ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

金正日김정일Kim Jong-il
(キム・ジョンイル)
1941年2月16日 - 2011年12月17日/主体31年(西暦1942年)2月16日生~主体100年(西暦2011年)12月17日8時30分。 金日成の息子で北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国の第二代最高指導者公式名『偉大なる将軍様朝鮮労働党総書記で、朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官の偉大な金正日同志』廟号『偉大なる将軍様』また、金日成が提唱した主体思想をさらに発展させた先軍政治を提唱したことで知られる。

後継者になるまで

1941年2月16日ソ連で生まれたとされる。(北朝鮮の公式発表によると1942年の白頭山で生まれたとされるが神格化するための捏造の可能性が高い)出生時の名前はユーリー・イルセノビッチ・キム、愛称はユーラで、北朝鮮に帰国後もしばらくはキム・ユーラと呼ばれ、金正日という名前を使うようになったのはしばらく経ってからの事とされている。

第二次世界大戦終結後の1947年に弟の金万一(キム・マニル)、1949年に母である金正淑(キム・ジョンスク)を相次いで亡くし、1950年に朝鮮戦争が始まると中国へ疎開で父と離れ離れになるなど少年期から前途多難な人生であった。

18歳になると金日成総合大学に入学。大学在学中に朝鮮労働党に入党。叔父の金英柱(キム・ヨンジュ)が部長を務める党中央組織指導部で働くことになった。その後は、組織指導部中央機関指導課の責任指導員、党組織指導部部長、宣伝扇動部文化芸術指導課長などトントン拍子で出世を重ねていった。

そして、1972年に後継者として推戴。その後も後継者争いは続いたが、1982年2月に最高人民会議代議員に就任するなど要職を歴任。最終的に1994年7月8日金日成の死去に伴って本格的に第二代最高指導者として統治を開始することになる。

主な政策など


  • 先軍政治

金正日の政策の中でも代表的な政策の一つ。軍を重視して国家政治を運営とするというもので、主体思想と双璧をなす政治方針の一つ。現在にも繋がる核兵器開発の問題や武力をチラつかせて交渉を行う瀬戸際外交もこれによるものである。


  • 主体農法

元々、日本の統治下に置かれた朝鮮半島は地形の特徴から、北朝鮮の地域は工業地域、韓国の地域は農業地域として区分が行われた。よって、北朝鮮独立後も自給率の問題で悩まされていた。そこで中国のとった大躍進政策を真似て金日成と金正日が行ってきた農業政策のことである。具体的には、国民に耕地拡大及び農業生産をの向上のために、山を切り崩して段々畑造りを指示するなどを行ったが水害が多発、それに伴って当然自給率の悪化飢饉までも起こるようになり、苦難の行軍と呼ばれる飢饉を乗り越えるためのスローガンが新聞に出される事態までになった。また、それらの責任を部下になすりつける形で部下の粛清を行った事件を深化組事件という。

  • 対外政策

元々は旧東側陣営とのを外交活動を展開してきたが、2000年6月に太陽政策(北風と太陽に因んだ韓国による温情による政策)を取る韓国の金大中大統領と南北首脳会談を行い、それに伴って南北共同宣言が発表、6.15南北共同宣言が採択された。その後、2000年7月、北朝鮮はASEAN地域フォーラム(ARF)に参加。その年から立て続けに西側諸国と積極的にと二国間で国交樹立をした。日本もその動きにあやかって当時の総理大臣であった小泉純一郎氏は北朝鮮に訪問。金正日の頃からの問題であった拉致問題を公式に認めさせ、初の日朝首脳会談を実現し、17日には平壌宣言に調印した。また、北朝鮮の核問題を巡り、北朝鮮は2005年9月に行われた六者会合における共同声明においてすべての核兵器及び既存の核計画を放棄することを約束した。今後も諸外国との関係が少しずつ進展するように思われたが、太陽政策による援助が北朝鮮への資金流入は核開発を間接的に幇助していたことが判明から太陽政策の打ち切りや、その後の拉致問題や核問題の交渉難航化から制裁が続き世界から孤立化を深めているのが現状である。

金正日の死

2011年12月17日の午前8時半、金正日総書記は列車で平壌の郊外へ現地指導に向かう途中に死亡した。死因は心筋梗塞。部下による虚偽報告によるストレス説、元々の精神的・肉体的過労による説、現地の医療不足によるものなど多くの説が囁かれている。現在、遺体は父と同じく平壌近郊の錦繍山記念宮殿に安置・保存されている。

余談

  • 愛人の名前の中には、金玉という日本名にすると吹き出してしまいそう名前の女性もいるが、日本のマスコミは正式名称でない「金オク」と表記し、慣例上失礼な行為をしている。
  • 金正日の名前を冠した金正日花という花の品種が存在する。(また、父の名を冠した金正日花も存在する)
  • 映画好きと知られており、前述した宣伝扇動部にいた際は積極的にプロパガンダ映画を製作している。好きな映画は「男はつらいよ」シリーズで、専属料理人として仕えた藤本健二氏によると映画の音声を吹き替えるための声優の学校も作らせたという。1985年には韓国人の映画監督やゴジラのスタッフを招待して怪獣映画「プルガサリ」を製作している。


関連動画


金正日将軍の歌、北朝鮮では第二国歌として歌われている。

参考サイト及び外部リンク

北朝鮮の食糧事情
「脱北者ビラ」を見てしまった北朝鮮軍人の残酷な末路
秘録金正日シリーズ
最後に頼ったのは「ほれた娘」“影の後継者” 死の間際に知った正恩らの失敗と裏切り
北朝鮮指導部の遅い対処で金正日が死去?
外務省のサイト
藤本健二氏のインタビュー記事
本人のWikipedia


関連タグ及び関連人物

北朝鮮 朝鮮民主主義人民共和国
総書記 主体思想 将軍様
朝鮮労働党 国家元首 最高指導者
金日成...父親
金正男...長男
金正哲...次男
金正恩...三男
金与正...長女
藤本健二...金正日お気に入りの専属料理人

関連記事

親記事

朝鮮労働党 ちょうせんろうどうとう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「金正日」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 283121

コメント