ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ポケモンSV』の最高難易度★7のテラレイドバトルの記念すべき第1弾。

対象ポケモンはレベル100ドラゴンテラスタルリザードン


配信前は、本作の★6レイドバトルが既に相当な難易度であることがプレイヤーの知るところとなっていたことに加え、元々リザードンが物理・特殊を問わず様々な技を習得できる厄介な相手であったことから、多くのプレイヤーが戦々恐々とすることとなった。


しかし、いざ配信されてみると…


行動パターン

リザードンレイドの行動を見てみると、以下のようになっている(HPは目測)。


このリザードンは、以上を除く特殊行動は一切行わない。


もう少し詳しくみてみると、デバフ解除は開幕時のみであるため、早い段階で特攻を6段階下げればこちらの被ダメージは大きく抑えられるし、逆に特防を6段階下げれば与ダメージが増え、上手く立ち回ればワンパンも狙える。バフ解除も戦闘序盤の一度だけなので以降は積みわざをいくら使っても問題ない。

また、使用するわざのタイプはほのお・ドラゴン・ひこう・かくとうのみであるため、フェアリータイプのポケモンは弱点を突かれない。マリルリなら「ぼうふう」以外は全て半減以下にできる。

そもそも「りゅうのはどう」以外はどれも命中率に難のあるわざばかりで、普通に攻撃を外してくれるケースも多い。


「ぼうふう」の混乱は厄介だが、おんみつマントを持たせたポケモンであれば完全にシャットアウトできる。天候を晴れにした後は命中率も下がる。

晴れ+サンパワーが乗ったほのおわざはかなり痛いが、天候を上書きすれば2回以上「にほんばれ」は使ってこない。


…といった具合に、技構成にも立ち回りにも穴が多く、対策が非常にしやすいことが判明。

後述するポケモンを用意して、耐久面と攻撃面をうまいこと調整しつつ育成すればソロでの突破も十分に難しくない範疇、通常レイドのように対策しなければ難しいが対策や立ち回りをしっかりすればきちんと攻略可能といったところで、剣盾のミュウツーレイドに比べるとかなり温情な難易度である。


これは最初に実施される★7レイドであること、時期的にもまだストーリーの攻略が終わっていない、若しくは終わらせて間もなく満足な育成のできないプレイヤーが多いことを想定して、幾分甘めの調整にしたものと考えられる。


※上記は理論上の話であり、繰り返せば繰り返すほど想定外のハプニングが発生しやすくなる点には注意。

「にほんばれを見落とし回復を怠っていたら半減のはずのほのお技で落ちた」「晴れなのにぼうふうが普通に何度も当たる(所謂フロンティアクオリティ)」「ぼうふうの存在を忘却し天候を雨にした結果ぼうふう連打で壊滅」

これら全て実際にレイドで起こった事件である。


対策

最強のリザードン #01ニンフィアとリザードン

このレイドバトルの攻略には、フェアリータイプの中でもHPととくこう、とくぼうが高く、「うそなき」や「めいそう」、「てだすけ」などでワンパンを狙え、ソロでも「ドレインキッス」や「ひかりのかべ」で粘り強く戦えるニンフィアや、炎技を半減しつつちからもちにより高い火力を発揮するマリルリに注目が集まった。


ただし、マリルリは最大火力をぶつけるには「はらだいこ」が必須であり、実質HPが半減した状態からバトルをスタートさせなければならないので、やや立ち回りの難易度が高い点には注意する必要があった。また、フェアリー技の「じゃれつく」を使うとどういうわけか敵のHPバーの表示がおかしくなり、通常の数倍のダメージを与えているように見えるなど、実際にどれだけダメージを与えているのか確認しにくくなる深刻なバグがあることまで発覚(このバグはバリア展開などの演出を挟むことで直るため、傍目には与えたダメージがじゃれつくのせいで回復しているかのように見える)。ほどなくしてマリルリはリザードン戦にはあまり適していないと見做されるようになり、対リザードン戦線はほぼニンフィアの一強状態となった。


なお、間違ってもコライドン/ミライドンを出してはいけない。ドラゴンタイプであるが故に「りゅうのはどう」で普通に返り討ちにされるし、コライドンの場合は特性の「ひひいろのこどう」で開幕序盤から天候を晴れにしてしまい、あちらのほのお技の威力を高めてしまうからである。

特に、イベント開始後間もなくはパーティにコラミラがいたために敗北を喫したというケースが後を絶たなかった。さすがにイベント後半では、攻略のパターンが見出されたことや、挑戦する側の手持ちがある程度充実したこともあり、この手の報告は聞かれなくなったが。


クリア報酬

見事クリアできれば、リザードンのゲットが可能(ただし、1度だけ。2回目以降はバトル終了と同時に逃走してしまうため捕獲不可)。せっかくだからお気に入りのボールで捕まえてみるのも一興だろう。


「最強」というだけあって個体値は6V固定、正確はひかえめ固定と、リザードンファンとってはこれ以上無いほどの御褒美となっている。

惜しむらくは前述のとおりテラスタイプがドラゴンタイプ固定であることだが、ほのおタイプ半減以下のドラゴンタイプに対する打点が「りゅうのはどう」などで作れると考えればそれほど悪くもないが。

また、当然ながら孵化厳選する際の元手としても有用。タマゴグループが「ドラゴン」「かいじゅう」のポケモンを厳選する際には大いに役立ってくれるはずだ。


また、このレイドでは初回クリアでとくせいパッチが確定で入手できる他、本作では入手にお金がかかるリゾチウムや、普段は収集に手間がかかるテラピースドラゴンが多めに手に入った。


関連項目

ポケモンSV テラレイドバトル

リザードン ポケモン一覧(派生)


★7テラレイドバトル

最強のリザードン最強のエースバーン

関連記事

親記事

最強のテラレイドバトル さいきょうれいど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 379900

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました