ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

PERSONA5_THIEVERY_IN_BLUE

ぺるそなふぁいぶしーぶりーいんぶるー

「PERSONA5 THIEVERY IN BLUE」とは、Cygames製作のソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』とアニメ『ペルソナ5』のコラボレーションイベントである。
目次 [非表示]

概要

2018年6月開催。

アニメ化もされたATLUS開発の大人気ジュブナイルRPGペルソナ5とのコラボイベント。


イベント限定キャラとして加入する「ジョーカー」の本名はアニメと同じ雨宮蓮となっており、開催時のアニメの進行状況に合わせて「祐介が仲間になった後、次のターゲットを探している時の出来事」となっている。

P5側のキャラクターは後述のメンバー以外は登場しない。


2023年1月に、過去に開催されたコラボイベントが復刻される「スペシャルコラボフィーバー」の一環として復刻開催。それに合わせて、ジョーカーの最終上限解放も実装される事に。


ストーリー

『心の怪盗団』として着々と活躍する雨宮蓮達は、次なる標的を探すためにメメントスへやって来る。すると彼等は突如謎の光に包まれ、気がつくと島々が浮かぶ不思議な世界にいた。

そのまま街を当てどなく歩いていた5人は、物資補給のためポート・ブリーズを訪れていたグランサイファーの面々に助け出され、元の世界に戻る方法を探すことになる。


登場キャラクター

ジョーカー(CV:福山潤)

モナ(CV:大谷育江)

スカル(CV:宮野真守)

パンサー(CV:水樹奈々)

フォックス(CV:杉田智和)

ジュスティーヌ&カロリーヌ(CV:豊崎愛生)


星晶獣ダンタリオン(CV:河本邦弘)


報酬

  • イベント加入キャラ「ジョーカー」

闇属性SSRキャラクター


奥義アビリティサポートアビリティ
総攻撃エイハ/スクンダ/トカチェフ/夢見針逆境の覚悟/1MORE

ストーリーを進めることで加入する。


十天衆のニオ以外では初の昏睡デバフを扱えるSSRキャラ。また、1MOREによって光属性の敵に対してエイハはリキャストの度に1度だけ再使用可能というかなり便利の性能がある。

第2アビリティ「スクンダ」は敵に同名デバフを与える物で、その効果は「特殊技を含め敵の攻撃の命中率を70%下げる」というもの。つまり運が良かったら破局だろうとガンマレイだろうと回避できてしまうことになる。恐ろしい。


奥義はペルソナシリーズおなじみの総攻撃

怪盗団のみんなで攻撃し、最後のキメポーズをとったメンバーに応じた以下の追加効果が発生する。

ジョーカーダブルアタック確率UP
スカル攻撃UP
パンサー攻撃DOWN
フォックス反射
モナ回復

最終上限解放により奥義性能強化(総攻撃後の追加効果強化、エイハの即使用可能など)、エイハの強化、トカチェフの強化、サポアビ強化と言った底上げがされた。


特にエイハは対光属性に関して言えば、奥義周回で場合によってはリキャスト6ターン(強化によって5ターン)がかなり短縮して連射をすることも可能になる。


残念ながらスクンダは強化されなかったが、アビアタッカーとして運用するには十分と言えるような底上げが施された最終上限解放と言ってもいいだろう。


  • SSR武器「万魔の銃」

闇属性の銃

ペルソナシリーズではおなじみ、ルシファーから作成する最強クラスの武器。

コラボ元のP5ではジョーカーが使用。

性能自体は特筆すべきものではないが、イベントやマルチバトルで入手できる闇属性の銃で攻刃付きではかなり珍しいので、1本は確保しておきたい。


コラボフィーバーで上限解放に5段階目が追加された。


闇属性

「猫は乗り物に化けるもの」という大衆の認知でモナが変身した姿。

加護効果はイベント標準程度だが、召喚効果は「HP最大1000回復+敵の防御ダウン」と汎用性が高い物。また、ジョーカーには「アビリティダメージ+30%」という隠し効果がある。


こちらもコラボフィーバーで上限解放5段階目追加。


関連タグ

グランブルーファンタジー グラブル ペルソナ5 P5

グランブルーファンタジーのイベント一覧


シャノワール(グラブル):今回のストーリーには関わっていないが、彼が仲間に加わっていると、一部セリフが変化する。


カトル(グラブル):ジョーカーとの中の人つながり。

グラブル×P5コラボ有難うございます漫画ブっ殺殺ぽんマン(ジョーカー)

関連記事

親記事

グラブルコラボ ぐらぶるこらぼ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 433240

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました