ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

元禄15年12月14日、高家吉良上野介義央邸に討ち入った大石内蔵助良雄ら47人の旧赤穂藩士のこと。


この討ち入りは大幅に脚色され美談ともてはやされて実際の事件とは全くの別物である創作「忠臣蔵」として歌舞伎文楽作品となり、現在まで映画TVドラマ化も多くなされている。

NHK大河ドラマにおいても「赤穂浪士」(昭和39年)、「元禄太平記」(昭和50年)、「峠の群像」(昭和57年)、「元禄繚乱」(平成11年)と4回に及び扱われている。

「客が入らないときは忠臣蔵をやれ」という話もあったとか。


時代により赤穂牢人→赤穂義士→赤穂浪士と呼び方はそのときの扱い方で変遷している。


元々は、「赤穂浪士」という呼び方は1920年代に大佛次郎により書かれた、従来の「忠臣蔵」を批判的再解釈した小説のタイトルであり、小説のテーマ上、従来の「義士」ではなく価値中立的な「浪士」という用語が使われた。

なんと、この小説、戦前に書かれた赤穂事件をテーマにした作品でありながら、主人公は旧赤穂藩士ではなく、大石内蔵助達を「時代の流れに抗おうとする英雄」と見做して憧れながら、結果的に吉良側について大石内蔵助達と敵対する事になり、47士の吉良邸討ち入りが成功した後は生きる気力を無くして愛人と心中する、という人生を辿った架空の浪人である

にもかかわらず、その後の歴史においては「赤穂浪士」という単語は、この単語を「発明」した大佛次郎の意図とは逆に「義士」のニュアンスを帯びるようになっていった


赤穂浪士を題材としたユニット/作品

大江戸鍋祭松の廊下走り隊7

戦国鍋TV(第2期)→AKR四十七

暗殺教室エンドのE組(生徒名が赤穂浪士に由来する)、殺せんせー=killer=(吉良上野介)?、浅野學峯浅野内匠頭)、浅野学秀浅野大学)など

その他脇キャラも赤穂事件関連の人物名に由来していると思われる名前が見受けられる

ブラック・ブレット天誅ガールズ ただしこちらは劇中劇で魔法少女もの


関連タグ

赤穂 元禄赤穂事件 忠臣蔵

大石内蔵助 浅野内匠頭/浅野長矩 吉良上野介/吉良義央

討ち入り 陣太鼓 独参湯

元禄御畳奉行の日記

仮名手本忠臣蔵 どんどん節 東海道四谷怪談

マツダ 広島県の自動車会社。ロータリーエンジンの開発メンバーが赤穂浪士にちなんでロータリー47士と呼ばれた(参考(マツダ公式サイト内「ロータリーエンジン開発物語」より))。

関連記事

親記事

元禄赤穂事件 げんろくあこうじけん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91563

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました