ピクシブ百科事典

モルガナ(ペルソナ)

もるがな

モルガナとはゲーム『ペルソナ5』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

MISSION ACCOMPLISHED

プロフィール

身長50cm(尻尾含む全身)
体重3.5kg
コードネームモナ/MONA
CV大谷育江
アルカナ・コープ魔術師
家族構成なし
特技ピッキング、機械修理
クセ前足を舐める
趣味テレビを観る(ニュース、刑事ドラマが好き)
食の好み何故か舌は肥えており、高級寿司や肉を好む。はじめはネコ缶やカリカリに文句を行っていたが、いまではすっかり気に入っている。
理想の恋人像健気で優しくて友達思いな所がある明るい子。ツインテールが似合っているとなお良し。
もしも宝くじで7億が当たったら?義賊らしく困っている人々に配る(ただし、あの子との寿司デート代だけは頂く)。
怪盗団の誰かに一言祐介へ「腹が減っているからって、ワガハイの煮干しを物欲しそうに見るのはやめてくれ!」


概要

怪盗団の先導役

主人公の仲間のひとりである、猫の姿をした謎の生き物。
但し本人曰くニンゲンであり、猫ではないと否定している(猫なら人間の言葉を喋るわけないだろうとの事)。
一人称はワガハイ
言葉使いや一人称は男言葉だが、明確な性別は不明。
(モルガナ、という名はヨーロッパ圏の女性名であり、有名なのは「Morgana」アーサー王物語に登場する女性「Morgan le Fay」が語源。多くの作品で、アーサー王の異父姉にして魔女として知られる。「大いなる女王」の意味を持つケルト神話の女神・モリガンと同一視される)
だが本猫?曰く「男に決まっているだろ」と言い張っており、女性である高巻杏に一目惚れしていることから精神的には男で間違いないと思われる。

人(?)物

主人公たちと出会う以前から怪盗稼業に従事している。
昔の記憶がなく、この猫っぽい姿も本来のモノではないらしい。本人(?)いわく「本当の姿はニンゲン」であり、この姿は異世界の歪みのせいで変化したと推測している。記憶と本来の姿を取り戻すため、メメントスやパレスを調査していた。

その中でパレスで主人公と出会い、戦力拡大も兼ねて「取り引き」をして主人公と同居する。
上記の通り、高巻杏に一目惚れしており、彼女のことを「アン殿」と呼び慕っている。

序盤では世界観に関わる重要なことをだいたい彼が教えてくれる。まさに「先導役」である。
また歴代マスコットたち同様、癒し系としての役割も持っている。

「怪盗」であることに強い誇りを持っており、常に紳士足らんとしている。
かしこまった言い方を多用するが、可愛い見た目や声とは裏腹に口はかなり悪い。
特に竜司に対してはズケズケと言いまくり、竜司も売り言葉に買い言葉で応戦するため喧嘩が絶えない。とはいえ険悪というわけでは無く、喧嘩友達の間柄。
猫扱いされる事を極度に嫌い「猫じゃねぇし!」「ワガハイはニンゲンだ!」と反論するのがお約束だが、自ら猫っぽく振舞う時はまんざらでもないらしい。喉を撫でるとゴロゴロ言う。

パレスに存在するオタカラに強く惹かれ、オタカラを目の前にするとメロメロ状態となりキャラが変わる。

容姿

クリティカル!


黒猫のような二頭身体系に黒いマスク(製作者曰くパーマン風マスク)、青い瞳に黒いウエストバッグと黄色のスカーフ身に着けている姿が特徴。耳の中と口周りと足先と尻尾の先は白く、何処となく手袋やシューズを身に着けてるようにも見える。
ちなみにマスコットキャラには"おもちゃカラー"(赤、青、黄)にするという配色に対するルールがあり、それに伴い配色された。

【P5】モルガナと主人公


現実世界では普通の猫の姿に変わり、主人公と常に共に行動している。その際スカーフは首輪となる。
この姿の時は主人公達(ペルソナ使い)はモルガナの声を聞く事ができるが、他の人間には猫の鳴き声しか聞こえない。双葉は「認知世界でモルガナが喋れると認知すれば、現実世界でも言葉が理解できる」と推測しているが、真偽のほどは不明。

戦闘スタイル

コードネームは「モナ」。
近接武器はカトラス、遠距離武器はパチンコ
ストーリー中盤まで戦闘のナビゲートも兼任していたが、双葉加入後は役割を譲っている。

モルガナカー


モルガナカー」という車にも変身できる。(主に巨大ダンジョン「メメントス」攻略の際に見ることになる)
モルガナ曰く「大衆の心には、何故か猫は乗り物に化けるものというのが浸透している」かららしい。
因みにナンバーは「築地343 も 2-22」。
なんと冷房も完備しているが、とある砂漠のフィールドで変身した際は生暖かい風しか出なかった。これらの姿も本人曰く本来の姿ではないらしい。

ペルソナ

威を示せ!ゾロ!!


ゾロ
レイピアを構え、山高帽のような仮面から鋭い目付きが覗く紳士然とした黒い身なりに、分厚い胸板と太い腕に反比例した細身の下半身を持つ逆三角体型が印象的なペルソナ。
マッチョなその姿は、モルガナにとって「理想の自分」である。
元ネタは恐らく怪傑ゾロ
回復系の術と風系の術「ガル」が得意。
なおレイピアを携えてはいるが、なぜか剣技の類は一切覚えない。

ペルソナ5 ダンシング・スターナイト


PlayStation VitaおよびPlayStation4専用のダンスゲーム。
双子の看守によって、ベルベット姉妹のダンスによる姉妹喧嘩に巻き込まれる。

短い手足をチョコチョコ動かす愛らしいダンスが特徴。
「怪盗たるもの踊れなくちゃな!」と、双子の要請を「依頼」として引き受けダンス対決にはノリノリ。

ペルソナQ2


ニンテンドー3DSで発売の、スピンオフゲーム第二弾に参戦。
モルガナカーの暴走で謎の映画館へと迷い込んだ怪盗団は、そこで自分たちとは違うペルソナ使いの集団「特別課外活動部」と「自称特別捜査隊」に出会う。

PVよりコロマルクマを交えたマスコットトリオでの特殊演出攻撃が確認されている。

余談

Twitter上で募集されたセガフェス公式ペルソナ5キャラクター人気投票では第5位を獲得。やはり本作のマスコット兼広告塔は強かった。
製作者曰くデザインコンセプトはまんま"泥棒猫"からイメージして作られたらしい。また前述にある性別不明な点は当初は女性的イメージで作成されており、その時の名残だと思われる。ちなみに車に変身できるが、最初は何にでも変身できたらしいが、それだと別々の行動ができてしまうなどの製作都合上の問題でなしになった。

関連イラスト

ジョーカー!
モルガナつめあわせ


P4 to P5
おすしのおしらせ



関連タグ

ペルソナ5  心の怪盗団
主人公(ペルソナ5) 坂本竜司 高巻杏 喜多川祐介 新島真 佐倉双葉 奥村春
明智吾郎

クマ:Twitterでの広報担当を引き継いでおり、マスコットキャラ繋がり。ついでに言うと序盤は記憶喪失なところも共通。
アイギス:作品の顔であるところ、記憶喪失なところがモナやクマと同じ。
岳羽ゆかり:前々作のガル使いであり主人公の最初の仲間。おバカな仲間への当たりが強くツンデレと、性格も少しだけ似ている。

ビィ:グラブルとのコラボ「PERSONA5_THIEVERY_IN_BLUE」で出会い、意気投合する。「チームのマスコット担当」、「小動物キャラ」、「記憶喪失」、「主人公の相棒」、
「モルガナは猫、ビィはトカゲと言われると怒って否定する」、そして「自分が何者かわからないことへの恐れ」を持つもの同士として、モルガナはビィの苦悩にも向き合っていく。
烈風のシンク:中の人&風属性繋がり
トニートニー・チョッパー:中の人&マスコットキャラ繋がり。自分のペルソナに体型が酷似した大男にも変身できる。またゾロという仲間がいる。奇しくも上記のクマは相棒の様な存在でもある。
ピカチュウ:上記と同じく中の人&マスコットキャラ繋がり。戦闘中とあるシャドウの技でネズミに変身すると…?………とか言ってたら主人公や怪盗団と共にホントに共演することになった
セーラーティンにゃんこ:上記と同じく中の人繋がり。その他にモチーフが同じ黒猫となっている。
シルバー・チャリオッツ:眼力のある面構えと剣で戦うバトルスタイルがゾロと共通している。但しアルカナ的に考えるとモルガナはマジシャンズレッドであり、こちらは竜司のアルカナ。

関連記事

親記事

心の怪盗団 こころのかいとうだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モルガナ(ペルソナ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 766322

コメント