ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「私は勝者となるのです」

「勿論です。貴方達の無力さを思い知りなさい!」


CV:佐久間レイ


人物像

本名はマリーメイア・バートン

アフターコロニー189年生まれ。はレイア・バートン。祖父デキム・バートン

真のトロワ・バートンは彼女の叔父にあたる。僅か7歳の幼さでマリーメイア軍を率いたが、実際にはデキムの傀儡に過ぎなかった。また、デキムによる極端な洗脳教育により、尊大で高飛車な言動が目立つ。

紛争終盤においてデキムがリリーナ・ドーリアンを射殺しようとした時、彼女を庇い重傷を負うも生存(戸籍上は死亡扱いとなった)し、終戦後はレディ・アンと共に生活を送っている。但し、「PREVENTER・5」ではレディとともに立てこもり事件に巻き込まれる事もあった。


トレーズ・クシュリナーダの娘を自称し、DNA検査でも証明されていると主張していたが、彼女を撃った際のデキムの発言から、捏造された可能性が示唆されている(ヒイロがコンピューターでデータを調べた時の彼女の名は本名の「マリーメイア・バートン」、父親は不明となっていた)。

デキムは言葉を続けたが、隣にいた兵士によって射殺された事で遮られた。しかし『EPISODE ZERO』でトレーズが出会った看護婦は確かに母レイアであり、真のトロワが持っていた写真の人物は確かに今いるマリーメイアであるらしく、真相は謎のままである。


スパロボでは

基本的にマリーメイア軍自体「話の真ん中辺りで壊滅するごひ以外何の取り柄も無い組織」といった扱いが多いため、マリーメイア軍壊滅に伴い自軍部隊に保護されるのが多い。初登場の『COMPACT』では出番が一瞬というあんまりな扱いになっていたが。

ただ、リリーナを攫うという設定が便利だからか、『A』ではリリーナと対極にいるものという事で三輪長官も一緒に攫う、『第3次Z時獄篇ではナナリー・ランペルージも攫う、逆に『X』ではリリーナ毎ドアクダーに攫われるなどといった思わぬクロスオーバーを生んでいる。


逆に『W』では原作のストーリーが終わっても出番が用意されている。身元引受人がガオガイガーロゼ・アプロヴァールになっているというクロスオーバーがあり、ナデシコ劇場版の敵対勢力、火星の後継者を諭すという見せ場がある。

どうやら孫娘の様な立場に落ち着いた様で、当のロゼ事務総長は「クリスマスが孫を運んできた」と喜んでいたそうな(主人公は航海日誌で「それだとデキムがサンタクロースになってしまう」と突っ込んでいる)。


関連タグ

新機動戦記ガンダムW

EndlessWaltz

マリーメイア(曖昧さ回避)

幼女


ミネバ・ラオ・ザビ:似てる人。

ニナ・パープルトン:声が似てる人。

チコ・ロドリゲスソーマ・ピーリス:物語終了後も存命だが戸籍上死亡した人達。

マリア・ピァ・アーモニア:組織のトップと扱われながら、同じく身勝手な年寄りの傀儡にされた人物。こちらも銃撃されるが、助からなかった。

関連記事

親記事

マリーメイア軍 まりーめいあぐん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 564555

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました