ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

随分と待たせたものよ。


力が要るんだろう?ならば契約だ。


どうせ消しえぬ汚名なら、旗に掲げてひと暴れ…


お前の中の『もう一人のお前』が、そう望んでいる。


我は汝、汝は我


覚悟して背負え…

これよりは、反逆のドクロが貴様の旗だ!


CV:宮野真守

我は汝、汝は我編集

ゲーム『ペルソナ5』に登場する、坂本竜司の専用ペルソナ。対応アルカナは「戦車」。

1645~1705年に実在した大海賊・キャプテン・キッドの名を冠する。

人格は依り代とは異なり、クールな雰囲気を与える。


ドクロフェイスとカトラスでジョン・ラカム(キャプテン・キッドとは別人です)の海賊旗を体現したデザインが特徴的で、ペイントが施された帆船に乗っている。

しかし、怪盗団でカトラスを使うのはモナ、砲撃武器が使えるのはノワールという風に依り代の得意武器とペルソナのイメージは一致していない…。


竜司からはフルネームか「キッド」と省略されて呼ばれる。

なので召喚セリフは「奪え!キッドォ!」と「ぶっ放せよ!キャプテン・キッド!!」の2つ。

後者は初召喚時のものだが、「コトダマン」コラボなどで引用されている。


得意属性は電撃属性と物理属性。弱点は疾風属性。

大砲を使うモーションこそあれど、物理ステータスが特に伸びるのでメインで使用されるのは物理スキルの方。


元ネタ編集

彼の本名は「ウィリアム・キッド」だが、彼の別名である「キャプテン」で広く知られている。

元は商人だったが、イギリスにて海賊退治をふくむ私掠船の許可を得て、「アドベンチャー・ギャリ-号」という、36門の大砲を備えた高火力の船の船長になる。

だが私掠船としての収入が少なかったため、自国のイギリスの船以外は見境なく略奪行為を重ねるようになり、そのまま海賊となった実在の人物。


ぶっちゃけると功績に乏しい人物ではあるのだが、晩年の発言から様々な人々の冒険心を駆り立て、のちの海賊が登場するジャンルに多大な影響を与えた人物であるのは間違いない。

功名心にはやる竜司のペルソナに相応しいと言える。


ぶっ放せよ、キャプテン・キッド!編集

キャプテン・キッド召喚!センシティブな作品

センシティブな作品skull

これ関連タグな!編集

ペルソナ5 坂本竜司

キャプテン・キッド(ウィリアム・キッド)


タケミカヅチ前作のヤンキーキャラの専用ペルソナ。顔に髑髏があり電撃物理のスキルを得意としている点で共通する。更にどちらも能力の伸びも清々しいまでの物理特化でありペルソナQ2では合体攻撃を使用出来る(「これで既にやっていただろ」とは言ってはいけない)。


ポリデュークス…前々作の電気属性担当ペルソナ。こちらは脳筋ではないのだがやたらデバフを撒きたがる。


ちなみにこれで電気属性は3作連続でガンダムパイロット兼ウルティメイトフォースゼロの声優が担当する事となった。


ゾロモルガナの専用ペルソナ。属性耐性や得意な攻撃スキル、ペルソナの元ネタの人物の性格などが正反対になっている。


アルビルダ…外伝作に登場する新井素羽のペルソナ。モチーフは同じく海賊。


ネタバレ注意編集










スカル

超覚醒ペルソナはセイテンタイセイ。棘がついた如意棒を片手に觔斗雲に乗っている。

「真・疾風見切り」を習得できるので弱点の不安が少し解消される。


モデルは「孫悟空」の名で広く知られる中国の大精霊「斉天大聖」。天界と下界を股にかけて大暴れし、方々に大迷惑をかけた末に仏様に折檻され、改心して三蔵法師の旅に随行するようになった。

本家『真・女神転生』シリーズでも登場し、『ペルソナ5』以前に登場していた「セイテンタイセイ」はメガテン版のデザインである。


そして更に進化するとウィリアムとキャプテンキッドの本名となる。

関連記事

親記事

坂本竜司 さかもとりゅうじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17782

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました