ピクシブ百科事典

浅野學峯

あさのがくほう

週刊少年ジャンプの連載漫画「暗殺教室」(作:松井優征)の登場人物。
目次[非表示]

教育に恐怖は必要です。
全て私の支配下だということをお忘れなく……

プロフィール

誕生日4月12日
年齢41歳
身長183cm
体重76kg
経歴ハーバード大学卒⇒椚ヶ丘学習塾塾長⇒椚ヶ丘学園理事長
趣味、特技教育、経営
座右の銘明日死ぬつもりで生き、永遠に生き続けるつもりで学べ
保持資格ありすぎて省略
今年の三連休を利用して勉強して取った資格野菜ソムリエ、カラーコーディネート、ジャンボジェット操縦
CV石川英郎(VOMIC) / 速水奨(TVアニメ)
実写映画版キャスト日向丈

人物

物語の舞台・椚ヶ丘中学校の理事長であり、3年E組制度を創った張本人。殺せんせーが人間だった頃の事と、今の姿になった経緯を知っているそぶりがあり、謎が多い人物でもある。

3年E組を「暗殺教室」として利用する事については、防衛省から多額の口止め料を受け取る事で了承している。ただし、度々追加料金を要求しており、11月には総額が殺せんせーの賞金(100億円)に近い額になっているという。

徹底的な合理主義者でいくつもの学校を全国指折りの進学校にしている敏腕経営者だが、その穏やかで理知的な顔の裏側に隠された本性は、冷酷かつ狡猾そのもの。
一部の人間を徹底的に差別して貶めることにより、残りの人間に優越感と、その差別される側になりたくないという危機感を与えることで向上させるというのが彼の教育手法であり、被差別側(E組)にはいかなる反抗も許さず、成長することすらも認めず、どんな手段を使ってでもとことんまで叩き潰そうとする。
そのため、定期テストや学校行事を通じてE組に改めて「自分たちが底辺なのだ」と思い知らせるべく、度々行動を仕掛けてくる。
一学期の中間テストでは試験の二日前に全教科のテスト範囲を大幅に変更し、E組にのみ連絡や通知を行わないという露骨過ぎる真似(烏丸曰く、不正ギリギリ)をしたが、これ以降はあくまでA組の学力を向上させる方針を取っている。

とはいえ、飽くまで学校の教育方針を順守している関係上、「E組=底辺というシステム」自体には固執する一方で、他の教諭や生徒とは対照的にE組の生徒達に蔑視や侮辱の感情は無く、今年のE組が成果を出しているという事実までは否定しておらず、生徒と交わした取り決めを守ったり、常軌を逸したスパルタ教育(の皮を被った虐待行為)で生徒に危害を加える鷹岡のような教員を自身の教育方針に見合わないとして排除したりするように、時にはE組にとって結果的にはプラスになるよう上手く立ち回るなど、教師としての筋は通すことはある(ただしこの際でも必ず自身が学園の実権を握っているのをハッキリ見せつけることを忘れない)。
また、各科目の指導能力は殺せんせーと引けを取らず、体育祭の助っ人でやって来た大柄の留学生を瞬く間に蹴散らすほどの並外れた格闘能力の持ち主でもある。

息子の浅野学秀は3年A組トップの優秀な生徒だが、父親同様に腹黒い支配欲の権化であり、お互い「理事長」「浅野君」とよそよそしく呼び合うほど険悪な関係で、相手を完全に支配下に置く日を狙っている。

しかし、E組への危機感をますます募らせ、妨害作戦を徐々にエスカレートさせていくが、2学期期末試験の結果を機に、学秀を筆頭にA組の生徒たちがE組の強さと実力を正式に認め、自分の教育法を否定したことで、遂に思考回路が暴走してしまい……。

名前の由来は赤穂藩主浅野内匠頭長矩と考えられる。

関連イラスト

がくほー
支配者













過去(単行本第15巻以降のネタバレ注意)

以下、ネタバレが含まれますので未読の方は閲覧注意













上記の経歴にもあるように、元々は学園の前身に当たる小さな私塾の講師をしていた。
その塾の教室として使われていたのが、現3年E組が使用している山奥にある木造の旧校舎で、差別のためではなく余人の入り込まない静かな環境を目的としていた。
塾の第1期生は僅か3人と利益を度外視した経営だったが、生徒たちを「伸び伸び育てる方針」の下導いていき、生徒からも慕われていた(余談だが、経営の赤字は株取引により補填していた)。

そんな彼の教育方針は口コミで評判を呼び、次第に塾生も増えていったのだが、ある日卒業した第1期生の1人・池田(CV:山下大輝いじめを苦に自殺してしまう。
池田が誰にも相談したり言い返せなかったこと(実際死ぬ直前に學峯へ電話したのだが、そのことについて悩んでいるのに気付くことも、相談しようとすることも出来なかった)を悔やみ自分の「伸び伸び育てる方針」が間違っていると思い込み、「生徒のいいところを伸ばして、社会にはばたけるようになって欲しい」が「(例え、弱者を踏みつけようと)より社会で強く生きていける生徒を育てる」という理想に歪んでしまった。そして、池田を自殺に追い込んだいじめっ子を洗脳して堕落させるなど人の心を動かす強さについても学び直し、並外れた格闘能力もこの過程で身に付けたものであった。

A組の面々から教育を否定されたことも相まって、思考回路が暴走し殺せんせーに勝負を持ちかけるがその勝負後殺せんせーの掛けた言葉で、E組制度を通して本当に自分がやりたかったこと・成し遂げたかったことが、落ちこぼれの生徒が起死回生のチャンスを掴みのびのびと育っていくことであると自覚し、それによって自身のかつての教育が間違っていなかったと思い至る。
また殺せんせーの言葉をきっかけに、池田少年の一件による敗北への恐れについても自分なりに蹴りをつけようやく殺せんせーの教育方針もE組のことも正式に認めるようになる。
これを機に険悪だった学秀との親子仲も(対抗心の強い彼らなりにではあるが)、息子から初めて「父さん」と呼ばれるようになる等少しずつ進展していった模様である。

また、E組の茅野カエデの本性を知る数少ない人物。転入試験を合格した茅野が「素行不良が行くクラスがあるんですよね?」と言いながら自分の目の前で私物を薙ぎ倒し、その後殺せんせーの事が判明したことで彼女の真の目的を察していた。しかしそれを殺せんせーたちに伝えることはなく、彼女がもうじき動くことを察しながら成り行きを見守ることにしていた。

その後160話では「E組の生徒を成長させた」実績をもとに殺せんせーへ残留話を持ち掛けるが、あえなく却下されている。教育者として相通ずるものがあった以上現在の見た目が人外であろうと過去がどうであろうと問わない、という懐の広さを示したエピソードである。なおこの際雪村あぐりに対し「惜しい人を亡くした」「あと数年あれば卓越した教師になっていただろう」と発言しており彼も期待をしていたらしい。
殺せんせーの存在が(事の真相を隠蔽したままながらも)遂に政府によって明らかにされ世間がパニック状態に陥った際は、殺せんせーを雇っていたがためにマスコミから質問の嵐を受けることになるが一部のしつこい記者を洗脳する等自分なりの方法で殺せんせーを援護した。この際殺せんせーを最後に狙う本当の暗殺者は全人類だという見解を示している。


ネタバレ注意(最終巻、卒業アルバムの時間の内容について)

最終回前の179話では、学園の生徒を危険にさらしたということやエンドのE組システムなど、彼の教育方針の問題が浮き彫りとなったことで世間から猛烈に批判され理事長職を解任される。それに伴いE組制度も廃止となったが、本人には想定内のことのようであった。
部屋を片付け、学園を去る準備をしていた際にかつての教え子達二人と再会。
会話の後、かつての教え子達三人を思い浮かべながら生徒たちの近況や彼自身の愚痴も含めた現在の様子を語り合っていた。

卒業アルバムの時間によると、新たに浅野塾を開校し、その辣腕を惜しまれて大きな起業の話が次々舞い込んでいるらしい。また、渚を講師としてスカウト中。
スピンオフ漫画の一つでも登場している一方、実写映画版では直接的に顔が映るシーンがほとんどなく原作・テレビアニメに比べて登場シーンが大幅に削られている。

関連タグ

暗殺教室 殺せんせー 浅野学秀
絶対悪 悪の美学 必要悪 超人
哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「浅野學峯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1455703

コメント