ピクシブ百科事典

ペルソナ能力

ぺるそなのうりょく

ペルソナ能力とは、ATLASから発売されているゲーム「ペルソナシリーズ」に登場する能力である。
目次[非表示]

…我は汝、汝は我…

概要

ペルソナシリーズ」に登場する特殊能力の総称。
作中におけるペルソナとは心の底に潜む「もう一人の自分」が実体化したもの。
曰く「困難に立ち向かうための人格の鎧」。
神話に登場する悪魔、その他伝説の生物たちの名前と性質を持つ。

ペルソナを発現させ、身に宿すことで魔法特殊能力を用いることができるようになる。
このようにペルソナを操ることができる者を「ペルソナ使い」と呼ぶ。
文字通り「もうひとりの自分」であるため、ペルソナが負ったダメージは自身に返り本体から離れての使用は基本的に不可能。

作品やキャラによっては自由に様々なペルソナを付け替えることができるが、初期ペルソナのように発現させた本人にしか使用できない固有のペルソナも存在する。
また、伊織順平黒須淳のように同じ神格(二人とも初期ペルソナが『ヘルメス』)をモチーフとした固有ペルソナを持つ例もあるが、それでも姿や能力は別々のものである。 神取鷹久城戸玲司ニャルラトホテプは同作品の同じペルソナでありながら姿や能力が異なる。

ペルソナ3以降の主人公は日常でもペルソナを身につけている設定になっており、コミュニティ(P5ではコープ)に属する相手と交流する際に、その相手のアルカナと同じペルソナを身につけていると仲が深まりやすくなる。
ただしこの設定はアニメなどのメディアミックスでは無視されることも多い。

ファンから初めて召喚したペルソナを初期ペルソナ、途中手に入れるペルソナを後期ペルソナと呼ばれている。メディアミックスでは基本最後の戦いまで初期ペルソナであることが多く、本編の後でも初期ペルソナであることも多い。

※以下、各作品のネタバレを含む記述があります

契約・召喚方法

シリーズ毎に契約・召喚の方法は大きく異なる。
なお作品内において「ペルソナッ!」と叫ぶ事が多いが、別に叫ぶ必要はない

女神異聞録、ペルソナ2

「ペルソナ様」という儀式を行い、夢の中に現れるフィレモンに名前を告げることで素質を得て、悪魔に襲われるなどの状況に陥って始めてペルソナ使いとなる。
感情が抑制できない者は暴走の危険があり、ペルソナがペルソナ使いの意思を離れ、独自に行動を開始する場合もある。(3以降のシャドウに似るが現実世界にも多大な影響を与える)
ペルソナ2では敵悪魔は常人には見えず、ペルソナ使いのみに接触し襲い掛かってくる。
なお敵のペルソナ使いは、フィレモンと敵対するニャルラトホテプによって力を与えられた、もしくはニャルラトホテプ自身の化身による自作自演である。

ペルソナ3

P3M


先天的な素質を持った者が「影時間」という特殊な時間帯に、銃型の「召喚器」を頭に当てて引き金を引く(つまり自殺のシミュレーションを行う)ことでペルソナ使いとなる。
召喚器は覚醒後もペルソナを召喚するために用いられるが、「確実に召喚するためにあった方がいい」程度であり無ければ召喚できないというわけではない。

ちなみに素質がない者でも、人体実験を受ければペルソナを覚醒させ、影時間にも適応できる。ただし彼らのペルソナは暴走しがちで大変危険である。また、稀に素質を持つ者でもペルソナが暴走する事がある
どちらの暴走も薬を使って抑制できるが、体温調節機能が無くなる等の身体的副作用を伴う。

またこの作品から戦闘に参加せず、サポートやバックアップをするペルソナが登場する。

ペルソナ4

なるかみくん


テレビの中の世界で、自身から抜け出たシャドウを受け入れることでペルソナ使いとなる。先天的な素質は必要ない。またシャドウを受け入れた際に対応するアルカナカードを手に入れる。
ある存在と接触してペルソナ能力を得る場合もあり、この場合シャドウとの対峙は起こらない。

契約後の召喚は、自身のアルカナカードを破壊することでペルソナを召喚。ワイルドの能力を持つ主人公のみ、召喚するペルソナよってカードの絵柄が変わる。

なお主要キャラがかけている眼鏡はテレビの中に立ち込める霧を見通すためのアイテムであるため、ペルソナ能力には一切関係ない(霧が晴れたP4U以降かけていないのはそのため)。

ペルソナ×探偵NAOTO

現実世界でペルソナを使うため、元からペルソナを持っていても新しく習得できる。また能力も本編と違い、特殊能力によった性質を持つ。

ペルソナ5

ペルソナ5アニメーション


異世界にいる状態で己の秘めた義憤・激情を爆発させ受け入れた時に現れる「仮面」を剥がすことでペルソナ使いとなる。『ペルソナ4』同様、先天的な素質は必要ない(強いて言えばあるアプリが必要)。
この時、立っていられなくなる程の強烈な頭痛を発症(同時に瞳が金色に変化)、ペルソナからの契約が持ちかけられ受諾と共に現れた仮面を皮膚もろとも引っぺがすことでペルソナ使いとして覚醒する。
契約後は仮面が自動で青く燃え上がりペルソナになる(つまり自分で剥がす必要がない。カッコつけるために威勢よく外して変化させるシーンはあるが)。

また覚醒時に身にまとう「怪盗服」はペルソナ使いそれぞれの「叛逆の意思」が反映されており、異世界において「敵」と判断されると勝手にこの衣装へと変更される。

ワイルド

無題


ペルソナ3』以降の主人公が持つ特殊能力。
ただし主人公だけが持っているわけではなく、ベルベットルームの住人である造魔姉弟たちが共通して持っているほか、ペルソナ3の後日談においてはアイギスもこの力に目覚めている。またペルソナ5においてはある人物がワイルドに似た力を行使している。

異聞録、2では属性相性こそあるものの全員が自由にペルソナを付け替え可能であり、複数のペルソナを持つ事で戦闘中に切替可能となっているため、ワイルド属性は存在していない。

カードゲームにおける『ワイルドカード』に例えたもので、本来ペルソナは一人につき“特定の属性を持つ一体”しか宿ることがなのだが、この法則を無視してあらゆるアルカナ属性のペルソナを多数保有できるというもの。
これにより、戦闘中にペルソナを切り替えて自分の戦闘スタイルをがらりと変えることが可能である(ペルソナチェンジと呼ばれる。アニメなどでも用いられた公式の名称)。他の味方キャラを的確にサポートすることも、自ら強力な力を持って敵を捩じ伏せることも可能。
またペルソナごとに耐性も変わるので、ワイルド能力者自身が特定の弱点を持つことは「普通なら」ない。 (意図的に同じ弱点を持つペルソナで統一した場合はこの限りではない。)
ただし、ワイルドの力にも制約が全くないわけではなく、絆の力をそのまま投影していることから絆の深さや状態に能力の強弱が左右され、場合によっては発現しないこともある。

ペルソナは基本的に雑魚シャドウとの戦闘において手に入れるか、そこで入手した弱めのペルソナをベルベットルームで合体させることによって入手できる(ゲームとアニメP5)。
アニメP4とアニメP3では演出の都合かペルソナの入手法が変わっており、アニメP4の鳴上悠はコミュニティを解放することにより対応したアルカナのペルソナを1つ得る。アニメ映画P3の結城理は大型シャドウを撃破するごとに対応するアルカナのペルソナを入手している(1つ以上得ることもある。また、この関係上「節制」から「太陽」までのアルカナに属するペルソナは入手していない)。

主人公を主人公たらしめる強力な能力として扱われがちだが、前述の通り裏ボスたるベルベットルームの住人たちもこの力が使える。ボスとしての破格のHP・攻撃力は維持しながら、である。
当然簡単には勝たせてもらえず、相手のワイルド戦法に合わせた十分な準備と練りに練った戦略、そして運を駆使しないと勝つことはできない。

『ペルソナQ』では、異聞録、『2』寄りになっており、主人公を含め初期ペルソナは外せないが、サブペルソナとして1体だけ召還できるようになっており、そのサブに応じて、HPやSPがアップしサブが持つ技などが使えるようになる。
味方でいれば非常に心強いが、敵に回すとこれほどまでに厄介な能力はないと言えよう。

ペルソナの進化

『異聞録』では特定のダンジョンで手に入る封神具を用いた合体で生成できるようになる。
『ペルソナ2』では選択肢により、もしくはストーリーの進行で解禁される。
『ペルソナ3』ではストーリーの進行で、『ペルソナ4』『ペルソナ5』ではコミュ・コープの進行で
仲間のペルソナが『転生』もしくは『超覚醒』によって進化する。

ペルソナ4 ザ・ゴールデン』に関しては、仲間のペルソナはもう一段階『転生』することも…?

それ以外の方法では悪魔と交渉しカードを貰い、ベルベットルームで合体や召喚することで新しいペルソナを手に入れる。2では使い続けることで変異するペルソナも。

ペルソナの外見

人の数だけ千差万別の外見をしている。
曰く、神のように慈愛に満ちた自分や悪魔のように残酷な自分と人は様々な仮面を付けているため、全然違う一面を持つペルソナを持っても一面としての可能性のため何もおかしくないらしい。
基本神話に沿った外見をしているものが多いが、中には本体の趣味が反映されてしまうケースもある。
専用ペルソナは本体と大体同じ大きさだが、3から本体より大きいものや小さいペルソナや中には非人型のペルソナも出てきている。

アルカナ

ペルソナはタロットカード大アルカナに準え、20~21のアルカナに属する。
女神異聞録では魔神なら皇帝天使なら審判のアルカナに属している。
2のみ変異ペルソナは小アルカナに属する。
上記の通り、「ペルソナ3」以降はワイルドの能力を持つ主人公以外はペルソナを固定されており、それぞれのキャラクターが対応する固有ペルソナしか使えない。また主人公もコミュ・コープを通して使用ペルソナを増やすため、対応アルカナを持つキャラクターとの交友が必要不可欠となる。
また3の設定のため3~5では、主人公以外の人間は「愚者(0)」から「刑死者(12)」のペルソナしか発現しない。元シャドウであるクマ、特殊なアイテムを身体に埋めこまれたミナヅキショウのペルソナはアルカナが星・月であり、上記の制約が働いていないことがわかる。
なお「宇宙/世界」のアルカナは、一定条件を満たした場合でないと解放されない。

シリーズにおける固有ペルソナ

女神異聞録ペルソナ

主要キャラの固有ペルソナの多くは神話の神々をモチーフにしており、姿はヒーローをイメージしたものが多い。

人物ペルソナ
主人公セイメンコンゴウ アメン・ラー ヴィシュヌ
園村麻希マソ ヴェルザンディ
南条圭アイゼンミョウオウ ヤマオカ
桐島英理子ニケー ミカエル
稲葉正男オグン スサノオ
上杉秀彦ネヴァン ティール
綾瀬優香フーリー フレイ
黛ゆきのヴェスタ ドゥルガー
城戸玲司ブレス モト
神取鷹久ニャルラトホテプ
武多不明
横内健太(トロ)飼っていた亀
広瀬久美ヒュプノス
松平美智子ネメシス
山本百合子タナトス
藤森知美ニュクス
???まい あき パンドラ

ペルソナ2

主要キャラの固有ペルソナの多くはギリシャ・ローマ神話をモチーフにしており、隠しモチーフとして神格と同名のブランドや商品、または海外アーティストのミュージッククリップ等での衣装が用いられている。

人物ペルソナ
主人公ヴォルカヌス ヴォルカヌス・改 アポロ 周防辰之進
リサ・シルバーマンエロス エロス・改 ヴィーナス
三科栄吉ラダマンティス ラダマンティス・改 ハーデス
天野舞耶マイア マイア・改 アルテミス 天野舞姫
黒須淳ヘルメス クロノス
芹沢うららカリスト アステリア ジョーカー(罰)第2形態
周防克哉ヘリオス ヒューペリオン
パオフゥオデュッセウス プロメテウス
南条圭アイゼンミョウオウ ヤマオカ
桐島英理子ニケー ガブリエル
反谷孝志(ハンニャ校長)ドリルハンニャ
杉本浩樹(ヘッド)リバース・ラダマンティス
井上康夫(生徒会長)シャックス
星あかり(転生戦士イシュキック)パリカー
佐々木銀次(プリンス・トーラス)リバース・エロス ジョーカー(罰)第4形態
須藤竜也(キング・レオ)リバース・ヴォルカヌス ジョーカー(罰)
吉栄杏奈(レイディ・スコルピオン)アエーシャマ
黒須純子(クイーン・アクエリアス)ジョーカー
ジョーカー(罪)ニャルラトホテプ第2形態
シャドウ・麻耶リバース・マイア リバース・アルテミス
シャドウ・ゆきのリバース・ドゥルガー
シャドウ・栄吉リバース・ハーデス
シャドウ・ギンコリバース・ヴィーナス
シャドウ・達哉リバース・アポロ
ヒトラーニャルラトホテプ第4形態(月に吠えるもの)
片山典子ジョーカー(罰)第3形態
神取鷹久ニャルラトホテプ第3形態(ゴッド神取)
シャドウ・うららリバース・アステリア
シャドウ・克哉リバース・ヒューペリオン
シャドウ・パオフゥリバース・プロメテウス

ペルソナ 罪と罰

人物ペルソナ
木場一実ヤマ
計都インドラ
成衣ビシャモンテン
鈴音ヴァルナ
清水里人アークエンジェル ???
羅睺ディアブル・ド・ラプラス
日下耶雲ナーガ ショクイン ギョクコウジョウテイ シュバルツ
宇治谷メルキセデク
華院バルバトス
侑力イシス
零亜ヴァルキリー
B・Bイアイアハスター


ペルソナ3

主要キャラの固有ペルソナの多くはギリシャ神話・ギリシャの偉人をモチーフにしている。

人物ペルソナ
男主人公/女主人公オルフェウス オルフェウス・改 タナトス メサイア
岳羽ゆかりイオ イシス
伊織順平ヘルメス トリスメギストス
真田明彦ポリデュークス カエサル
桐条美鶴ペンテシレイヤ アルテミシア
山岸風花ルキア ユノ
アイギスパラディオン アテナ オルフェウス
天田乾ネメシス カーラ・ネミ
荒垣真次郎カストール
コロマルケルベロス
タカヤヒュプノス
ジンモロス
チドリメーディア
メティスプシュケイ

ペルソナ~トリニティ・ソウル~

人物ペルソナ
神郷慎アベル
神郷諒カイン
神郷洵セト
茅野めぐみディアナ
榊葉拓朗スパルタクス
守本叶鳴(モーリー)モーリー:アシュトレト 叶鳴:アスタルテ
小松原彩音(アヤネ/テテュス)アヤネ:アディティ テテュス:ディーヴィ
紫倉統馬ネブザルアダン
紀本祐史ウトナピシュティム
瀬能壮太郎グウキョウ
橘花沙季ネブカドネツァル
玖珠若桜シンシュクホウ
玖珠椎葉コケイトク
有働泰市ヘルモード
九条稀也ゴウザンゼ


ペルソナ4

主要キャラの固有ペルソナの多くは日本神話・武将をモチーフにしている。

人物ペルソナ
主人公イザナギ 伊邪那岐大神
花村陽介ジライヤ スサノオ タケハヤスサノオ
里中千枝トモエ スズカゴンゲン ハラエドノオオカミ
天城雪子コノハナサクヤ アマテラス スメオオミカミ
クマキントキドウジ カムイ カムイモシリ
巽完二タケミカヅチ ロクテンマオウ タケジザイテン
久慈川りせヒミコ カンゼオン コウゼオン
白鐘直斗スクナヒコナ ヤマトタケル ヤマトスメラミコト
足立透マガツイザナギ

P4Uシリーズ

人物ペルソナ
ラビリスアリアドネ
皆月翔ツキヨミ
マリーカグヤ


ペルソナ×探偵NAOTO

人物ペルソナ
白鐘直斗アマツミカボシ
黒神創世ツクヨミ
蒼井瞳子クシナダヒメ


ペルソナ5

主要キャラの固有ペルソナの多くは義賊・簒奪者・トリックスターをモチーフにしている。

人物ペルソナ
主人公アルセーヌ サナタエル
坂本竜司キャプテン・キッド セイテンタイセイ
モルガナゾロ メリクリウス
高巻杏カルメン ヘカーテ
喜多川祐介ゴエモン カムスサノヲ
新島真ヨハンナ アナト
佐倉双葉ネクロノミコン プロメテウス
奥村春ミラディ アスタルテ
明智吾郎ロビンフッド ロキ

関連用語

ペルソナ様
女神異聞録ペルソナやペルソナ2の罪と罰で登場するおまじない。
劇中では未来の自分が見えるらしいが、上記の通り実際はフィレモンに会える手段の一つのようだ。
ジョーカー様・ジョーカー呪い
ペルソナ2の罪と罰で登場するおまじない。
罪では、自分の携帯から自分の携帯にかけると現れる怪人ジョーカーに、どんな願いでもかなえてもらえるという噂から急速に広まった。
しかし、罰では憎い相手を殺してもらえるものに変わったために、限定的な流行にとどまっている。
罪では願いの成就と引き換えに「仮面党」員に、幹部待遇の者は「リバース・ペルソナ使い」になることになる。
罰では手を出したものは、人間の穢れに憑りつかれた「ジョーカー使い」になってしまった。

関連項目

ペルソナ ATLUS 超能力 仲魔 ベルベットルーム
女神異聞録ペルソナ ペルソナ2 ペルソナ3 ペルソナ4 ペルソナ5
トリニティソウル P4U P4U2 ペルソナ×探偵NAOTO
金子一馬 副島成記

スタンド

pixivに投稿された作品 pixivで「ペルソナ能力」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7687

コメント