2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

燭陰

しょくいん

古代中国の地理書『山海経』に記載される神。太陽神あるいは火の神でもある。
目次[非表示]

概要

北海の鍾山(しょうざん)という名の山の麓に棲んでいるとされる

直線状に配置された目を持つ人間の頭部の様な顔をした体長が千里(古代から近代の中国では一里=400〜576mなので、それの一千倍)=400km〜576kmにも及ぶ赤い蛇の胴体を持つ姿をしているとされている。

その力は凄まじく、目を開くと辺りは明るくなり、目を閉じると辺りは暗くなる。
即ち昼と夜を生み出す存在だとされており、食べる事も寝る事も休むことも無く風雨は燭陰の元へと集まったとされている。

また、息を吸うと夏となり、息を吐くと冬になるとされ、文献によっては中国神話に登場する太陽神にして火の神である祝融や中国の地理書『山海経』の第17巻「大荒北経」に記される燭龍と同一視される事もあるという。

バトル図鑑

幻想ドラゴン大図鑑では、土属性ドラゴンとして紹介されている。
大きさが推定全長4000kmとあるがこれは日本独自のはかり方であり、中国の神である以上、誤った大きさともいえる。
そして、紹介以外にもドラゴンバトルというコーナーがあり、ヴリトラと対決しそのヴリトラを圧倒した。

関連項目

太陽神 燭龍 中国神話

関連記事

親記事

中国神話 ちゅうごくしんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1287

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました