ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「ようこそ、我がベルベットルームへ…」

概要

ペルソナシリーズの殆どに登場するキャラクターであり、バックボーンで重要な位置を占める存在。物語開始時においては大抵の場合「ごく普通の一般人」である主人公が力を身につけ、強敵に挑んでいくための手助けをしてくれる。作品によってはストーリーテラー的役割さえ担うこともある。


血走った目に長い鼻を持つひょろっとした姿の老人。その特徴的な鼻はアンソロジースピンオフの主人公どころか、従者にも単に『』と呼ばれてしまうほど、公式でネタにされている。


本来は意識無意識の狭間の主たるフィレモンにより生み出された被造物であり、主の命に従ってペルソナ使いをサポートしていたに過ぎなかったが(女神異聞録ペルソナペルソナ2)、長きに渡って数多のペルソナ使い達と関わり続けていく内に『自己』に目覚め、人間の心の可能性に興味を持ち、主の元を離れ自主的にベルベットルームの主として生きて行く事を望み今に至る(ペルソナ3以降)。


システム上でもペルソナ合体をはじめとする様々なパワーアップの手伝いをしてくれる不可欠の存在……だったのだが、とある理由により後の世代になるほど出番が減り、外伝作品では彼不在の状況の中で力を司る者たちがベルベットルームを代行することも増えた。

(尤も、外伝作品ではペルソナの作成法やベルベットルームの機能自体が作品ジャンルに合わせて変わってしまっており、「イゴールが居ない」という状況がそういったベルベットルームの変化の理由付けとして機能している部分もある)


各作品の主人公はベルベットルームに招かれた「客人」であるので、客人を迎えるに相応しい礼儀正しい態度で対応を取る。

ただし、ペルソナ5の主人公に関してのみは例外。「囚人」である彼を「更生」させるという名目で、少々厳しい口調で対応している。


人の魂のありよう、命の答えを知る事により自分の出すべき答えを探している。


担当声優

関連イラスト

異たる力の管理人あーーあーあーあーーー

ご冥福をお祈りします。ベルベットルームへようこそ


関連タグ

ペルソナ フィレモン

ベルベットルーム ナナシ ベラドンナ

力を司る者 エリザベス マーガレット テオドア カロリーヌ/ジュスティーヌ





































































!!!警告!!!これより先は「ペルソナ5」及び「P5R」の物語全体に関する重大なネタバレが書かれています。

















『5』のイゴールが過去作のイゴールと毛色が違うのは、このイゴールは「メメントスのオタカラたる聖杯」が化けた偽物であるため。

終盤、偽物が正体を明かした後に封印が解除されて目覚めたイゴールこそ本物のイゴール(CV:田の中勇、ライブラリ出演)である。

本編が始まる前に偽物はベルベットルームを襲撃し本物を封印し、ラヴェンツァ2つに引き裂いて記憶を封じて従属させていたのだった。封印される直前、本物のイゴールが「希望」を集めて創ったのがモルガナであり、彼は怪盗団をこの全ての元凶のもとへ導く使命を帯びていたのだった。


復活後

偽物が悪神としての正体を明かしベルベットルームを去ったことで、本物のイゴールが主としての権能を取り戻した。これ以降、主人公は『囚人』では無く、晴れてベルベットルームの『客人』として迎え入れられることになる。

また、『P5R』では、3学期でも主人公を手助けする。『イセカイナビ』も新たに作り直したようで、偽物のイゴールが作ったものは赤色に対して、白色になっている。


とは言ってもやはりライブラリ出演で間に合わせるのには限界があったようで、P5の関連作でイゴール本人が登場するのはP5とP5Rのみとなり、続編のP5Sをはじめとするスピンオフ作品ではむしろ異変に巻き込まれてイゴールが居なくなる(双子の看守、もしくはラヴェンツァだけが残され、主人公のサポートを一手に担う)のが日常茶飯事と化してしまった。


伏線

今作のイゴールが偽物である伏線は随所にあり、主なものは以下の通り。

  • 過去作のコミカルな老紳士の声質とは打って変わり、ハードボイルドな渋男の声質となっている(発売当時は逝去された田の中氏の後任が決まっていなかったため、声優交代のためだと思い込むファンも多くミスリードとして機能していた)

【怪盗日記】12月24日④ ベルベットルームの真実

  • 部屋の説明をする際「我がベルベットルーム」と言わず「私(わたくし)のベルベットルーム」と言う
  • 「愚者」のコープを担当する
  • ペルソナ合体を従者が行なっている(他の作品などでイゴールが不在の場合を除き、質が落ちるという理由で従者は行わない)
  • ベルベットルームにはじめて来た時にいつも渡していた『契約書の鍵』がない
  • 姿勢が異なる(過去作では、『机に両肘を立てて寄りかかり、両手を口元に持ってくる姿勢』なのに対し、今作では、『左手で頬杖をつき、右手の五本指で机を叩いている』復活後の本物のイゴールは過去作通りの姿で座っている。)

思い返せばおかしいところはあったのである。双子の看守のコープを進めると分かるが、カロリーヌとジュスティーヌはイゴールを主としつつも、本能的には心を許していない素振りを見せていた。

そうなれば同じくCVが異なる5関連作のP5Xのイゴールも、上述した伏線から考えると空似の別人である可能性が高い。


前述の通り、発売当時には田の中勇氏逝去に伴う声優交替の可能性は十分にあり(しかもP4のアニメ版の大ヒットにより、田の中勇氏が存命でないことも多くのファンが知っていた)、現在よりミスリードが巧妙になっていた。

ただし『5』の予約特典には「イゴールからの手紙」というものがあり、その文面は本物のイゴールが書いた丁寧な口調による文章となっている(宛名も「お客人へ」となっている)。この手紙も今思えば伏線であり、事前に読んでいたプレイヤーならばミスリードに騙されず本編の口調が違っていると違和感を持てたかもしれない。手紙には「物語の中で会える時を楽しみにお待ちしております」と書かれていたが、実際に会う事になったのは終盤になってからであった。


スマブラSPではACEランクのスピリッツとして登場。効果は「たまに切り札もう一回」。憑依ファイターはルフレだが、彼は他にも闇落ち司祭イカサマたまごなどの憑依ファイターでもある事を思うと納得かもしれない?

関連記事

親記事

ベルベットルーム べるべっとるーむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19895

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました