ピクシブ百科事典

八咫烏の呪い

やたがらすののろい

サッカーに於ける八咫烏の呪いとは、FIFAワールドカップにて日本代表と対戦した国(および地域)は、その後優勝出来なくなってしまうというジンクスであるが、誰も気付いていないし気にしていない。
目次[非表示]

概要

サッカー日本男子A代表は1998年のフランス大会以降、FIFAワールドカップの本大会に6度出場しているが、W杯本大会でこれまでに日本と対戦した国および地域は優勝出来ないというジンクスが八咫烏の呪いである。
とは云うものの、U-20オリンピックなど、男子A代表以外のカテゴリーでこのジンクスは既に破綻している(例:U-20スペイン代表、五輪ナイジェリア代表など)。
なお、日本神話に登場する神の遣いがサッカージンクスの名前に使われているのは、八咫烏がJFA(日本サッカー協会)のシンボルに起用されているからであり、陰謀論ネタに出て来る秘密結社との関連は無い。そもそも、そのような組織が実在したとしても、たかだかサッカーの勝敗如きで相手を呪うようなことは無かろう。

解説

このジンクスの特徴は、日本代表と対戦した国(および地域)は、対戦が組まれた当該大会のみならず、それ以後の大会でも優勝出来なくなることにある。
過去にワールドカップを制覇したことがあるアルゼンチン代表(1978年大会と1986年大会で優勝)やブラジル代表(2002年大会までに5回優勝)でさえも、日本代表と当たった大会以降は優勝を果たせていない。

しかし、バロンドールの呪いコンフェデの呪いペレの呪いミック・ジャガーの呪いなどと比べると圧倒的に知名度が劣っている。
これは他の国にとって「対日本戦はゴールを量産して勝ち点3を獲るボーナスゲーム」としか認識されていないため、また日本側は直近の試合の勝ち負けやセルジオが試合後に出すいちゃもんにしか注目しないため、誰も気にしていないからと思われる。

2010年のオランダ、2014年のアルゼンチン、2018年のクロアチアと、過去に日本代表との対戦経験がある国が3大会連続で準優勝に終わっているが、これについてもモナコGKの呪いというジンクスに隠れているため(ASモナコ所属のGKが代表入りした国の決勝戦敗退は2006年大会から4大会連続)、気付かれていない。

八咫烏に呪われた国と地域

アルゼンチン - 1998年に対戦
クロアチア - 1998年と2006年に対戦
ジャマイカ - 1998年に対戦
ベルギー - 2002年と2018年に対戦
ロシア - 2002年に対戦
チュニジア - 2002年に対戦
トルコ - 2002年に対戦
オーストラリア - 2006年に対戦
ブラジル - 2006年に対戦
カメルーン - 2010年に対戦
オランダ - 2010年に対戦
デンマーク - 2010年に対戦
パラグアイ - 2010年に対戦
コートジボワール - 2014年に対戦
ギリシャ - 2014年に対戦
コロンビア - 2014年と2018年に対戦
セネガル - 2018年に対戦
ポーランド - 2018年に対戦

W杯に纏わるその他の「呪い」

バロンドールの呪い

大会前年度にバロンドール(ヨーロッパの最優秀選手に贈られる賞)を受賞した選手が所属する国は優勝出来ない、と云うジンクス。

コンフェデの呪い

W杯開催前年度のFIFAコンフェデレーションズカップで優勝した国は、翌年のワールドカップを優勝出来ない、と云うジンクス。
なお、コンフェデレーションズカップは2017年大会を以て廃止となる予定であり、この呪いは解かれることが無いまま終了となる。

ペレの呪い

サッカー界のレジェンド、ペレが優勝候補として挙げた国はグループリーグで敗退する、と云うジンクス。グループリーグを突破出来たとしても、その国は当該大会で優勝出来ない。

ミック・ジャガーの呪い

ミュージシャンのミック・ジャガーが応援する国は負けると云うジンクス。2014年大会のミネイロンの惨劇にて、ミックがブラジル代表を応援していたことなどで知られる。

モナコGKの呪い

フランスのサッカークラブ、ASモナコに在籍するゴールキーパーが代表入りしている国は優勝出来ないと云うジンクス。2006年大会から4大会連続で当該国は決勝戦で敗退を喫している。

赤い悪魔の呪い

グループリーグでベルギーと同組に入った国は当該大会での優勝どころか決勝戦へ進出も出来ないと云うジンクス。

ブラジルとユーゴスラビア

ブラジルがグループリーグでユーゴスラビアと同組に入った大会では優勝出来ないと云うジンクス。ユーゴスラビアが分裂した後は、クロアチアがこのジンクスを引き継いでいる。

関連タグ

サッカー
都市伝説
FIFAワールドカップ
ヤタガラス
日本

コメント