ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

初出第6世代
タイプほのお
分類特殊
威力65(第6世代)→75(第7世代~)
命中100
PP10
範囲1匹選択
直接攻撃×
効果100%の確率で相手の「とくこう」を1段階下げる
英語名Mystical Fire

概要

第6世代から存在する技。

幻想的な炎で相手を攻撃する技。

当初はマフォクシーの専用技だったが、『ORAS』からはムウマージも習得できるようになった。ちなみに、この技が登場する前に出ていた『ポケモンレンジャー』シリーズではムウマージが紫色の炎を放射する技を使っており、『BW』ではポケモンドリームワールド限定で「れんごく」を覚えていた。


習得者両方にぴったりな名前の技。

(マフォクシーは魔女的外見・ムウマージは「マジカル」ポケモン)

散々技の名前が8文字だとしてネタとされたパラボラチャージと同じく8文字。

音節で見ればパラボラチャージは7音だったが、こちらは音節ですら8音である。


攻撃命中時に相手の特攻を下げることができる。

ただしPPと威力はいずれも「かえんほうしゃ」に劣るため、主力にするにはあまり向かない。マフォクシーは他のほのお技も数多く習得できるので、威力不足のこの技は採用しにくい。

対してムウマージにとっては貴重なほのお技であり、ムウマージの高い特防のおかげで特殊受けにする場合採用しやすい。

第7世代からは威力が75に上昇し「かえんほうしゃ」との差別化がはっきりした。


第8世代からのわざマシン化により、一部のエスパーフェアリータイプを中心として習得可能なポケモンが一気に増加。「かえんほうしゃ」を覚えないポケモンが代用で使う事が増えたが尤も、元来の習得者だった上記2種は登場しないが……

一方でほのおタイプだからといって必ず習得できるわけではないようで、エースバーンなどには与えられられず、リザードンブースターには与えられた。

本作では「めざめるパワー」が無くなったことで多くのポケモンがサブウェポンを失った中、ニンフィアサーナイトブリムオンラティオスなどの「めざパ炎」が有用と言えるポケモンがこの技を獲得したことで、主にはがねタイプ相手に役割破壊を行うことができるようになった。

ダイマックスにより日差しを強くする「ダイバーン」を使用できるのもかなりの追い風。

なおカプ・テテフは覚えられない。バランス調整のためだろうか。


余談

技の説明文には「口から吐き出す特別熱い炎で攻撃」と記載されており、実のところ炎自体はマジカルでもなんでもなく単に熱いだけごく普通の炎と思われる。

XYにてゲーム内のテレビ番組で紹介された際も「どのあたりがマジカルなんですか?」と突っ込まれている(返答は追加効果の説明)。

裏付けるように、これといって超常的な要素やエスパータイプとの縁もない普通の炎タイプながら習得しているリザードン・ブースター・マルヤクデの3種には、発生させる高温について図鑑で言及されているという共通点がある。マジカルな方法であろうがなかろうが、とにかく高温の炎さえ用意できるなら同じ結果が得られるといったところだろうか。

ちなみに「口から吐き出す」わりには口のないポケモンも覚えられるが…それはまあいつものことである。


関連項目

ポケモン わざ(ポケモン) ポケモン技一覧

ほのおタイプ マフォクシー

マジカルシャイン マジカルリーフ……「マジカル」繋がり

マジックガード マジックミラー マジシャン……「魔法」繋がり、ただしこれらは全て特性

バークアウトむしのていこうはいよるいちげきソウルクラッシュ…確定特攻デバフ

ヨガフレイム……口から吐き出す謎の炎

関連記事

親記事

特殊技 とくしゅわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10620

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました