ピクシブ百科事典

ドーハの奇跡

どーはのきせき

韓国代表が1994年W杯に奇跡的に進出した事件。
目次[非表示]

概要

1993年カタールで開かれた1994年W杯アジア地域最終予選で韓国代表がゴール得失点差で日本代表を引き離して奇跡的に本大会に進出した事件。

脱落の危機から、奇跡的に本大会進出に成功まで

1993年カタールで開かれたW杯アジア最終予選、予選リーグD組で1位を占め、最終予選に進出した韓国はサウジアラビアイラクとの試合では引き分けイランとの試合で勝利したが、日本に敗北し、3位を占め、本大会進出に暗雲が立ちこめている。守勢に追い込まれた韓国は10月28日に開かれる最終戦で、日本、イラク、サウジアラビアそしてイランの中で一チームが敗れるか引き分けることを願ってこそするしかない状況だった。ついに10月28日、約束のような最終戦が訪ねてきた。カタールSC競技場では韓国と既に脱落を決めた北朝鮮との試合が行われて、ハリーファ国際スタジアムでは、イランとサウジアラビアの試合が行われ、そして.....アル・アリ競技場では日本とイラクの試合が行われた。
本大会進出の成否がかかった北朝鮮との試合で前半戦では得点なしに終わり、サウジアラビアとイランの試合で2:1でサウジアラビアがリードしており、日本とイラクの試合では日本が1:0に先駆けて行っていた。そして,運命の後半戦が始まった。韓国と北朝鮮の試合では韓国が河錫舟,高正云,黄善洪選手の得点で3-0でリードしていった。サウジアラビアとイランの試合で4-2で依然としてサウジアラビアがリードしており、日本とイラクの試合では、イラクが同点ゴールを決め、勝負は振り出しになった。しかし、暗雲はいまだに退く兆しが見えなかった。日本とイラクの試合で中山選手が逆転ゴールを成功させ、サウジアラビアとイランの試合では、イランが挽回ゴールを成功させたが、4:3でサウジアラビアが先に本大会進出に成功した。日本が逆転ゴールをはじめ、泣きっ面に蜂でサウジアラビアの本大会進出の成功で韓国の本大会進出はさらに暗くなった。この暗い状況で、韓国と北朝鮮の試合が終了された。韓国代表チーム選手らは、自分たちが本大会進出に失敗したというニュースを聞いと、悲しみを隠せずにいた。これで韓国は1994年米国W杯本大会進出に失敗したが........しかし、それはある瞬間のことだった。
日本とイラクの試合で、終了直前、オムラム・サルマン選手のヘディングシュートが日本のゴールに入り、試合が終了して引き分けになった。これで日本と韓国の勝ち点は同じく6点になったが、ゴール得失差で韓国が日本をリードしながら3位だった韓国は2位に上がって奇跡的に本大会進出を確定し、2位だった日本は3位に落ち、本大会進出が挫折してしまっている。
韓国が奇跡的に本大会に進出したというニュースを聞くようになると、ファンたちは歓呼し、選手たちはお互いに抱き合って喜んだ。このことによって韓国は喪家でお祭りに変わった瞬間だった。

選手たちは絶望の涙で感激の涙を流しながら、自国の本大会進出を祝った。これで韓国は1986年メキシコW杯、1990年イタリアW杯に続き、3回連続でW杯本大会進出に成功するようになる。

その後の話

最終予選以後自国リーグであるKリーグに対する関心が注がれ、一律的な戦術と選手構成、劣悪な環境などに対する批判に対する世論が殺到し、韓国サッカーが発展できるようになるきっかけになった。

関連タグ

FIFAワールドカップ サッカー 韓国代表 ドーハの悲劇

pixivに投稿された作品 pixivで「ドーハの奇跡」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84

コメント