ピクシブ百科事典

デキム・バートン

できむばーとん

デキム・バートンとは、『新機動戦記ガンダムW Emdless Waltz』の登場人物。
目次[非表示]

「では死ぬ前に真理を教えてやろう! 民衆は勝者に従うものなのだ!!」

概要

CV:依田英助
バートン財団の総帥にして、マリーメイア・クシュリナーダの祖父。真のトロワ・バートンの父親。
かつて指導者ヒイロ・ユイ(本物)やカーンズの同志としてコロニー独立運動に参加。真のオペレーション・メテオの立案者でもあり、マリーメイア軍の事実上の指導者。だがマリーメイアの父であるトレーズ・クシュリナーダの意思を正しく理解しておらず、孫のマリーメイアの事も傀儡程度にしか考えていない。

指導者ヒイロがアディン・ロウに暗殺された後は表向きはバートン財団創始者として活動を行い、裏では反地球連合を掲げるカーンズのレジスタンス組織に出資していた。
AC188年にかつてヒイロ(本物)を暗殺したアディンにX-18999コロニー中央司令部に潜入し、連合の過激派筆頭にしてヒイロ(本物)暗殺の黒幕であったセプテム将軍の暗殺を依頼したが、真の目的はアディンへの復讐にあり、セプテム将軍暗殺は失敗したがカーンズが8体のトラゴスで中央司令部に攻撃を仕掛けた混乱に乗じ、アディンの暗殺に成功。カーンズを諫めて撤退させた。

その後はオペレーション・メテオ発動の為に5人のガンダム開発者にモビルスーツ「ガンダム」を作らせるために出資し、息子のトロワをガンダムヘビーアームズのパイロットにしようとしていたが、トロワはドクトルSの手によって死亡。その場にいた名無しの青年がトロワ・バートンの名を受け継ぎ、ヘビーアームズのパイロットとなりオペレーション・メテオ自体もガンダム開発者によって変更されてしまった。
後にカーンズ率いるホワイトファングリーブラを占拠しデキム発案の「真のオペレーション・メテオ」を行おうとしていたが、モビルドールをメインの戦力としミリアルド・ピースクラフトを指導者に迎えようとした際には考えが甘いと否定し、静観を決め込んだ。

そして地球圏統一連合が樹立されるとOZ内のトレーズ派やホワイトファング残党を集め、孫娘のマリーメイアを指導者としたマリーメイア軍を結成。
開発段階で中断されていたモビルスーツ「サーペント」を大量生産し、張五飛を仲間に引き入れ自身が真のオペレーション・メテオを実行に移さんと動き出す。
コロニー「X-18999」で会談を行っていたリリーナ・ドーリアンを捕らえた後に正式に宣戦布告し、資源衛星「MO-Ⅲ」に移動しサーペント隊を地球に降下させようとしていたが、トールギスⅢに乗ったゼクス・マーキスに邪魔される。
X-18999を地球に落とすと恫喝してゼクスの動きを封じ、予定通りサーペントを降下。MO-Ⅲから脱出すると地球に降下し、ブリュッセル大統領府を占拠。大統領府を地下シェルターに移動させてその周りに大量のサーペントを配備し盤石な体制を敷いたと思われていたが、プリベンダーやガンダムパイロットたちの妨害に合う。
それでも大量のサーペントで敗北寸前にまで追い詰めたが、ウイングガンダムゼロツインバスターライフルでシェルターを溶解され、カメラを奪取したリリーナとドロシー・カタロニアの扇動によって一般市民が一斉に蜂起し始める。

追い詰められたデキムはマリーメイアに兵士たちを鼓舞しようとさせるも戦う恐怖を知り、リリーナに平手打ちを受け、心が揺らいだマリーメイアに逆上。マリーメイアがリリーナを銃撃から庇い重傷を負った事も意に介さず、「マリーメイアの代わりなどいくらでも作れる」と吐き捨てたが、元トレーズ派の側近に粛清として射殺された。

スパロボでは

「わかりやすく極悪非道であり、理想はバカでっかいがそのあとのプランが大味で、そのくせ金は腐るほど持っていて、しかも本人の戦闘力はゼロ」というとても動かしやすい悪役ということで、基本的に他のガンダムシリーズの悪役と結託していることが多い。その場合は体のいい金づる兼戦争の名目に担ぎ上げられ、使い潰されてご臨終という哀れな末路を辿ることが多い。マリーメイア軍自体使用できる機体が1種類しかないのもこのような金づる扱いの原因の一つであろう。

なお意外にも、ヒイロが直接倒すのはWのみ。
R』では未来編において新地球連邦を乗っ取った挙句に地球至上主義に鞍替えするという尻軽ぶりを見せ、皮肉にもシャア真のオペレーションメテオ(という名前ではないが)を敢行する切っ掛けを作り出している。過去編ではエニル・エル逮捕され、生存している。
ソーシャルゲーム『CardChronicle』ではDr.ヘルからエネルガーZを与えられ実際に乗り込んで戦いに向かっている

関連タグ

新機動戦記ガンダムW 諸悪の根源

関連記事

親記事

EndlessWaltz えんどれすわるつ

兄弟記事

コメント