ピクシブ百科事典

もう一人のトリックスター

せいしんぼうそうじけんのしんはんにん

ゲーム「ペルソナ5」に登場するある人物を指す
目次[非表示]

!!!警告!!!この記事は物語終盤のネタバレが書かれています。

>それでもいいですか?







































真相

もう一人のトリックスターとは、廃人化及び精神暴走させ殺害してきた一連の事件の実行犯
明智吾郎を指す。
探偵業は自分が起こした事件に関しての推理をしていたため、警察からも一目置かれていたというのが真相。
とはいえ、カジノの件といい元の学力も相当高いと思われる。

動機

数年前にペルソナ能力とパレスに行ける能力を得る。
実父である獅童正義に対してペルソナの特殊能力を売り込み、野望の邪魔になる存在を言われるまま消していたが、復讐を果たす為に従うフリをしており野望を達成した暁には自分が実子であることを明かし父を絶望に落とすつもりで動いていた。


順調にいった筈だった彼の目論見が歪んだのは始末したはずの主人公が生きており、選挙を目前に控えた獅童が「私が選挙に当選する前に(不都合な真実を知る)関係者達を全員始末しろ」と用意周到なはずの獅童からの唐突な連絡を受け様子がおかしいと判断した明智は怪盗団がシドウパレスに乗り込んでいると察して待ち伏せ、怪盗団が現れると自身が廃人化や精神暴走を招いた真犯人である証拠代わりにシャドウを暴走させ実演しつつも撃退した怪盗団に対しお見事と片言で称賛する一方、暴走したシャドウ程度で勝てるとは思っていないと本音を述べ「直接この手でぶちのめすに決まってるだろう!!」と自ら怪盗団に斬りかかる(この時主人公を中心に狙ってくることや上述の称賛から本当は怪盗団ではなく今度こそ主人公と決着をつけようとしていたとを追記者は留意したい)が、多勢に無勢で主人公の命だけを狙っても勝ち目がないと判断したのか
自分自身を暴走させ、真のペルソナ『ロキ』を発動し主人公達に襲い掛かるが返り討ちに遭う。その後自分は偽りの探偵であったことや、獅童が捕まれば少なからず自身の罪も暴かれ破滅の道を歩むことから決死の戦いに挑んだが負けてしまい父親の認知上の自分と対峙し、今まで父親に従い殺人をしてきた本当の動機は「父親から愛されたい、認められたい」という欲求からであることを指摘される。そして自分が父にとってただの使い捨ての殺人人形でしかなかったことを知る。最期は主人公へ父を改心させてほしいと伝え、父親の認知上の自分により銃殺されたと思われる(ナビから「反応が消えた」と発言している為)

同じ能力を持っていながら仲間に囲まれ、愛されている『特別』な主人公と、『望まれない子』として生まれた自分との落差に劣等感をもっており、「前歴持ちの屋根裏のゴミ」と罵ったり戦闘時には執拗に攻撃を仕掛けてくる。かと思えば「数年前に出会っていたかった」と発言していたり、モルガナから「主人公のことを気に入っていたんだろう?」と指摘され否定していなかったりと、主人公に対して複雑な感情をもっていたようだ。

上記の事から、父親は始めから明智が実子であることを知っていたのではないかとの意見もあるが真相は不明。その出自から「明智吾郎は偽名なのではないか?」との意見があるが現在のところ不明。ナビから「反応が消えた」と発言している為、あの場で死んだのか生きているのか現状分かっておらず、ネットでは救済生存ルートを望む声も多い。(反応が消えたといっても「(主人公達も使う脱出用の)カエレール的な物を使って生きているのでは?」という声もある)
看守の双子が合体し真の姿となった住人から名前が出てくるのだが明智が看守(または住人本人)と出会っていたのかは定かではなく発現させたペルソナは少なくともロビンフッドロキを扱えた為主人公同様「ワイルド」の資質を持っていた可能性も指摘されるがこの因果関係も不明である。明智の言う数年前に一体何があったのだろうか?

どうでもいい余談

知っているプレイヤーはいると思うが、美少女怪盗ことノワールも明智と同じく仮面を着用している。そのことで、初めて怪盗団の前に現れた際に、廃人化および精神暴走事件の犯人と怪盗団のメンバーに勘違いされた。しかし、ノワールの横にモルガナが現れたことによって疑いが晴れた。


関連タグ

ペルソナ5 明智吾郎 ロキ
パンケーキ(正体発覚の決め手になったキーワード) 
須藤竜也 (裏で悪事を行ってる政治家の父等の共通点)

pixivに投稿された作品 pixivで「もう一人のトリックスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1373

コメント