ピクシブ百科事典

ナイトメア・オブ・ナナリー

ないとめあおぶななりー

アニメ作品『コードギアス 反逆のルルーシュ』のメディアミックス展開として2006年から2009年まで『月刊コンプエース』で連載されていた漫画作品。
目次[非表示]

概要

ルルーシュの実妹・ナナリーを主人公として描く、コードギアスのアナザーストーリー。オリジナルキャラも登場。
本作品の世界がアニメ版の世界のパラレルワールドの1つであることが示唆されている。

アニメに比べると兄・ルルーシュが物語序盤に行方不明となるなど大幅に環境が違う一方、アニメでは余り語られなかった彼女の内面や学校生活なども描かれた。

作者はたくま朋正。

アニメ版との相違点

  • ナナリーがオリジナルキャラクター・ネモと契約。ギアス能力に覚醒し、異形のナイトメア・マークネモに搭乗する。その際、性格も普段のナナリーからは考えられないほど好戦的になる。
  • ギアスはあくまで他者の思考に干渉する能力で物理的には影響しないのに対して本作は物理的にも作用すると、半ば超能力的になっている。
  • ギアス能力者は「ギアスユーザー」と呼ばれ、ナナリーを含めたギアスユーザーが多数登場する。
  • ゼロが契約した内容は命令(暗示・催眠)ではなく怪力を使う。なにこのアメコミ
  • 枢木スザクが登場時からユーフェミア・リ・ブリタニアの騎士であり、アッシュフォード学園に転入しない。
  • ロロ・ランペルージの改変。
  • アーニャ・アールストレイムマリアンヌ・ヴィ・ブリタニア関連。


など

本作の魅力

本作の魅力は、複雑な世界観の原作アニメを日本対ブリタニアとシンプルに整理した事と、登場人物が何処かしら病んでいる原作アニメとは対照的に、登場人物が皆健全で譲れない信念をぶっつけ合っている事で、単純な勧善懲悪では割り切れない相対的な信念を持って行動している。
それ故、ナナリーネモ喧嘩両成敗のスタンスを通しており、ブリタニア帝国黒の騎士団も容赦なく一刀両断にした。その点では前代未聞のキャラクターだったと言える。(最も、その行為が終盤の伏線となるが…)
また、ナナリーが様々な出来事を経て、自らの信念を得ようとする展開とリハビリストーリーが読者を引き付けたと言える。

関連タグ

パラレルワールドコミカライズ

関連記事

親記事

コードギアス こーどぎあす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナイトメア・オブ・ナナリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 118245

コメント