ピクシブ百科事典

岳羽ゆかり

たけばゆかり

岳羽ゆかりとは、「ペルソナ3」のキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

生年月日1992年10月19日
星座天秤座
血液型B型
ペルソナイオイシス
アルカナコミュニティ恋愛
身長159cm
CV豊口めぐみ
舞台版演者富田麻帆


概要

私立月光館学園高等部2年生で主人公のクラスメイト。弓道部にも所属。
ゲーム本編より以前からペルソナに覚醒しており、転校してきた主人公に寮や学校を案内する。
特別課外活動部への参加は亡くなった父親の死について調べるためでもあり、そのため美鶴桐条グループにやや不信感を抱いている。

順平からは「ゆかりッチ(ゆかりっち)」と呼ばれ、ファンからもこの愛称で親しまれている。

人物

茶色ショートヘアにハートのチョーカーが特徴的な少女。
制服はシャツの上からピンクカーディガンを着用し、スカートは超ミニスカートである。

美人なため男子人気が高く、明るい性格でクラスでは人気者。
性格は勝気で、中等部からの馴染みである順平に対しては特に辛辣な言葉をかける事が多い。
ハッキリとした物言いや豊かな感情起伏、お洒落に興味深々と、良くも悪くも「イマドキの女子高生」。
なにかとアクの強い課外活動部メンバーでは常識的なツッコミポジションでもある。
しかし、家庭の事情から男性に頼る事を良しとせず、「恋愛」アルカナであるにも関わらずコミュの難易度はかなりハード。逆にP3Pで女主人公を選択すると態度も男主人公に比べ柔らかく、コミュニティも早々に開始できる。

幽霊が大の苦手であり、その手の話をすると盛大に取り乱す。

料理の腕前は独特。某女教皇のような壊滅的メシマズではないのだが、自分用に作る場合は効率と栄養バランスのみ考慮し味は二の次。荒垣から合格をもらった事はあるので、きちんと作るぶんには問題ないようだ。

使用ペルソナ

ゆかりとイオさま
ゆかりッチとイシス


イオイシス
疾風に耐性を持つが電撃に弱い。
スキルは主に疾風属性・回復技(単体・全体)・蘇生技を覚えるヒーラー型。
魔力・SPが高い反面、防御が低い。

固有武器は。攻撃力は低めだが、外してもスリップの心配が無い。
ペルソナ召喚モーションは、両手で召喚器を持ち正面から額を撃ち抜くスタイル。

P4U2


その激情、子供マジ泣き! ドぎついピンクスナイパー、岳羽ゆかり!!

P4シリーズの格闘ゲーム『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』に参戦。
美鶴に負けず劣らずのとんでもない格好だが、これは撮影衣装。モデル業の延長で『不死鳥戦隊フェザーマン』シリーズ最新作のフェザーピンク役に抜擢。その撮影中に仲間の危機を知り、着替える間を惜しんで稲羽市へと駆けつけた。無論、自称特別捜査隊のメンバーからは会うたびツッコまれ、やっぱ着替えればよかったと激しく後悔しているが

弓矢による遠距離攻撃を得意としている。

ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト


PlayStation VitaおよびPlayStation4専用のダンスゲーム。
エリザベスによってベルベット姉妹のダンスによる姉妹喧嘩に巻き込まれる。

ペルソナQ


台風により文化祭が中止となった日の夜。タルタロスを訪れた特別課外活動部の一同は、何故かベルベットルームへと迷い込む。突如として急降下し始めたエレベーター。停止した先で待っていたのは、「やそがみこうこう」と呼ばれる異なる世界の文化祭だった。
同じく迷い込んだペルソナ使いの集団「自称特別捜査隊」と共に、一行は迷宮探索へと乗り出す。

文化祭の時点ではあと一歩を踏み込めない活動部と、既に固い信頼で結ばれた特捜隊を比べ「本当の仲間とは言えない」と後ろめたさを感じる。しかし、迷宮での出来事や、との交流から「本当の仲間」や「戦う理由」を模索していく。


続編「ペルソナQ2」にも参戦決定。
後年ゆかりが演じるフェザーマンシリーズの大ファンである佐倉双葉との絡みが注目される。

関連イラスト

ゆかりっチ
岳羽ゆかり


…できない
Summer


ありがと
ゆかり / Yukari (fixed)



関連タグ

ペルソナ3 ペルソナ3ポータブル P3M P4U2 P3D ペルソナQ ペルソナQ2 
特別課外活動部
キタロー/ハム子 伊織順平 桐条美鶴 真田明彦 荒垣真次郎 山岸風花
コロマル 天田乾 アイギス 幾月修司 メティス
主ゆか ゆかみつ ハムゆか

久慈川りせ高巻杏:P4・P5における「恋愛」アルカナのペルソナ使い。どちらも芸能活動をしており、ゆかりも本編後はモデル業を始める。
花村陽介モルガナ:P4・P5の疾風属性のペルソナ使い。ただし、アルカナはどちらも「魔術師」。

pixivに投稿された作品 pixivで「岳羽ゆかり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3472390

コメント