ピクシブ百科事典

タナトス(ペルソナ)

たなとす

タナトスとは、ペルソナシリーズに登場する「死神」のペルソナである。
目次[非表示]

概要

ペルソナ3」における主人公のペルソナ。対応アルカナは「死神」。
死神コミュニティをMAXにすることで作成可能となる。
由来は、ギリシャ神話における死神であり、死の化身そのものと言われるタナトス

無数の棺桶で繋いだオブジェを背負い、飾り気のない一振りの刀を構える処刑人のような出で立ちをしており、顔には獣の頭蓋骨を模した無機質な仮面を付けている。
初期ペルソナのオルフェウスを差し置いてパッケージを飾るなど、本作の命題を象徴するペルソナとして扱われており、初登場時のインパクトやその外見も相まってファンからの人気は高い。

能力

作成条件は「死神コミュニティMAX」+「レベル64」+「死神のアルカナを持つペルソナで六神合体」。
主に闇属性光属性即死スキルが多い。素体となる「死神」ペルソナ全員がムド系を覚えてるため、良く考えずに引き継ぎさせるとスキルがムドまみれになったりする。各スキルの燃費も悪いのため、それほど使い勝手がいいとは言い難い側面もある。
それでも使いたいプレイヤーはスキルを吟味するように。

メディアミックスでの活躍

P4Uシリーズ

P4U


まさかのエリザベスのペルソナとして登場。必殺技はもちろんメギドラオンでございます

ペルソナQ
第2弾追加コンテンツで配信中。専用スキルは「冥府の扉」。

ペルソナQ2でも配信決定。専用スキルも同じく「冥府の扉」(Lv36で200円)。
こちらはペルソナQ2発売日の11月29日に同時配信。

PERSONA3 THE MOVIE
最終決戦で登場。ラスボスと大立ち回りを演じる。

ペルソナ5
シリーズ20周年記念DLCとして配信。色違いとして「タナトス・賊神(ピカロ)」も。
戦闘時やスキル習得時にはジョーカーが専用の台詞を言ってくれる。

関連イラスト

おじゃまします
死神


死を想う春
AEGIS


とばり
メギドラオンでございます



関連タグ

ペルソナ能力 ペルソナ3 ペルソナ3ポータブル ペルソナ 死神(タロット)
キタロー ハム子 エリザベス メサイア オルフェウス

歴代シリーズ主人公の後期ペルソナ
アメン・ラー/ヴィシュヌ アポロ 伊邪那岐大神 ???



ここからペルソナ3のネタバレあり







本編冒頭の大型シャドウ襲来時、初めて主人公がペルソナを覚醒させた際に力が暴走し、オルフェウスを食い破って中から出てきたのが初登場。しかしその後長らく登場することはなく、本編終盤になり主人公が死神(ファルロス)コミュをランクMAXにした際に合体できるようになるペルソナ。初期レベルは64。
何故そんな高レベルのペルソナが初召喚時点で(暴走とはいえ)使用することができたのかというのは、主人公の中に封印されているデスが人間体となって表にでてきたのがファルロスという少年であり、ファルロスの本来の姿はタナトスと酷似した外見。ファルロス曰く「僕の力の一部」。冒頭の大型シャドウ戦でタナトスが出てきたのは、その時点では主人公に大型シャドウを倒す実力が無いと判断したファルロスが力を貸したためらしい(ドラマCD『Full Moon』より)。
P3Mの最終決戦でもタナトスは大トリの一騎打ちというオイシイ役回りで登場するが、ニュクス・アバターが自身の「迷い」の具現化ではないかと零しているシーンがある。
主人公固有ペルソナのオルフェウスを差し置いてゲームのパッケージを主人公と共に飾ったり、存在自体が物語と深い関わりがあったりと、あらゆる意味でペルソナ3を象徴する存在である。

ちなみに、オルフェウスとタナトスを合体させて出来るペルソナがメサイアである。

関連記事

親記事

キタロー きたろー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タナトス(ペルソナ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35910

コメント