルーラ
    タッツー○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    トサキント
    ヒトデマン
    バリヤード(マネネ)
    ストライク
    カイロス
    ケンタロス
    パルデアケンタロス
    コイキング
    ラプラス
    イーブイ
    ポリゴン
    オムナイト
    カブト
    プテラ
    カビゴン(ゴンベ)○(固定シンボル)○(固定シンボル)
    ミニリュウ

    ※1…進化するとタマゴを作れなくなる


    ジョウト地方のポケモン編集

    種族HGSSサンムーンUSUMBDSPスカバイ
    チコリータ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ヒノアラシ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ヒスイバクフーン
    ワニノコ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    オタチ
    ホーホー
    レディバ
    イトマル
    チョンチー
    ピチュー
    ピィ
    ププリン
    トゲピー○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ネイティ
    メリープ
    マリル(ルリリ)○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ウソッキー(ウソハチ)○(固定シンボル)○(固定シンボル)
    ハネッコ
    エイパム
    ヒマナッツ
    ヤンヤンマ○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    ウパー○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    パルデアウパー
    ヤミカラス
    ムウマ
    ソーナンス(ソーナノ)
    キリンリキ
    クヌギダマ
    ノコッチ
    グライガー
    ブルー
    ハリーセン
    ヒスイハリーセン
    ツボツボ
    ヘラクロス
    ニューラ
    ヒスイニューラ
    ヒメグマ
    マグマッグ○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    ウリムー○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    サニーゴ
    ガラルサニーゴ
    テッポウオ
    デリバード
    マンタイン(タマンタ)
    エアームド
    デルビル
    ゴマゾウ
    オドシシ
    ドーブル
    バルキー
    ムチュール
    エレキッド
    ブビィ
    ミルタンク
    ヨーギラス

    ホウエン地方のポケモン編集

    種族HGSSサンムーンUSUMBDSPスカバイ
    キモリ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    アチャモ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ミズゴロウ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ポチエナ○(大量発生)○(大量発生)
    ジグザグマ○(ホウエンサウンド)○(ホウエンサウンド)
    ガラルジグザグマ
    ケムッソ
    ハスボー○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    タネボー○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    スバメ○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    キャモメ○(大量発生)○(大量発生)
    ラルトス○(大量発生)○(大量発生)○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    アメタマ
    キノココ
    ナマケロ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ツチニン
    ゴニョニョ○(ホウエンサウンド)○(ホウエンサウンド)
    マクノシタ○(ホウエンサウンド)○(ホウエンサウンド)
    ノズパス
    エネコ
    ヤミラミ○(大量発生)
    クチート○(大量発生)
    ココドラ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    アサナン○(シンオウサウンド)○(シンオウサウンド)○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    ラクライ
    プラスル○(ホウエンサウンド)○(ホウエンサウンド)
    マイナン○(ホウエンサウンド)○(ホウエンサウンド)
    バルビート
    イルミーゼ
    ロゼリア(スボミー)○(シンオウサウンド)○(シンオウサウンド)○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ゴクリン○(大量発生)
    キバニア
    ホエルコ
    ドンメル○(ホウエンサウンド)○(ホウエンサウンド)
    コータス
    バネブー○(ホウエンサウンド)○(ホウエンサウンド)○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    パッチール○(ホウエンサウンド)○(ホウエンサウンド)
    ナックラー
    サボネア
    チルット○(大量発生)○(大量発生)○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    ザングース
    ハブネーク
    ルナトーン
    ソルロック
    ドジョッチ○(大量発生)○(大量発生)
    ヘイガニ
    ヤジロン○(大量発生)
    リリーラ
    アノプス
    ヒンバス
    ポワルン
    カクレオン
    カゲボウズ
    ヨマワル
    トロピウス
    チリーン(リーシャン)○(シンオウサウンド)○(シンオウサウンド)
    アブソル○(ホウエンサウンド)○(ホウエンサウンド)
    ユキワラシ
    タマザラシ○(しまスキャン)○(しまスキャン)○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    パールル○(大量発生)○(大量発生)
    ジーランス○(大量発生)○(大量発生)
    ラブカス○(大量発生)○(大量発生)
    タツベイ
    ダンバル

    シンオウ地方のポケモン編集

    種族HGSSサンムーンUSUMBDSPスカバイ
    ナエトル○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ヒコザル○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ポッチャマ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ムックル○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ビッパ○(シンオウサウンド)○(シンオウサウンド)
    コロボーシ○(大量発生)○(大量発生)
    コリンク○(シンオウサウンド)○(シンオウサウンド)○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ズガイドス
    タテトプス
    ミノムッチ
    ミツハニー
    パチリス
    ブイゼル○(シンオウサウンド)○(シンオウサウンド)○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    チェリンボ
    カラナクシ
    フワンテ
    ミミロル○(大量発生)○(大量発生)
    ニャルマー
    スカンプー
    ドーミラー
    ペラップ○(シンオウサウンド)○(シンオウサウンド)
    ミカルゲ
    フカマル
    リオル
    ヒポポタス○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    スコルピ○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    グレッグル
    マスキッパ○(シンオウサウンド)○(シンオウサウンド)
    ケイコウオ
    ユキカブリ○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    ロトム○(しまスキャン)○(しまスキャン)

    イッシュ地方のポケモン編集

    種族サンムーンUSUMスカバイ
    ツタージャ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ポカブ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ミジュマル○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ヒスイダイケンキ
    ミネズミ
    ヨーテリー
    チョロネコ
    ヤナップ
    バオップ
    ヒヤップ
    ムンナ
    マメパト
    シママ
    ダンゴロ
    コロモリ
    モグリュー
    タブンネ○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    ドッコラー○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    オタマロ
    ナゲキ
    ダゲキ
    クルミル○(しまスキャン)○(しまスキャン)○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    フシデ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    モンメン
    チュリネ
    バスラオ○(赤)○(青)○(赤)○(青)
    メグロコ
    ダルマッカ
    ガラルダルマッカ
    マラカッチ
    イシズマイ○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    ズルッグ
    シンボラー○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    デスマス
    ガラルデスマス
    プロトーガ
    アーケン
    ヤブクロン
    ゾロア
    ヒスイゾロア
    チラーミィ
    ゴチム○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ユニラン○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    コアルヒー○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    バニプッチ
    シキジカ
    エモンガ
    カブルモ
    タマゲタケ
    プルリル
    ママンボウ
    バチュル
    テッシード
    ギアル○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    シビシラス○(しまスキャン)○(しまスキャン)○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    リグレー
    ヒトモシ○(しまスキャン)○(しまスキャン)○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    キバゴ○(しまスキャン)○(しまスキャン)○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    クマシュン
    フリージオ
    チョボマキ
    マッギョ○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    ガラルマッギョ
    コジョフー
    クリムガン
    ゴビット
    コマタナ
    バッフロン
    ワシボン
    バルチャイ
    クイタラン
    アイアント
    モノズ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    メラルバ

    カロス地方のポケモン編集

    種族サンムーンUSUMスカバイ
    ハリマロン○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    フォッコ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ケロマツ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    ホルビー
    ヤヤコマ
    コフキムシ○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    シシコ
    フラベベ
    メェークル
    ヤンチャム
    トリミアン
    ニャスパー
    ヒトツキ○(しまスキャン)○(しまスキャン)○(しまスキャン)○(しまスキャン)
    シュシュプ
    ペロッパフ
    マーイーカ
    カメテテ○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    クズモー
    ウデッポウ
    エリキテル○(ウルトラワープライド)○(ウルトラワープライド)
    チゴラス
    アマルス
    ルチャブル
    デデンネ
    メレシー
    ヌメラ
    クレッフィ
    ボクレー
    バケッチャ
    カチコール
    オンバット

    アローラ地方のポケモン編集

    種族サンムーンUSUMスカバイ
    モクロー
    ヒスイジュナイパー
    ニャビー
    アシマリ
    ツツケラ
    ヤングース
    アゴジムシ
    マケンカニ
    オドリドリ
    アブリー
    イワンコ
    ヨワシ
    ヒドイデ
    ドロバンコ
    シズクモ
    カリキリ
    ネマシュ
    ヤトウモリ
    ヌイコグマ
    アマカジ
    キュワワー
    ヤレユータン
    ナゲツケサル
    コソクムシ
    スナバァ
    ナマコブシ
    メテノ
    ネッコアラ
    バクガメス
    トゲデマル
    ミミッキュ
    ハギギシリ
    ジジーロン
    ダダリン
    ジャラコ

    ガラル地方のポケモン編集

    種族スカバイ
    サルノリ
    ヒバニー
    メッソン
    ホシガリス
    ココガラ
    サッチムシ
    クスネ
    ヒメンカ
    ウールー
    カムカメ
    ワンパチ
    タンドン
    カジッチュ
    スナヘビ
    ウッウ
    サシカマス
    エレズン
    ヤクデ
    タタッコ
    ヤバチャ
    ミブリム
    ベロバー
    マホミル
    タイレーツ
    バチンウニ
    ユキハミ
    イシヘンジン
    コオリッポ
    イエッサン
    モルペコ
    ゾウドウ
    ジュラルドン
    ドラメシヤ

    パルデア地方のポケモン編集

    種族スカバイ
    ニャオハ
    ホゲータ
    クワッス
    グルトン
    タマンチュラ
    マメバッタ
    パモ
    ワッカネズミ
    パピモッチ
    ミニーブ
    イキリンコ
    コジオ
    カルボウ
    ズピカ
    カイデン
    オラチフ
    シルシュルー
    アノクサ
    ノノクラゲ
    ガケガニ
    カプサイジ
    シガロコ
    ヒラヒナ
    カヌチャン
    ウミティグダ
    オトシドリ
    ナミイルカ
    ブロロン
    モトトカゲ
    ミミズズ
    キラーメ
    ボチ
    カラミンゴ
    アルクジラ
    ミガルーサ
    ヘイラッシャ
    シャリタツ
    セビエ
    チャデス

    タマゴでの遺伝が不可能編集

    種族HGSSサンムーンUSUMBDSPスカバイ
    メタモン
    フリーザー
    Gフリーザー
    サンダー
    Gサンダー
    ファイヤー
    Gファイヤー
    ミュウツー
    ミュウ
    アンノーン
    ライコウ
    エンテイ
    スイクン
    ルギア
    ホウオウ
    セレビィ
    レジロック
    レジアイス
    レジスチル
    ラティアス※1
    ラティオス※2
    グラードン
    カイオーガ
    レックウザ○※3○※3
    ジラーチ
    デオキシス
    ユクシー
    エムリット
    アグノム
    ディアルガ
    パルキア
    ヒードラン
    レジギガス
    ギラティナ
    クレセリア
    フィオネ
    マナフィ
    ダークライ
    シェイミ
    アルセウス○※4○※4
    ビクティニ
    コバルオン
    テラキオン
    ビリジオン
    トルネロス
    ボルトロス
    レシラム
    ゼクロム
    ランドロス
    キュレム
    ケルディオ
    メロエッタ
    ゲノセクト
    ゼルネアス
    イベルタル
    ジガルデ
    ディアンシー
    フーパ
    ボルケニオン
    タイプ:ヌル
    シルヴァディ
    カプ・コケコ
    カプ・テテフ
    カプ・ブルル
    カプ・レヒレ
    コスモッグ
    コスモウム
    ソルガレオ
    ルナアーラ
    ウツロイド
    マッシブーン
    フェローチェ
    デンジュモク
    テッカグヤ
    カミツルギ
    アクジキング
    ネクロズマ
    マギアナ
    マーシャドー
    ベベノム
    アーゴヨン
    ツンデツンデ
    ズガドーン
    ゼラオラ
    メルタン
    メルメタル
    パッチラゴン○※5○※5
    パッチルドン○※5○※5
    ウオノラゴン○※5○※5
    ウオチルドン○※5○※5
    ザシアン
    ザマゼンタ
    ムゲンダイナ
    ダクマ
    ウーラオス
    ザルード
    レジエレキ
    レジドラゴ
    ブリザポス
    レイスポス
    バドレックス
    ラブトロス
    イダイナキバ
    サケブシッポ
    アラブルタケ
    ハバタクカミ
    チヲハウハネ
    スナノケガワ
    テツノワダチ
    テツノツツミ
    テツノカイナ
    テツノコウベ
    テツノドクガ
    テツノイバラ
    コレクレー
    チオンジェン
    パオジアン
    ディンルー
    イーユイ
    トドロクツキ
    テツノブジン
    コライドン
    ミライドン
    ウネルミナモ
    テツノイサハ
    イイネイヌ
    マシマシラ
    キチチギス
    オーガポン
    ウガツホムラ
    タケルライコ
    テツノイワオ
    テツノカシラ
    テラパゴス
    モモワロウ◯※6◯※6

    ※1…ソフト内で「なぞのすいしょう」を受け取っていればSSでもガンテツボールで捕獲可能

    ※2…ソフト内で「なぞのすいしょう」を受け取っていればHGでもガンテツボールで捕獲可能

    ※3…それぞれ『ハートゴールド・ソウルシルバー』で入手したカイオーガ・グラードンを両方手持ちに入れる必要がある

    ※4…『Pokémon LEGENDS アルセウス』のクリアデータとの連動が必要

    ※5…隠れ特性限定

    ※…ふしぎなおくりもので「まぼろしモモン」を受け取る必要有り。


    関連タグ編集

    モンスターボール ポケットモンスター

    ポケットモンスター 金・銀 ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー

    ガンテツ オシャボ


    サファリボール コンペボール ドリームボール

    かつて過去作限定であったが復刻したモンスターボール。


    外部リンク編集

    関連記事

    親記事

    モンスターボール もんすたーぼーる

    子記事

    兄弟記事

    pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

    pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20573

    コメント

    問題を報告

    0/3000

    編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
    問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

    報告を送信しました

    見出し単位で編集できるようになりました