ピクシブ百科事典

藤本健二

ふじもとけんじ

藤本健二とは料理人・コメンテーターである。
目次[非表示]

概要

1947年生まれの日本人で、故・金正日の元専属料理人であった人物。日本において数少ないキムファミリーの内情に詳しい人物として度々メディアで北朝鮮事情でのコメンテーターとして語ってきた。
藤本健二はペンネームであり、本名は非公開。

1982年に北朝鮮に初めて渡り、現地で寿司職人として活動。「招待所」において金正日と知り合い、1989年に異例の日本人の専属料理人となる。

90年代に買い出しに出掛けた際に日本で入管法違反で逮捕されたり、1998年には日本の警視庁と連絡した事がバレた事により自宅軟禁の監視生活を余儀なくされた事から強制収容所行きを恐れて、2001年に意を決して北朝鮮を脱出し日本で事情通として活動。

2012年に金正恩からの「10年前の約束を守れ」の通達を潜伏工作員から受け訪朝。この出来事からいまだに北朝鮮当局から監視されている事が伺える。

2016年8月~9月頃に知人に「平壌でラーメン店を出店する」と再び訪朝するがそのまま半年程音信不通となっていたが、2017年2月16日に本人は健在で平壌市内のビルに日本料理店「たかはし」を開店していた事が明らかとなった。藤本氏と現地の弟子の二人で切り盛りしているという。
音信不通だった際は北朝鮮の現状、その前日には金正男の殺害が報道された事から不安視されていた。
ただし、店で提供している食材や調味料等が日本製であるらしい事から日本政府は「それが事実ならば不正輸出や外為法違反の疑いがある」との見解を示している(2017年現在も日本は北朝鮮に対して経済制裁を続けている為でもある)。

人物

メディアの前でバンダナを巻きサングラスを着用しているがこれは北朝鮮のヒットマンを恐れての変装である。
一応事情通として活動していたが、彼が語る内情は半信半疑で捉えられる事が強かった。しかし、金正日亡き後の後継者について長男・金正男ではなく三男・正恩であるという見識が現実となり彼の知る内情は信ぴょう性が高い事が明らかになった。

何故北朝鮮の仮想敵国である日本人を正日が専属にしたのかは謎であるが、藤本氏が朝鮮語に堪能では無かった事や特に北朝鮮の内情にあまり興味がなかった事や純粋な料理人であった点・正日相手に遊び上手だった事などが要因と推測されている(朝鮮語に堪能だったり内情に興味があるならばスパイと疑われるのは間違いない)。
藤本氏が語るエピソードでは、正日が料理の謝礼を藤本氏の足下に投げた際にそれを料理人のプライドとして不快な意思を示した事が無礼どころか逆に正日の目には周りにはいない意外性のある人物として映ったらしい。
そういう事もあり、幼き正哲や正恩の遊び相手も任される事となり謎に包まれていたキムファミリーの内情を知っていったと思われる。
ただし、北朝鮮で会った事がない金正男とは面識はあまりないようだ。
2012年に呼び出されたのはおそらくは正恩体制となった事で実現したとも。この際の訪朝でメディアで素顔を明かしてこなかった藤本氏の素顔が明らかになっている。

藤本氏の謎

本来、秘密のベールに包まれたキムファミリーの家族構成や人物像等を書籍やコメンテーターとして語ってきた藤本氏であるが、ほぼ機密ともいうべきその情報をメディアに明かしているにも関わらずこれまで暗殺が無かったのかである。氏は確かに北朝鮮の手の者から身を守る名目で変装をしていたにも関わらず、実際2012年に北朝鮮の潜伏工作員から接触される等身元がバレている。
後、何故素顔は基本メディアでは非公開だったのに最初の再訪朝で正恩との再会や懇談時の写真が公開された際に素顔のままの公開だったのかという疑問も残っている。
少なくとも幼少期から正恩から心の内を明かされるほどの親密さがあった事から最初の再訪朝による対面は純粋に再会目的の呼び出しだったものと推測される。

関連タグ

北朝鮮 金正日 金正哲 金正恩

pixivに投稿された作品 pixivで「藤本健二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26

コメント