ピクシブ百科事典

金日成

きむいるそん

故人 朝鮮民主主義人民共和国国家主席(最初にして最期) 朝鮮民主主義人民共和国大元帥・朝鮮民主主義人民共和国共和国英雄(三回受章しており「三重英雄」と称される)。 永遠の主席  神格化され北朝鮮の神認定
目次[非表示]
偉大なる首領様


偉大なる首領様


金 日成(キム・イルソン、김 일성、1912年4月15日 - 1994年7月8日)
朝鮮半島の抗日運動家・革命家で、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政治家、軍人。

満州において中国共産党に入党。朝鮮の独立を目指して抗日パルチザンを指揮した伝説の将軍として知られ、第二次世界大戦後はソビエト連邦の支持の下、北朝鮮に朝鮮民主主義人民共和国を建国した。だが、解放後民衆の前に姿を現した金日成は弱冠33歳の若者であり、あまりの若さに、ソ連による替え玉という噂が広まった。金日成将軍は韓国併合前から抗日闘争を率いていたという伝説が広まっていたためであるが、実際のところ抗日パルチザンの指導者金日成と、北朝鮮の建国者金日成が同一人物であるという証拠はなく、現在も根強い替え玉説がある。ソ連に全権を委ねられた金日成は、1960年代までに労働党内の対立勢力を粛清して独裁的権力を掌握する。以後、死去するまで同国の最高指導者の地位にあり、1948年から1972年までは首相を、1972年から死去するまで国家主席を務めた。また、同国の支配政党である朝鮮労働党の党首(1949年から1966年は中央委員会委員長、1966年以降は中央委員会総書記)の地位に、結党以来一貫して就いていた。死後、長男の金正日が後継者の座についた。

称号

称号は朝鮮民主主義人民共和国大元帥・朝鮮民主主義人民共和国共和国英雄(三回受章しており「三重英雄」と称される)。
北朝鮮においては「偉大なる首領様」などの尊称の下に神格化され、崇拝されている。彼の死後1998年に改定された朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法では「永遠の主席」とされ、主席制度は事実上廃止された。現在、遺体は平壌近郊の錦繍山記念宮殿に安置・保存されている。

『永遠の主席』

1912年4月15日、朝鮮の平壌に生まれた金日成は、日本の朝鮮統治が終了し、朝鮮半島北部がソ連軍政下におかれると、統治機構内で権力を持つ。朝鮮半島北部に朝鮮民主主義人民共和国が建国されると同国の最高指導者となった。 最高指導者として、国家に於いては「国家主席」「内閣首相」。軍に於いては「最高司令官」。党に於いては「中央委員会委員長」「総書記」の役職に就いた。個人崇拝を行う全体主義的な統治をおこなった。

別名・表記ゆれ
金日成 キム・イルソン Kim Il-sung きんにっせい

関連タグ

金日成 朝鮮労働党 朝鮮民主主義人民共和国
この記事のカテゴリ
金日成 朝鮮労働党 朝鮮民主主義人民共和国 主体思想 国家元首

pixivに投稿された作品 pixivで「金日成」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8974

コメント