ピクシブ百科事典

統制神ヤルダバオト

とうせいしんやるだばおと

※ペルソナ5の重大なネタバレを含みます
目次[非表示]

※(注意)この記事は物語終盤のネタバレが書かれています








































概要

統制神ヤルダバオトとは、ゲーム ペルソナ5のラスボスであり黒幕
元ネタはグノーシス主義における創造神。
CV:津嘉山正種

本来は願いを叶えるとされていた聖杯が、大衆の「誰かに全てを任せて、自分は特に何もせず何も考えず生きていきたい」という怠惰な願いで歪み、統制の神となってしまったもの。
そのため人間に失望し、自らはを人間を管理するための存在になり、最終的に人の自我を奪い現実世界をメメントス化させる事を目論んでいた。そのため人間の可能性を信じているイゴールに対して、それぞれ「トリックスター」として選んだ者たちを使って戦わせ合いながら、大衆の本意を見極めるための「ゲーム」を持ちかけた。ヤルダバオトが選んだのが明智吾郎、そしてイゴールに選ばれる筈だったのが主人公だった。
しかしヤルダバオトは最初からゲームをただ見守るつもりはなく、ベルベットルームに侵略してイゴールを封印し、本来の住民であるラヴェンツァを引き裂いて記憶を封じてカロリーヌとジュスティーヌにした。

本編ではイゴールの姿に化け、主人公の手助けをしているが、それは主人公を持ち上げた挙句に最期に絶望に突き落とすため。終盤で民衆が心の怪盗団を否定しているのも彼の心理操作のためであり、最初から主人公を助ける気などなかった訳である。謎の蝶々(ラヴェンツァ)が語っていた「これは理不尽なゲーム」「勝機はほぼないに等しい」とは、主人公たちの本当の敵は怠惰した大衆全てと呼べる存在であり、本来なら主人公を導く中立立場のベルベットルームですら敵の手に堕ちていた事を示していた。
終盤でヤルダバオトに「取引」を持ちかけられるのだが、その取引に乗ったエンドの主人公の悪い顔は必見。

イゴールの口調及び声が前作までと違ったのは、主人公と会っていたのが最初からイゴール本人ではなかった為。イゴールが今回だけ愚者のコープがついている、いつもなら本人が行うペルソナ合体を従者が行なっている(他の作品ではイゴールより質が落ちるという理由で行なっていない)、ベルベットルームにはじめて来た時にいつも渡していた鍵がないなど、随所に伏線はあった。

ある意味女神転生シリーズにおけるロウルートの悪い面を突き詰めたラスボスと言えるだろう。

外見

第一形態は聖杯の姿。両隣には巨大な手のようなオブジェがある。
初戦時は黒ずんでいるが、大衆の欲望を赤いチューブのようなものから吸う度に体力が回復し金色に輝いていく。
2回戦目は最初から金色に輝いており、仲間を派遣しチューブを切る事によって回復手段を絶ち倒す事ができる。(ヨシツネの八艘飛びを使えばゴリ押しで倒す事もできる。)

第二形態は超巨大な金属でできた三枚の翼を持つ天使のような姿。
顔の部分には模様のようなものがあるだけで、設定資料集では「顔はミラー状になっていて、顔を覗き込んでも見ている人が映るだけで、ヤルダバオトの真意はわからないといったイメージにしたかった」とある。
戦闘時には腕を生やし、それぞれの腕は本、鐘、銃、剣を持っており、こちらを大罪になぞらえた状態異常にしてくる。


関連タグ

ペルソナ5 イゴール

コメント