ピクシブ百科事典

イセカイナビ

いせかいなび

「イセカイナビ」とは、「ペルソナ5」に登場するアプリケーションである。
目次[非表示]

───ヒットしました。ナビゲーションを開始します

概要

ペルソナ5」に登場する、主人公たちを認知世界へと案内する謎のアプリ
物語の序盤、東京に到着した主人公のスマホにいつの間にかインストールされ、何度消しても復活した。
どうやらベルベットルームの主であるイゴールが作った模様。
認知世界へと入り込み、ペルソナ使いとして覚醒、または素質ありと判断されると自動的にインストールされる。
双葉曰く「アプリに似ているが全く別のナニカ」。通常のアプリケーションとは全く異なる存在であり、このアプリの解析・ハッキングは不可能らしい。

心の怪盗団」はこのアプリを使用し、認知世界に干渉することで悪人を「改心」させ世直しを行っている。

使用方法

アプリに3つのキーワードを入力すると認知世界へのナビが始まる。
必要なワードは「人物の名前」「執着している場所」「そこを何と認識しているか」。
(例:「山田太郎」は「公園」を「秘密基地」だと認識している。)

キーワードは音声入力のため、何気ない会話で突然 認知世界に迷い込むことも。また、案内開始の際、アプリの有無・本人の意思に関わらず半径数メートルにいる人物を強制的に認知世界へと引きずり込む。

なお、「ナビ」と銘打ってるがイセカイナビが案内するのはあくまで「現実から認知世界まで」であるため、認知世界の地図などは全く表示されず探索は己の足で行わなくてはならない。
また現実世界と認知世界の「境界」は「認知世界に侵入した地点」であり、現実に戻る場合は侵入した地点まで戻る必要がある。

認知世界

文字通り、人々の「認知」によって成り立つ異世界。心の世界とも言う。
大衆がそれをどのように認識しているのかが重要視され、この世界ならば猫がバスになることも、玩具のが実弾と同じ威力を発揮することも可能。心の怪盗団はこれを利用し、現実世界で入手した玩具やレプリカを認知世界の武器として活用している。

この世界には認知によって生み出された存在「シャドウ」が多数棲息している。
シャドウには現実世界の人間の本音・本性を司る、人型で金色の瞳を持つシャドウと、それ以外のシャドウの2種類が存在する。
本音・本性を司る金眼のシャドウは特殊な存在で、歪んだ欲望を抱えこむことで後述のパレスを生み出すことができるほか、現実世界の当人の心とリンクしており、殺害してしまうとその人物は廃人と化してしまう。
それ以外のシャドウは本人とはリンクしておらず、倒してしまっても現実に影響はない。

怪盗団の衣装はこの世界でシャドウに「敵」と警戒された際に自動的に変化する。
また、ペルソナ使いにとって自身のペルソナそのものが本人のシャドウに当たるため、ペルソナ使いがペルソナ使いの認知を書き換えることは不可能である。

パレス

とてつもない歪んだ欲望を持つ人物が持つ、自分だけのテリトリー。
その人物が執着している場所を認識している形へと変貌させ、己が主として君臨する。主である金眼のシャドウは自分が認識している通りの格好をしている(王様、殿様、ファラオなど)。

パレスには現実世界の面影があり、現実世界にも存在する人間が出歩いていることもあるが、彼らはパレスの主がイメージする彼ら自身が具現化したものであり、本人ではない。これを「認知上の人物」と呼ぶ。「パレスの主が周囲の人間をどう認識してるか」が具現化・実体化しただけの虚構なので、認知上の人物を倒したり救ったりしても現実には何の影響も及ぼさない。シャドウと似た存在であるらしく、怪物に変貌して襲いかかってくることもある。
また、金眼でないシャドウ(通称野良シャドウ、雑魚シャドウ)がパレスの主のしもべとして多数徘徊している。「交渉」のコマンドで聞き出せるところによると、元々はペルソナに近い存在だったが、パレスに取り込まれてシャドウ化させられていたようだ。

パレスは主にとっての欲望の根源「オタカラ」を核としており、これを奪われると歪んだ欲望が消え去り現実世界にて「改心」する。普段のオタカラは実体化しておらず靄のように空中を漂っているが、現実世界で「狙われている」と認識させることで実体化する。またオタカラはいかにも財宝な見た目をしているが、これは認知上の姿であり現実世界における本来のカタチとは別物である(金メダルを王冠に、子供銀行の札束を延べ棒に……など)。

パレスでの出来事を現実世界の人間は感知できないが、多少の警戒心は感じる模様。逆に現実世界の出来事はパレスに多大な影響を及ぼし、現実でターゲットに警戒されるとパレスへの立ち入りそのものが不可能になる可能性も高い(現実で警戒心を解き、侵入しやすくする事も可能)。

なお、豹変している建造物はパレスとなっている場所だけだが、周囲の風景の再現度はパレスの主の観察眼・興味に依存している。パレスの主にとって見知った場所なら現実と遜色ない場合が多いが、パレス以外に全く興味がない人物なら辺り一面が不毛の砂漠になっていたりもする。

メメントス

大衆のパレス。集合無意識の世界。
地上は現実世界と大差ないが、地下は薄暗い不気味な地下鉄を模している。
一般人のシャドウはここに存在し、地下を彷徨う。
大衆の認知の名の通り、常に姿を変え変化し続けている。

パレスを形成するほどではなくとも、何かしら歪んだ欲望を持つ人物のシャドウは「オタカラの芽」を内包している。パレス同様、これを奪えば現実世界の人物は改心する。オタカラの芽は放っておけばいずれパレスを生むらしい。

現実世界において「心の怪盗団」の認知度が高まるたびに立ち入れる場所が広がる。

関連項目

ペルソナ5 異世界 心の怪盗団 アプリケーション ナビゲーション
影時間 マヨナカテレビ

pixivに投稿された作品 pixivで「イセカイナビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 413

コメント