ピクシブ百科事典

ナナリー・ランペルージ

ななりーらんぺるーじ

「コードギアス 反逆のルルーシュ」の登場人物。
目次[非表示]

CV:名塚佳織
本編中で姓名に変化があるため、単にナナリーのタグが使われる場合が多い。

人物像

主人公ルルーシュ・ランペルージからの寵愛を一身に受ける。本名はナナリー・ヴィ・ブリタニア

栗色ウェーブがかったに、藤色

過去の事件から視力を失い、二度と歩けないになった。
聴覚皮膚感覚は常人より発達しており、に触れただけで相手を判別したり真意も見抜くことができる。
ほか、アーサーの足音を聞いただけで足が悪いことを見抜いたりした。

ルルーシュと共に日本へ送られた件、そこで枢木スザクと親しくなった縁から日本人をイレヴンと差別する感情は無い。折り鶴の折り方を会得しており、劇中では出会ったばかりのC.C.に教えた他、シャーリーにも教えている。

アッシュフォード学園中等部の生徒で、次期生徒会メンバーとして高等部の生徒会室に出入りしている。

第一期終了時、V.V.に誘拐されて行方をくらましていたが、後にゼロとして、自らの意思でエリア11の総督に就任することになる。
また、エリア11に総督として赴任する直前にルルーシュと会話をした一件以降、兄とスザクに対して疑念を抱くようになる。

ダモクレスに移ってからは、ルルーシュの罪を裁くためにフレイヤの発射装置=ダモクレスの鍵を持つ。

最終局面においてシャルルのギアスを打ち破ってを開きルルーシュと対面し、彼を止め自身が世界中の敵意悪意を引き受ける決心を胸に秘めていた。そのためにダモクレスの鍵をルルーシュには渡すまいと必死に抵抗するが、その意志を知ったルルーシュにギアスをかけられ鍵を渡してしまう。

その後、公開処刑前のパレードで見せしめにされるが、ゼロに討たれ自らの元に転げ落ちたルルーシュの手を取ったとき、彼の悲壮な覚悟を悟る。を浮かべながらルルーシュへの想いを伝え彼の死を看取った。ゼロレクイエム後はゼロとシュナイゼルを引き連れ、ブリタニア代表として日本の首相となったと対面し、握手を交わしている。

『コードギアス反逆のルルーシュ ナイトメア・オブ・ナナリー』では主人公である。

関連イラスト

あなたもお兄様を愛してたでしょ?
thank you



関連タグ

コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー
ナナリー ルルーシュ ルルーシュ・ランペルージ ロロナナ



ネタバレ注意


実はナナリーの日頃の振る舞いは兄が望んだ理想の妹像に過ぎない。

小説版では終盤で苛烈な本性が露になる。普段から猫を被っていたのは最愛の兄であるルルーシュが妹にそう望んでいたからである。
兄と同じく根本的に心優しいが気性の荒さは皇族の中でも上位に当たり、密かにカノンが恐怖を抱く程。
ピクチャードラマでは幼少期から奔放的な性格が描かれていたのでその伏線はあり、ドラマCD版でも腹黒い部分が垣間見える。つまり中身は母親であるマリアンヌ似。

regret message -nunnally ver-


小説版ではなんとルルーシュを異性として愛していたと描写されている。スザクへ向けていた淡い恋心は禁忌から逃避した末に芽生えた感情であったのかもしれない。また、兄と同じく自分を憎しみの象徴とすることを考える事ができたのはナナリーを守りたいと強く思っていたルルーシュと同じ想いを抱いていたからこそと言えるかもしれない。

ちなみにマリアンヌはR因子数値の高い子を望んだばかりに兄妹の近親相姦を目論んでいた。
もし健やかなままアリエスの宮殿で過ごしていたら…。

pixivに投稿された作品 pixivで「ナナリー・ランペルージ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 301402

コメント