ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

新機動戦記ガンダムW EndlessWaltz」は1997年(1月25日~7月25日)に制作された新機動戦記ガンダムWの続編の全3話のOVA。
脚本はTV版でシリーズ構成を担当した隅沢克之が引き続き担当しているが、TV版で途中降板した池田成は当作には関わっておらず、青木康直が監督を務めた。
1998年(8月1日)には新規カット追加の特別篇として劇場版も公開された。

ストーリー

TV版の最終決戦「EVE WAR(敗者たちの栄光では『EVE WARS』)」アフターコロニー195年12月24日からちょうど一年後の196年12月24日の出来事を描いた後日談であり、真のオペレーション・メテオ立案者のデキム・バートンとトレーズの娘を名乗るマリーメイア・クシュリナーダ率いるマリーメイア軍がクーデターを起こすことから始まる。

TV版同様ガンダムよりもそのパイロット達の活躍の方が目立っているのは相変わらずで、OVAだと最後の第3話でようやくガンダム5機全機が戦場に降り立つ(それ以前は第1話でナタクのみが出演していた)。
パイロット達がぶっ飛んだ発想から行動を取るのも相変わらずであるが、TV版のようなシリアスな笑いを招くようなシーンは全く無く、全編重い内容が描かれている。また「自分のいる場所の近くで戦争が始まろうとしている」状況を目の当たりにした一般市民の視点が度々入るのも特徴である。

メカニック

ガンダムタイプのMSのデザインがOZの量産機を担当していたカトキハジメによりリファインされた。ただしゼロ以外の4機には石垣純哉もデザインに携わっている。
後に劇場版公開に伴い前期の機体も「アーリータイプ」として再設定され、TVと異なり後継・改造機のビジュアルは全て異なる設定となった。よって本作品に登場するガンダムはもれなくTV版と同一機体扱いとなる。

本作の歴史のその後

本作は最終シーンにて「その後の歴史においてガンダムを含むモビルスーツと名の付く兵器が登場することはなかった」というナレーションで締められることとなる。
しかし後にこの発言を否定する作品として全てのガンダムを総括した歴史の最果てとされる設定「黒歴史」の世界観を背景とする∀ガンダムが登場。この台詞は結果として否定されることとなる。
さらにガンダムWの年号である「アフター・コロニー」から地続きとなる世界観としても、∀の公開後、直接的な続編として「FrozenTeardrop」がノベル作品として製作されている。しかしこちらは本作の台詞もある程度汲んだうえで、否定しないような設定が付与されている。

登場人物

ヒイロ・ユイヒイロ
デュオ・マックスウェルデュオ
トロワ・バートントロワ
カトル・ラバーバ・ウィナーカトル
張五飛五飛ウーフェイ

ゼクス・マーキスゼクスミリアルド・ピースクラフト
レディ・アン
ルクレツィア・ノインノイン
リリーナ・ドーリアンリリーナリリーナ・ピースクラフト
マグアナック隊
ドロシー・カタロニア(特別篇のみの出演)

マリーメイア・クシュリナーダマリーメイア
デキム・バートン

登場モビルスーツ

本来はそれぞれのガンダムの名前はTVと変わらないが、プラモ化の際に商品として区別を付けるため名前に変化が付けられた。
ウイングガンダムゼロカスタム
ガンダムデスサイズヘルカスタム
ガンダムヘビーアームズカスタム
ガンダムサンドロックカスタム
ガンダムナタク(アルトロンガンダムカスタム)

トールギスⅢ
リーオー
トーラス
マグアナック

サーペント

OVA

1話「静かなる軌道(サイレント・オービット)」(1997年1月25日)
2話「過ぎ去りし流星(オペレーション・メテオ)」(1997年4月25日)
3話「永遠への回帰(リターン・トゥー・フォーエバー)」(1997年7月25日)

主題歌

OVA

エンディングテーマ
WHITE_REFLECTION」(全話共通)
作詞:永野椎菜 作曲:高山みなみ
編曲:永野椎菜・高山みなみ
歌:TWO-MIX

劇場版

挿入歌・エンディングテーマ
LAST_IMPRESSION
作詞:永野椎菜 作曲:高山みなみ
編曲:TWO-MIX
歌:TWO-MIX

敗者たちの栄光

EWの世界でTV版のストーリーを描いた漫画作品。

関連タグ

ガンダム
新機動戦記ガンダムW 
アーリータイプ 
EW版
敗者たちの栄光
Frozenteardrop

関連記事

親記事

アフターコロニー あふたーころにー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「EndlessWaltz」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「EndlessWaltz」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 607993

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました