ピクシブ百科事典

スクナヒコナ(ペルソナ)

すくなひこな

スクナヒコナとは、「ペルソナ4」に登場する白鐘直斗の初期ペルソナである。

来い、スクナヒコナ!

概要

ペルソナ4」「ペルソナ4ザ・ゴールデン」における白鐘直斗の初期ペルソナ。アルカナは「運命」。
由来は、日本神話において波間より来訪し、大国主の国造りに参加したスクナヒコナから。

少年のような見た目をし、手にはビームサーベルのような剣を持っている。
他キャラクターのペルソナが本体よりも一回りほど大きいサイズであるのに対し、スクナヒコナはゲーム作中や各メディアミックスでも小柄(直斗と同サイズまたはそれ以下)に描かれやすい。
しかし、その小柄なボディに相応しい驚異的なスピードは、花村陽介ジライヤすらも上回る。また、光・闇・万能属性スキルを得意とし、ハマ系・ムド系に耐性を持っており、弱点に当たる属性が一つもない
オールラウンダーではあるが、魔法スキルが軒並み高コストで燃費がかなり悪いという欠点を持つ。

コミュニティをMAXにするとヤマトタケルへと進化。P4Gでは更にヤマトスメラミコトへと超覚醒する。

関連項目

ペルソナ ペルソナ能力 ペルソナ4 ペルソナ4ザ・ゴールデン 白鐘直斗

コメント