ピクシブ百科事典

ハイパーボール

はいぱーぼーる

ハイパーボールとはポケモンシリーズに登場するモンスターボールのバリエーションの一種である。
目次[非表示]

データ

初登場第1世代
効果特になし(捕獲率はモンスターボールの2倍)
値段1200円(第1〜6世代)→800円(第7世代〜)
英語名Ultra B


概要

初代から登場するモンスターボールの一種。
黒のボディに黄色いHの文字が描かれたようなデザインが特徴で、モンスターボールの上位種スーパーボールを開発したシルフカンパニーがさらなる上位種として開発した。

捕獲率はモンスターボールの2倍(初代のみ1.6倍)。
状況によってこの値が変動することはなく、全てのポケモンに対して安定して効果を発揮する。

フレンドリィショップで購入する時の価格は800円(第6世代までは1200円)。
捕獲率2倍に対して価格はモンスターボールの4倍~6倍と、コストパフォーマンスはあまり良くない。
USUMではロトムパワーのやすうりポンというものを使用する事で400円で購入できる。

現在のデザインになる前は、無地の緑色…ばっさり言えばモンスターボールを緑に塗っただけという地味なデザインだった。初代アニメの第1話でイワーク、映画でゲンガーに使われた。

不遇ボール?

ゲーム中では、慣れたプレイヤーほどハイパーボールを使う機会が少ない傾向にある。
というのも、あまりにも高い値段のせいで「ハイパーボールを一回投げるよりモンスターボールを何度も投げた方が安上がりで、捕獲率の期待値も高い」という状況が頻発するため。

より安価で、状況によってはハイパーボールを上回る捕獲率を発揮するボールがあるのも逆風。特に、夜であれば常にモンスターボールの3倍以上の性能になるダークボールの存在が辛い。
さらに第5世代以降、“捕獲クリティカル”の追加や、「○○パワー」などの捕獲率アップを促進するサブ効果の登場により、ハイパーボールを使わずとも十分な捕獲率を確保できるようになってきた。

このような扱いにくさゆえ、全体通してハイパーボールを一度も買った事すらない人もいる。

性能と値段が見合ってなかったためか、第7世代では800円に大幅値下げされた。これで一応、ダークボールやクイックボールよりは安く手に入るように。
シルフカンパニーも、あまりにもこのボールが売れないため値下げを決めたのだとしたら割と生々しい現状である。まあそれでも高いという声もあるのだが……。

ちなみに初代ではもっとひどく、多くの状況下においては明確にスーパーボールの性能に劣る場面が多かった。(初代の捕獲処理の関係でどうしようもないのだが)

挙げ句の果てに、一部では「ハイパーボールを使うのは初心者のやること」と捉える人さえ出てくる始末。
GTSやミラクル交換などのトレードの場では、ハイパーボール入りのポケモンは初心者が捕まえたもので、個体値や遺伝技などの戦闘力が低い、交換価値の低いポケモンの可能性がある……等と敬遠されてしまう可能性も考えられる。
潤滑にGTSでトレードをしたいのであれば、無闇なハイパーボールの使用は避ける事も一考である。

オシャボとして

性能もデザインも個性的なデボンコーポレーション製ボール、ガンテツボール等に比べると、ハイパーボールを選択するプレイヤーは限られる。
上述の「初心者」イメージも災いしてか、中には過剰なまでに毛嫌いするプレイヤーも。

その一方、「ポケットモンスターSPECIAL」や「ポケットモンスターTHE_ORIGIN」では強者が使うボールとして描かれるシーンがあり、それら外伝作品のファンを中心に人気が高い。
サン・ムーン以降は本編でも強豪トレーナーがハイパーボールを使用するようになり(詳しくは後述)、強いポケモンや自慢のポケモンをハイパーボールに入れるという趣向が一般プレイヤーにも広まった。

ボールとポケモンの配色を合わせたい場合は、スピアーサンダーエレキブルギラティナなど黄色と黒の体色を持つポケモンが有力候補。

使用トレーナー

サン・ムーン以降は、今まではモンスターボールで統一されていたNPCの手持ちにもオシャボの概念が導入され、ハイパーボール使用者として設定されるキャラクターが多く登場するようになった。

モブキャラではエリートトレーナーベテラントレーナー、名前有りキャラではキャプテン四天王、悪の組織のボスであるグズマ、そのグズマを従えるルザミーネなど、設定上の強敵やボスキャラクターとも呼ぶべき者達は手持ちをハイパーボールで統一している事が多い。

例外はネットボールを使うキャプテンのスイレンや、チャンピオン防衛戦における挑戦者のハウグラジオ、そしてたんぱんこぞうのタロウ。3人は序盤から新米として登場していた(グラジオはエーテルパラダイスを出てスカル団に入るまで二年の潜伏期間があるが、手持ちのレベルは主人公達と同等)という共通点があり、全ての手持ちをモンスターボールに統一している。
そして、バトルロイヤルの実力者と言われていたロイヤルマスクことククイ博士もモンスターボール統一である。

外の地方からやってきたレッドグリーンの手持ちもモンスターボール固定だが、リュウキとデクシオ/ジーナはハイパーボールを使用している。後者は新たにアローラ現地で手持ちを調達し直した(彼らの手持ちはバトルツリーユキノオーを除き全てアローラで入手可能)と見られる。
また、シロナミツルなど、他にもハイパーボールで手持ちを統一しなおしている過去作キャラクターも確認されている。


ポケモン剣盾については、ジムリーダーサイトウマクワメロンキバナ、チャンピオンのダンデマスター道場ミツバマスタードがハイパーボール使用者(ただし、マクワはチャンピオンカップではなぜかモンスターボールを使用している)。

アニポケではダンデがムゲンダイナの捕獲でハイパーボールを使用した(ゲームではモンスターボールだった)が、ゲーム同様捕獲に失敗している。

ポケモンGOでは

メインシリーズでは実用性に欠けるハイパーボールであるが、ポケモンGOでは話が別
本作では逃走による捕獲失敗がよく起こるため、一発で確実に捕まえることが重要。そこでハイパーボールが重宝される。
スーパーボールではまったく歯が立たなかったポケモンが、ハイパーボールに切り替えたとたん一発で捕まえられた…なんてこともザラにあるため、特に高CP値のポケモンや御三家のような捕獲成功率の低いポケモンのゲットを狙う場合は、ズリの実と並んで極めて重要なアイテムとなっている。
ただし、その分入手手段は限られており、基本的にショップでの販売はされておらず(ただし、年末年始などのイベント期間中にアイテムパックとして販売されたことはある。今後も同様の措置が取られる可能性もなくはないので、もし今後販売される機会があったならば、金銭的に余裕のあるプレイヤーは買い溜めしておくと良いだろう)、ポケストップからの入手のみ。入手確率も低く、なかなかまとまった数を集めるのは厳しい。
便利なアイテムであることに間違いはないが、使いどころはよく考える必要がある。

余談

第7世代でハイパーボールの英名そのままのウルトラボールが登場した。海外版ではウルトラボールの英名はBeast Ball(ビーストボール)となっている。

漫画「ポケットモンスターSPECIAL」では、モンスターボール類の中でハイパーボールはとりわけ強度が高いと語られている。本編で捕獲率の割に値段が張るのはその特徴のせいかも…

関連項目

ポケモン モンスターボール スーパーボール シルフカンパニー サイトウ

関連記事

親記事

モンスターボール もんすたーぼーる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハイパーボール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120333

コメント