ピクシブ百科事典

蒼穹に散るゼロ

そうきゅうにちるぜろ

『蒼穹に散るゼロ』とは『グランブルーファンタジー』と『コードギアス 反逆のルルーシュ』のコラボイベントである。
目次[非表示]

概要

コードギアス反逆のルルーシュとのコラボイベント。2019年6月14日〜26日開催。

イベントは2段階構成となっており、後半戦は19日から開始。

2020年1月9日にサイドストーリー入り。メインシナリオ13章をクリアする事で解放。イベント開催時にルルーシュ達を加えられなかった騎空士達はレベル上げ等で騎空団の装備を充実させよう。
(特に参戦ユニットが全てSSRのプリコネRとラブライブ!サンシャイン!!コラボが、13章より前に解放されるので、戦力差を感じる方はそちらを先に攻略する事を推奨)

なお、一部ユニットやアイテム等はサイドストーリー化に伴って入手方法が変更になる可能性があるので、その辺りもご注意。

サイドストーリー入りは他社作品コラボとしては4例目になるのだが、実は制作会社繋がりとしてはAqours_Sky_High!(ラブライブ!サンシャイン!!)に続いて2例目となっている。

ストーリー

仮面の男、ゼロとなって黒の騎士団を率いるルルーシュ。ある日、ヨコハマ租界で勃発した大規模テロを鎮圧するために出撃した際、正体不明の光に飲み込まれてしまう。
気がつくとルルーシュは、元の世界とは違う異世界、空の世界に転移していた。
帰る方法を探すため主人公達の騎空団に合流し、各地の島を行くルルーシュの傍で、妹ばかりがつけ狙われる連続殺人事件が発生する。事件の犯人はゼロの姿でルルーシュの前に現れたかと思うと、エルステ帝国の牢に囚われたナナリーの写真を渡して立ち去った。
「急がなければお前の妹も死ぬ」
事件に込められた犯人の真意を悟り、ルルーシュが取った行動とは――(公式サイトより抜粋)

イベント報酬(太字は加入キャラ)

CV:福山潤
「ゼロ」として黒の騎士団を率いブリタニア帝国に反逆するテロリスト。
目を見た相手に命令を下し必ず実行させる「絶対遵守のギアス」の所持者。
原作同様「ガウェイン」に搭乗する。
時系列ではユーフェミアの経済特区日本宣言以前のため、ギアスはまだ制御可能な状態。今回も持ち前の天才的頭脳を駆使し、異世界での困難に立ち向かう。効率優先主義は相変わらずだが、ブリタニアの存在を気にしなくてよいことに加え仮面をかぶる必要が少ないためか、原作に比べ幾分か穏やかになり、C.C.にも「少し変わったか?」と尋ねられている。
偽ゼロに囚われたナナリーを救出するためにスザクとカレンにも潔く素顔を明かし、胸の内をさらけ出して助力を請うなど柔軟な動きを見せるが、ナナリー第一のシスコンは相変わらずでカレンたちにからかわれていた。
1話時点で既に(主に情報収集とガウェインの保管のために)主人公たちの騎空団に所属しており、「ヘンゼル」と名乗り、騎空団での仕事をテキパキとこなしていた。ギアスと他キャラと比べ体力が無いのは原作通り。
てか6メートルもあるガウェインを乗せれるグラサイパネぇ

なお、中の人は昨年に続き二年連続でコラボイベント出演となる。サイドストーリー入りは、こちらの方が先になった。

シナリオ後半のエンディングで加入。闇属性バランスタイプ。バッファー枠。似たような運用が出来るユニットも実装されている
ルルーシュに限らず、ナイトメアフレームは奥義ゲージが(他のキャラと比べて)溜めにくいという弱点を持つため、奥義ゲージアップのアビリティ等でサポートする必要がある点に注意。

CV:小清水亜美
ルルーシュのクラスメイトで、黒の騎士団のエースパイロット。
巨大な爪を右腕に装備したナイトメアフレーム「紅蓮弐式」に搭乗する。
ルルーシュ達と合流するまで、手持ちがなく空腹に悶えていた所を飲食店の女将さんに拾われそこで世話になっていた。
救出作戦の戦力を求めるルルーシュの告白によってゼロの正体が彼であることを知り驚愕するものの、彼の決意と覚悟を受け止め「ゼロ」と「ルルーシュ」を割り切ることに決め騎空団に加わる。だがゼロに対して抱いていた好意をC.C.に見透かされ、大慌てで誤魔化そうとする可愛い一面も。

ステージ4.5(前編エンディング)をクリアする事で加入。火属性攻撃タイプ。
CT増加や暗闇効果/連続攻撃DOWNと妨害が得意なアタッカーである。

中の人はゾーイも担当している。

CV:櫻井孝宏
名誉ブリタニア軍人であり、ルルーシュとは幼少時代からの親友。
だが「間違ったやり方で得た結果に意味はない」という信念で、黒の騎士団やゼロと対立している。ユーフェミアの専任騎士となった直後に異世界に転移したため彼女の身を案じているが、友人のルルーシュたちに協力したいという思いも抱えている。
原作同様「ランスロット」に搭乗。時系列上フロートユニット装備のエアキャヴァルリーであり、空戦主体となる空の世界における貴重な戦力として、ルルーシュも強く求めていた。
ガロンゾ島に飛ばされ、そこで出会った工房の親父さんに世話になっていた。しかし謎の人物に襲われ、さらに無実の罪で投獄されてしまうなどトラブル体質は相変わらずの様子。そして異世界でも猫には好かれないようだ。
しかし助けに来たルルーシュ達と合流し、正体を明かしたルルーシュ=ゼロとともに、ナナリーを救うために奔走することになる。

トレジャー交換で加入。サイドストーリー入りにより、エンディング到達後のEXクエストをクリアする事で参戦に緩和された。風属性攻撃タイプ。
かばうとカウンターを持つ。また自傷できるため背水が早めに乗る点も強み。
一部騎空士からは風ヤクザ候補と呼ばれるほど、配布キャラとしてはコッコロと並び破格の性能。

中の人はグラブル常連声優と言う程にキャラが多い。場合によっては、中の人繋がりパーティーも組めるだろう。

CV:ゆかな
ルルーシュにギアスを与えた不老不死の少女。 「グレーテル」と名乗り、ルルーシュとともに主人公の騎空団に世話になっている。が、入団直後にふかふかのベッドを要求したり団の仕事を全く手伝おうとしないなど、相変わらずの厚かましさでルルーシュを辟易させている。
しかしなんだかんだで彼とは最も信頼し合える間柄であり、ただ1人彼の思考を読んで動くことができたり、ルルーシュが敵の策略に陥れられたときには声を荒げて静止するなど、根底で繋がりあっていることを感じさせてくれる。
ピザが大好物だが、この世界にピザが無いことに少々苛ついている様子。しかし彼女のピザ好きも、時には役立つことがある。

交換orドロップ報酬で闇属性SSR召喚石として登場。またルルーシュの奥義演出や攻撃時の掛け合いなどでも登場する。
闇属性でバリア付与+闇属性ダメージのメイン効果、加護効果は攻撃力とHPのアップ、最大上限まで上げるとパーティ全体に自動復活効果が追加される。
自動復活はサブ効果として持つ召喚石もカグヤに限られるので、可能であれば最大上限まで上げておきたい。最終上限開放可能。

中の人はふたりはプリキュアコラボに続いて、コラボは3度目。グラブル内ではニオ等も担当している。

  • ヴァリス
SSR風属性の銃。
本来はランスロットの武器であるため、団長持てなくね?とか野暮な事は言ってはいけない
メイン装備で風属性キャラのアビリティダメージ性能UP効果が発動する。
最終上限開放可能。

その他の登場人物

ナナリー・ランペルージ(CV:名塚佳織)
ルルーシュの最愛の妹。
元々のキャラ的に最適なのだろうが、偽ゼロに囚われた写真で初登場。ルルーシュを思いっきり動揺させたが、結果として彼が仮面を脱ぐ覚悟を決めるきっかけを作っている。
兄の心情を察しその背中を押す健気さと、切迫した状況下でも騎空団員たちと折り鶴を折って笑い合う気丈さを併せ持った少女。
あの「にゃ〜ん」が再び聴けることに歓喜した原作ファンは多いはず。

ジェレミア・ゴットバルト(CV:成田剣)
我らがオレンジ卿。
偽ゼロに空の世界へ転移させられ敵として登場する。搭乗機体はジークフリート
原作よりも人体改造が進んでおり、より異形となった体でルルーシュたちに襲いかかる。
しかし改造が進んだ影響で人格が蘇っており、ルルーシュたちが八方塞がりの状況で突如覚醒し、身を挺して偽ゼロからナナリーを助け出す漢気を見せてくれる。以降参戦はしないものの、ルルーシュとナナリーを守り抜くという矜恃を持って協力者となり、ルルーシュに逆転の突破口をもたらした。
やったぜオレンジ!

偽ゼロ(CV:七瀬彩夏)
空の世界に突如出現した謎の人物。ゼロそっくりの装束であること以外正体不明のためこう呼ばれる。
なぜかルルーシュをつけ狙っているらしく、彼の行く先々で妹ばかりを狙った通り魔を繰り返し、さらにナナリーを捕らえていることを告げる。元の世界でも極一部しか知り得ないはずのルルーシュの本名を知っていることなどから、元の世界の人物と思われるが詳細は不明。しかし空の世界でも一定のコネクションを有しているようだ。
どうやらルルーシュたちが空の世界に転移したのはこの人物が関わっているようだが••••••?

???(CV:行成とあ)
序盤でスザクを襲った謎の女性。足が悪いらしく杖を使っている。
錯乱状態でありほとんど会話も成立しないが、どうやら妹を殺されたらしく、しかもその妹は盲目だったらしい。
元の世界にしか存在しないスタンガンを所持しているなど、こちらも謎が多い人物。

中の人は星晶獣エッリルも担当している。

サザーランド
偽ゼロに改造されたドローン機体が多数登場。

マグネシア
磁場を操る能力を有する星晶獣の一体。
何者が操っているのかは不明だが、異世界転移現象の鍵を握る存在のようだ。

余談

今回のコラボに出てくるプレイアブルキャラは、全てナイトメアフレームに搭乗する。ゲームを間違えているんじゃないかなぁ……。ロミオ役の中村悠一氏もそれについて言及している

一応グラブルは帝国華撃団メンバーを光武&桜武搭乗で出してたり別世界からオービタルフレームを呼び出したりそもそもロボットのキャラがいたり、ミュオン&主人公が奥義時に走艇で突っ込んだり……等、メカに関してはかなり寛容である。
そういえばゴッド・ギガンテスってどこに仕舞ってるんだろう……。

更に言えば、グラン達は生身でナイトメアフレームに挑んでいるという事にもなるのだが……。それは敵側にも同じ事が言えるので、何を今更かもしれない。

なお、グラブルにもコードギアスにも円卓の騎士が名前の由来になる人物及びナイトメアフレームが存在するので、ジークフリート対決やランスロット及びガウェイン同士の共闘等も出来てしまう。

今回のシナリオは、サンライズ完全監修であり、力を入れ過ぎる事に定評のあるグラブルのコラボイベントの中でも、より力を入れ過ぎていると評判。
・イベントトップの音楽がTV版予告時の音楽。イベントの次回予告でも流れた。
・各話ジングルにTV版放送時のタイトル構成を使用。
・TV版を見てる人なら知ってる小ネタを挿入。(ナナリーの折り鶴、スザク救出など)
・ゼロのキャラ音楽を今回の為に16bitで書き起こし

関連イラスト

ギアスコラボ
グラブル×コードギアス!


中の人ネタ

ブっ殺殺ぽんマン(ルルーシュ)
センシティブな作品


中の人つながりでニオちゃん



関連タグ

グランブルーファンタジー コードギアス(反逆のルルーシュ)
グラブルコラボ

スパロボ補正:今回のシナリオは、こちらにも近いような展開を生み出したと言えるだろうか。

サクラ大戦〜空駆ける乙女〜サクラ大戦とのコラボイベント。ロボットに乗ると言う仕様は、ここから始まったのかもしれない。

Shadowverse:グラブルでのサイドストーリー入りを果たした2020年にコラボを実施。こちらではリーダースキンという形だが。


事件の裏に存在する影(ネタバレ注意)

関連記事

親記事

グラブルコラボ ぐらぶるこらぼ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「蒼穹に散るゼロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65806

コメント