ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

喧嘩両成敗

けんかりょうせいばい

争いを行う者は道理うんぬんに関わらず当事者全てを罰するという考え方。

概要

喧嘩争いを行なった者は理非(道理の有無)に関わらず罰するという考え方で、鎌倉時代から江戸時代かけては武家法の一つであった。


本来は武家武人の生き方に根ざした行動原理における「仇を討つ」「受けた恥辱をそそぐ」ための武力暴力による争いと復讐の連鎖を断ち切り、なるべく事を平和的に裁定する法として導入されていった。


現代においては発生の根本は忘れられており、転じて一方的な争いでもない限り、責任は一方ではなく双方にあるという考えのもとに用いられる。


安易にこれを当てはめてしまうと争い事があるというだけで事情も顧みずに双方を同罪扱いする暴論になり周りに呆れられる、最悪の場合は友人や仲間に見限られるので要注意。

互いな欲の張り合いならまだしも片方のみ一方的に非がある場合でもやり返す側のプライドを無視して制裁を下す行為自身が自分勝手そのものであり、寧ろこの原則は基本的に独断専行も併せてもっている事が殆どである。


喧嘩両成敗が組み込まれた法令には、鎌倉期の『御成敗式目』や、戦国期の『甲州法度次第』『今川仮名目録』が有名である。


関連タグ

ことわざ 喧嘩


大神龍:これを地で行くようなキャラ。

国際連合:本来は国同士の争いの調停に入るべき組織である

俺ルール:結局は成敗する者のご都合主義に過ぎない。

関連記事

親記事

喧嘩 けんか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1522954

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました